社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデンから通貨監督官に指名された人物は、「米国の石油、石炭、ガス産業が破産することを望む」と述べて非難轟々を浴びる/「バイデンはこのような人物を政府の仕事に推薦している」「民主党は雇用創出者を破産させるのが大好きだ」

事件
スポンサーリンク

バイデンから米通貨監督庁官に指名されたソーレ・オマロバは、米国の石油、石炭、ガス産業の破産を望む

マルクス主義について書いたことのあるバイデンから米通貨監督庁(OCC)に指名されたソーレ・オマロバは、米国の石油、石炭、ガス産業が破産することを望んでいる。

ソーレ・オマロバ「問題のある産業や用語は、移行期にあるもので、ここで私が考えているのは第一次産業です。産業、石油・ガス産業と呼んでいます。

この業界では、多くの中小企業がすぐに倒産してしまうでしょう。

少なくとも、私たちが気候変動に取り組むためには、彼らには倒産してもらいたいのです」

スポンサーリンク


スポンサーリンク

ローレン・ボーバート議員

バイデンはこのような人物を政府の仕事に推薦している。

民主党は雇用創出者を破産させるのが大好きだ。

バイデンが指名したソーレ・オマロバは、石油・ガス・石炭産業についてこう述べている。

「気候変動に取り組むためには、彼らに破産してもらいたい」

スポンサーリンク

ソーレ・オマロバ

1966年生まれ。カザフスタン系アメリカ人の弁護士、学者、公共政策アドバイザーであり、ジョー・バイデン大統領から通貨監督官に指名された人物である。

Saule Omarova - Wikipedia

参考記事

動画あり【トランプは正しかった9】昨年8月に起きた事件、2人を銃で死亡させた17歳のリッテンハウス被告の裁判で「被害者が最初に銃を抜いた」と供述し正当防衛の可能性/当時バイデンはリッテンハウスは白人至上主義者だと主張し、トランプ大統領は正当防衛だと擁護していた
リッテンハウスの「被害者」が最初に銃を抜いたことを認めたため、検察は崩壊したように見える 8 Nov 2021 ウィスコンシン州ケノーシャのカイル・リッテンハウスの殺人裁判で、検察側の重要証人であるガイジ・グロスクロイツが、逃げるテ...続きを読む
【動画あり】木下都議の初登庁に議会は大混乱 議員らの“まず辞職しろ”の声を無視して控え室に“籠城”/投票した有権者と公認した都ファと顧問が引導を渡すべき」「この間も都民の税金は垂れ流し続けられている」
木下都議の初登庁に議会は大混乱 議員らの“まず辞職しろ”の声を無視して控え室に“籠城” 11月9日、4カ月ぶりに都庁に姿を現した木下富美子都議(55)は、公の場で初めて一連の騒動について謝罪した。だが、それで禊が済んだと思ったのか、早速、...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました