社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデン失政【トランプ氏声明】ガソリン価格急騰は異常だ。トランプ政権ならこうはならなかった/トランプ政権のシェールガス大規模増産で、最高レベルのエネルギー確保を達成したが、バイデンは石油PL停止、脱炭素に舵を切り石油が値上がりした。今後も続く(forbes)

事件
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」

「カリフォルニア州の各地域では、ガソリン価格が7.59ドルを記録し、さらに上昇している。国中でガソリンが高騰している。もしトランプ政権があれば、今頃は1ガロン2ドル以下になっていただろう」

スポンサーリンク

ガソリン価格が高く、さらに高くなる理由はこれだ

10月28日

なぜガソリン価格はこんなに高いのか?これは、今朝のウェブ検索で読者が私のページにたどり着いた質問で、「カリフォルニアのガソリン価格はなぜこんなに高いのか?カリフォルニア州は基本的に全米の炭鉱のカナリアの役割を果たしているので、2番目の質問も1番目の質問と同様に重要です。

まず、一般的にポンプの価格が高いのはなぜでしょうか?これにはいくつかの要因がありますが、いずれも昨年11月以降に影響を受けています。

ここ数ヶ月、世界的にCOVID規制が緩和されたことにより、世界の原油需要が専門家の予想を超えて急速に回復し、世界の原油市場が逼迫していること。

市場では、バイデン/ハリス政権は米国の石油生産を抑制する方向に働き、世界市場を引き締める効果があると明確に見られており、トレーダーはこれに反応して原油価格を上昇させた。

最後に、アメリカはエネルギー自立国か?アメリカは今も昔も、エネルギー独立国ではありません。

スポンサーリンク

ほとんどの大統領政権が追求してきた目標は、他国からの原油輸入への依存度を下げることで、自国の「エネルギー安全保障」を強化すること

しかし、バイデン大統領や民主党議員が進めている政策は、実行されるとアメリカのエネルギー安全保障の状態を弱め、アメリカの石油生産を阻害する役割を果たすことは避けられません。これは、エネルギー転換を加速させるための意識的な選択である。

米国は、各地のシェール層からの大規模な増産により、トランプ政権の最初の3年間で、半世紀ぶりに最高レベルのエネルギー安全保障を達成したと言っても過言ではありませんでした。しかし、昨年のCOVID-19の大流行とそれに伴う国内石油生産量の激減は、このダイナミズムに大きなダメージを与え、現政権が打ち出した新たな政策は、潜在的な回復力を低下させることになる。

初日にバイデン大統領が出したキーストーンXLパイプラインの建設許可取り消し、連邦政府の土地・水域における石油・ガスのリースプログラムの停止という行政命令は、まさにその第一歩と言えるでしょう。

「炭素の社会的費用」の見積もりを700%以上引き上げるという彼の命令は、米国での石油生産コストを引き上げる規制措置につながることは必至であり、また、バイデンEPAが炭素を「基準汚染物質」として規制することを裁判所に認めさせようとする動きも出てきます。

これらの結果は完全に予測可能であり、実際にバイデン/ハリス計画の特徴でもある。バイデン/ハリス計画は、化石燃料やその他の伝統的なエネルギーのコストを上げることで、電気自動車や再生可能エネルギーの競争力を高めることを目的としている。これは価値判断ではなく、ただの現実である。

さまざまな理由から、ガソリン価格は確かに高く、今後も上昇することが予想されます。

Here’s Why Gasoline Prices Are High And Going Higher
Gasoline prices are indeed high and destined to go higher, for a variety of reasons. Everyone would be well-advised to plan accordingly.

 

タイトルとURLをコピーしました