社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「維新の大きな風感じた」落選の立民副代表・辻元氏(産経)/選挙区で大敗、比例でも復活できず落選/党副代表のポストについては、枝野幸男代表と相談するとしつつ、「責任をとって辞任するのが筋」

政治
スポンサーリンク

「維新の大きな風感じた」 落選の立民副代表・辻元氏

2021/11/1

31日に投開票された衆院選の大阪10区では、立民前職で党副代表の辻元清美氏(61)が選挙区で敗退、比例近畿ブロックでも復活できず、落選が確実になった。大阪府高槻市の選挙事務所で1日未明、報道陣の前に姿を見せた辻元氏は「多くの皆さまにご支持いただいたにもかかわらず、当選することができなかったこと、心からおわび申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。

敗因について、辻本氏は自身の「力不足」を繰り返したうえで、「(選挙戦の)途中から維新の大きな風を感じた」振り返り、「国政選挙は自公政権への審判が通常だが、大阪の場合は維新の大きな柱があり、非常にやりにくい選挙だった」と打ち明けた。比例復活を果たせなかったことについても、「維新の大きな力」を要因の一つに挙げた。

また、不発に終わった野党共闘への評価については「これから検証していくことになると思う」とし、公示前勢力を下回る敗北を喫した結果に、「一からというか、ゼロから立て直していくことになる」との見方を示した。

自身の党副代表のポストについては、枝野幸男代表と相談するとしつつ、「責任をとって辞任するのが筋だと思っている」と辞任の意思があることを表明。今後の党内での活動については「これから考えます」と話すにとどめた。

「維新の大きな風感じた」 落選の立民副代表・辻元氏 
31日に投開票された衆院選の大阪10区では立民前職で党副代表の辻元清美氏(61)が選挙区で敗退、比例近畿ブロックでも復活できず、落選となった。
スポンサーリンク

立憲民主、辻元候補の落選ニュース(日テレ)

【敗北確実】立憲・辻元清美候補 敗北確実 大阪10区
スポンサーリンク

結果を受けた辻元氏のツイート

支援者の皆様にお詫び申し上げます。

スポンサーリンク

参考記事

岸田首相、甘利幹事長を交代させる方向で検討…現職幹事長の小選挙区敗北は初/ネットは「高市幹事長」の声多数。「高市幹事長ならさらに勝てる。来年は参議院選挙です」「自民党単独政権誕生に向けて、高市氏が幹事長を引き継ぐしかない」
岸田首相、甘利幹事長を交代させる方向で検討 岸田首相、甘利幹事長を交代させる方向で検討…現職幹事長の小選挙区敗北は初 11/1(月) 自民党の甘利幹事長(神奈川13区)が小選挙区で敗れた。比例復活当選したも...続きを読む
衆院選 自民単独で安定多数 立民「共闘」不発/自民党絶対安定多数の264(15減)、立民は96(13減)/ネット「閣外協力にNOを突きつけられた」「政策が違うのに票だけ取りに行ったことが国民にバレた」
衆院選 自民単独で安定多数 衆院選 自民単独で安定多数 立民「共闘」不発 2021/11/1 第49回衆院選は31日、投開票が行われ、自民党は公示前から議席を減らすが、過半数(233議席)を超え、安定多数(...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました