社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【事故】アレック・ボールドウィン、映画「ラスト」の撮影現場で小道具の銃を誤射して2人を撃ち、1人が死亡。/亡くなったのは撮影監督のハリナ・ハッチンスさん(42歳)

事件
スポンサーリンク

JUST IN: アレック・ボールドウィン、映画「ラスト」の撮影現場で小道具の銃を誤射して2人を撃ち、1人が死亡。

アレック・ボールドウィンさんが撮影中のインディ映画「RUST」の現場で、アレックさんが撃った小道具の銃でシネマトグラファー(撮影監督)の女性が死亡。監督も怪我をした模様。撮影監督とは照明や構図で「画」を演出し映画の「ルック」を決める、映画制作で欠かせない人です

撮影監督のハリナ・ハッチンスさん(42歳)はこの事故で死亡しました。

スポンサーリンク

アレック・ボールドウィンが映画「ラスト」の撮影中に小道具の銃で2人を撃ち、うち1人が死亡したと警察が発表。

アレック・ボールドウィンがニューメキシコ州の映画「ラスト」の撮影現場で小道具の銃が発射された事故で、撮影監督を致命的に撃ち、監督を負傷させたと当局が発表しました。

サンテフェのボナンザクリーク牧場にある撮影現場は、午後2時頃に起きた事故による二人の銃撃戦の後、ロックダウンされ、制作が中止されました。

“本日、ニューメキシコ州の「ラスト」の撮影現場で、空砲を使った小道具の誤射を伴う事故が発生しました” と制作会社の広報担当者がDeadlineに語っています。

サンタフェ郡保安官事務所によると、この事件で西部劇の撮影監督であるハリナ・ハッチンス(42歳)と監督のジョエル・ソウザ(48歳)が打たれたという。

スポンサーリンク


ハッチンスはアルバカーキのニューメキシコ大学病院に空輸されましたが、怪我のため死亡しました。ソウザは、サンタフェのクリスタス・セント・ビンセント・リージョナル・メディカル・センターで治療を受けているとのことです。

保安官事務所は声明の中で、「どのようにして、どのような種類の弾丸が発射されたかを刑事が調査している」と述べています。

サンタフェ・ニューメキシカン紙が報じたところによると、ボールドウィンは捜査官から質問を受け、涙を流しながら携帯電話に向かって話していたとのことです。

そのわずか数時間前には、この映画の主演と製作を担当しているボールドウィンが、シャツとコートを偽の血で汚したウェスタンの衣装を着て撮影現場にいる写真を投稿していた。

『Rust』の撮影現場での写真。

アレック・ボールドウィン

1958年4月3日生まれ。アメリカ合衆国の俳優、プロデューサー、司会者。
『レッド・オクトーバーを追え!』のジャック・ライアン役で注目されて以降、1990年代半ばまで主演級スターだったが、現在は脇役に回ることが多く、体重もかなり増えている。1993年、女優のキム・ベイシンガーと結婚。1995年には娘のアイルランド・ボールドウィン(英語版)が生まれたが、2002年に離婚している。2007年には娘の携帯電話に残した罵りのメッセージが流出して大きなニュースとなった。2012年にヨガ・インストラクターのヒラリー・”イラリア”・ヘイワード=トーマスと再婚した

スポンサーリンク

参考記事

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました