社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ポンペオ前国務長官、バイデンを猛批判/「政府は、いかなる理由であれ、個人にワクチン接種を強制すべきではない。また、いかなる場合でも、政府は信教の自由を侵害してはならない」

政治
スポンサーリンク

ポンペオ前国務長官

政府は、いかなる理由であれ、個人にワクチン接種を強制すべきではない。

また、いかなる場合でも、政府は信教の自由を侵害してはならない。

スポンサーリンク

バイデン政権は、ワシントン D.C連邦裁判所判決の前に、ワクチン免除を求める従業員の解雇を停止しないと発表

原告側の弁護士は、バイデン政権は「法の支配に対して前例のない、軽率な態度」を示していると述べています。

10月28日

ワシントンD.C.の連邦地裁判事は木曜日、COVID-19ワクチンの宗教上の免除をめぐって連邦地裁を訴えた文官と現役軍人の原告が判決を待つ間、解雇されないことに同意するようバイデン政権に求める命令を出した。

フォックス・ニュースが入手したコリーン・コラー=コテリー連邦地裁判事の議事録には、「民間従業員の原告は、宗教的例外の要求が保留されている間は、いかなる懲戒処分も受けない」とある。

金曜日の正午までに回答しなければならなかったバイデン政権は一時的差し止め命令(TRO)申し立てに対する裁判所の判決が出るまで、ワクチンの宗教上の免除を求めている過程にある従業員の懲戒解雇を停止することには同意しないと申請書で述べている。

スポンサーリンク


判事はまた、“宗教上の例外要求が却下された現役軍人の原告は、控訴期間中に懲戒処分を受けたり、分離されたりしない “ことに同意するよう政権に求めた。

さらに判事は、バイデン政権の被告に対し、裁判所の判決が出るまでの間、原告が懲戒処分や解雇されないことに同意するか、さもなければ再度の報告会を開催するかを示す補足的な通知を金曜日の正午までに提出するよう命じた。

日曜日に提出された民事訴訟によると、20人の原告が、9月9日に大統領が連邦職員にワクチンを義務付ける行政命令を出したことをめぐり、バイデン大統領とその政権のメンバーを公的な立場で訴えた。

Biden admin says it will not halt firing employees seeking vax exemptions before a DC court ruling
A Washington, D.C., district judge issued a minute order Thursday in a case regarding religious exemptions for COVID-19 vaccines.
スポンサーリンク

参考記事

【地に堕ちた左派の英雄】クオモ元ニューヨーク州知事は、来週逮捕される見込み/性的欲求を満たすため、補佐官の体を無理矢理に触った罪で起訴され、来週逮捕される見込み
元ニューヨーク州知事クオモは、補佐官に強制的に触れた罪で起訴され、来週逮捕される見込み アンドリュー・クオモ前NY州知事、強制的に触った容疑で告訴される-来週にも逮捕される見込み 2021年10月28日午 ...続きを読む
【動画あり】カマラハリス、民主党劣勢のバージニア州知事選挙の応援で、まったく受けずドンズベリし、一人ではしゃぐ/候補者のマコーリフも後ろで「どっちらけ」
今夜、バージニア州で行われたマコーリフ氏の集会で、カマラ氏は観客を煽ることに失敗した ひたすら、トゥモーローを繰り返すカマラ・ハリス 今日はいい日になりそうだけど、重要なのは知り合い全員に明日投票するように言うこ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました