社会の話題と反応を発信していくネットメディア

Yahooが中国でのサービスを停止/ヤフーは中国の 「ますます厳しくなるビジネスと法的環境」を理由に、中国でのサービスへのアクセスを停止すると発表

事件
スポンサーリンク

Yahooが中国でのサービスを停止

ヤフーは中国の 「ますます厳しくなるビジネスと法的環境」を理由に、中国でのサービスへのアクセスを停止すると発表

スポンサーリンク

ヤフーは、中国でのサービスへのアクセスを停止し、米国のハイテク企業の中で最も早く中国から撤退した企業となった。

ヤフーの広報担当者は声明の中で、「ビジネスや法的環境がますます厳しくなっていることを認識し、プラグを抜いた」と述べています。

「ヤフーは引き続き、ユーザーの権利と自由で開かれたインターネットのために尽力します。ユーザーの皆様のご支援に感謝いたします」と述べている。

中国では2013年以降、メールやニュースなど、ヤフーの多くの機能へのアクセスができなくなっている。2015年には、ヤフーは北京オフィスを閉鎖し、約300人の雇用を削減した。

ヤフーは、マイクロソフト(MSFT)のソーシャルネットワーク「LinkedIn(リンクトイン)」に加わります。リンクトインは先月、”中国での運営環境が著しく厳しく、コンプライアンス要件が高まっている “ことを理由に、中国から撤退することを発表した。

中国での事業展開は以前から民間企業にとって多くの課題を抱えていましたが、中国の習近平国家主席はここ数カ月、ハイテク、教育、ゲーム、エンターテインメント業界に対する徹底的な規制の取り締まりを指揮し、中国の大手企業の市場価値を大幅に奪った。

スポンサーリンク


中国の最新5ヵ年計画では、独占的な行為を取り締まり、技術革新を規制するルールを強化することが約束されている。また、当局は「法執行機関」に対して、金融サービス、教育、家庭教師など、「人々の重要な利益」に関わる分野での行動を呼びかけている。

ヤフーはかつて世界最大のハイテク企業のひとつだったが、過去10年間でその影響力は急激に低下した。何人ものCEOが会社の立て直しを試みたが、結局、かつてヤフーが支配していた検索市場や広告市場のシェアを取り戻すことはできなかった。

同社はかつて、中国の電子商取引大手アリババに初期から投資していました。数年後、ヤフーはアリババの巨大な株式の約半分を71億ドルで売却し、30億ドルを株主に還元した。

Yahoo pulls out of China for good
Yahoo has shut down access to its services in China, becoming the latest American tech company to exit the country.
スポンサーリンク

Yahoo(wikipedia)

インターネット関連サービスを展開するアメリカのIT企業。カリフォルニア州サニーベールに本社を置く。YahooブランドのWebサービスに加え、TechCrunch、AOL、Engadget、RYOTなどのメディアブランドも運営している。2021年から50億ドルで買収したアポロ・グローバル・マネジメントが所有している。

同社は、1990年代の初期インターネット時代の先駆者の1つであり、2000年には、最も人気のあるウェブサイトだった。しかし、Googleにシェアを奪われたため、利用者は徐々に減少、2017年にベライゾングループに買収された。

日本では、ヤフー株式会社がYahoo!(後にベライゾンがアルタバに売却)とソフトバンクの合弁会社として1996年に設立した。2018年にソフトバンクがアルタバの所有する全株式を買収し、資本関係は無くなった。

Yahoo! - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

動画あり【45thトランプ大統領】「バイデンでさえ、地球温暖化のデマに耐えられなかったようだ。バイデンは地球温暖化が最優先事項だと言ってヨーロッパに行ったのに、すぐに寝ちまったぜ」/バイデン、英国でのCOP26の講演中に眠りこける
リズ・ハリントン氏「トランプ大統領声明」 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 SAVE AMERICA ドナルド・J・トランプ大統領 – 2021年11月2日 「バイデンでさ...続きを読む
もりした千里氏、屈せず!今日もブルーリボンを胸にマイクを握る/「今後取り掛かりたい政策について辻立ちさせていただきました」/ネットには激励と賛辞の声殺到
もりした千里氏のツイート 比例復活もならなかったが、地盤もない中、安住氏を追い詰め善戦 各得票数は61,000票を越えた ネットの声 その心意気やよし!あの高市さんだって落選した事も有る。 ブル...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

画像:wikipedia

タイトルとURLをコピーしました