社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【動画あり】バイデン、大失言で非難轟々/バイデンはあざ笑うように言った「私には、私のCOVIDであなたを殺す自由がある」/「パウエル元国務長官はワクチンを接種していたが、それでも亡くなった。基礎疾患があったからだ。接種していなかったらもっと早く死んでいた」

事件
スポンサーリンク

バイデン「私には、私のCOVIDであなたを殺す自由がある」

バイデンは、人々がワクチンの義務化を政治的な問題にすることに関心があると言います。

“Freedom!(自由だ)”とバイデンはあざ笑うように言った。「私には、私のCOVIDであなたを殺す自由があります。いや、つまり、フリーダム?!”

スポンサーリンク

バイデン、アメリカ人を嘲笑する

バイデン大統領は、木曜日の夜に行われたCNNのタウンホールで、身体的自律性の権利や個人的なヘルスケアの選択の自由を主張するアメリカ人を嘲笑した。

バイデン「私が懸念しているのは2つあります。1つは、これを政治的な問題にしようとする人たちです。自由。私には、私のコビットであなたを殺す自由がある。いや、そうじゃない。自由」です。

「2つ目は、世の中に出回っている重大な誤報のことだ」とバイデンは続けた。「例えば、私の友人であるコリン・パウエルが亡くなったことが話題になっています。コリン・パウエルはワクチンを接種していましたが、それでも亡くなりました。

彼は自分が深刻な基礎疾患を抱えていることを知っていましたし、ワクチンを接種していなかったら、明らかにもっと早く亡くなっていただろう。しかし、私が言いたいのは、あまりにも多くの誤った情報があるということです」。

スポンサーリンク

バイデンは、この国でコヴィドの誤報を広めている主な人物の一人です。

バイデンは、コリン・パウエルが予防接種を受けていなかったら『もっと早く逝っていた』かどうかを知る由もない。問題なのは、コリン・パウエルの死が「コービットの合併症による死」とされたことである。コビット関連死」が高齢者だけでなく(コビット関連死の98%は40歳以上)、”深刻な基礎疾患 “によるものがどれだけ多いかという問題がある。

バイデン大統領は、コヴィドのワクチン接種は、現在米国で主流のコヴィド株であるデルタ株の拡散を阻止するものではないという米国疾病管理予防センターの声明を無視しているCDC所長は1ヶ月以上前に、コビットワクチンがウイルスの拡散を防げないことを認めている。

バイデン氏は、パンデミックの間中、第一線で活躍してきた救急隊員などは、ワクチンを接種しなければ解雇されるとまで主張している。

For Some Reason, Biden Froze Over and Over Like a Robot That Was Malfunctioning at CNN's Town Hall
"Someone pull the plug on the Biden administration. The entire thing has gone haywire."
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】気持ち悪いので決して見ないでください。バイデン再び「ささやき」で国民ドン引き。これが支持率36%の実力だ!
バイデン再びささやく「don't pay a cent」 1セントも払わない 例えば、アメリカには400億ドル以上の利益を上げながら、1セントも払っていない企業が55社あります。 せめて公平な負担をしてくだ...続きを読む
動画あり【バイデン生放送でまたやらかす】「それから、えーと、えーと、あー、あー、私はここで何をやっているんだ」/CNNの生放送中での出来事/ネット「これが8,100万票を集めた実力だ」「物忘れはあり得るが、それが毎日起こっていることが問題だ」
バイデン「私はここで何をしているのだろう」 テレビの生放送で現在のサプライチェーンの危機について話すとき、バイデンは完全に迷っているようだ。 「私はここで何をしているのだろう?」と。 アンダーソン・クーパーは彼にロングビーチ港...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました