社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【バイデン、トランプ政権の判断を継承】ウイグルジェノサイド、バイデン政権が間もなく北京五輪の「外交ボイコット」を発表。米国に追随するかは同盟国に任せる/人権侵害を理由に外交使節団を派遣しない「外交的ボイコット」を近く表明見通し/選手団は通常通り派遣(WaPo)

中国
スポンサーリンク

バイデン政権が間もなく中国の北京オリンピックの「外交ボイコット」を発表(WaPo)

スポンサーリンク

バイデン政権、早くも北京五輪の外交ボイコットを表明

11月17日 10:30 a.m. (EST)

計画に詳しい複数の関係者によると、早晩、ホワイトハウスはバイデン大統領も他の米国政府関係者も北京大会に出席しないことを発表する見込みだ。

この外交的ボイコットは、米国の選手に影響を与えることなく、中国政府の人権侵害に対応する方法として意図されている、と関係者は語っている。

政権は厳密にはこの決定を確定していないが、正式な勧告が大統領になされており、大統領は今月末までに承認する見込みであることを政権筋が確認した。

このプロセスのタイミングは、緊張が高まる時代に複雑な米中関係を管理する能力を両首脳が示すために行われた月曜夜のバイデン・習近平電話会議とは関係ない。

スポンサーリンク


今週のさまざまな報道によると、習近平はバイデンにオリンピック問題を持ちかけ、おそらく個人的に参加するよう誘うつもりだったという。しかし、当初の報道によれば、3時間半の会談ではこの問題はまったく出てこなかった。

「バイデン大統領は、新疆ウイグル自治区、チベット、香港における(中華人民共和国の)慣行や、より広範な人権について懸念を示した」と、ホワイトハウスが発表したバイデン・サイ会談の資料には記されている。

関係者によると、バイデン・習近平のサミットが終了した今、政権が外交的ボイコットの発表を控える理由が一つ減ったという。政権は同盟国に情報を提供するが、米国に追随するかどうかの判断は同盟国に任せるという。

スポンサーリンク

5月に、ペロシの外交ボイコット呼びかけに中国外務省は「嘘と偽り」と批判

5月の公聴会で、ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)は、米国の選手を罰することなく、中国の人権侵害に対する国際的な懸念を表明する方法として、北京オリンピックの外交ボイコットを呼びかけた。

ペロシ氏の発言を受けて、中国外務省の報道官は、ペロシ氏が「嘘と偽りの情報」を広め、「いわゆる人権問題を口実にして中国を中傷、誹謗している」と非難したバイデン政権は、中国政府が北西部の新疆ウイグル自治区で行っているウイグル人などの少数民族に対する虐待は、現在進行中の “ジェノサイド “にあたるとするトランプ政権の1月の判断を再確認している。

ミット・ロムニー上院議員(ユタ州選出)も、3月にニューヨーク・タイムズ紙に寄稿し、北京五輪の経済的・外交的ボイコットを主張しました。ロムニー上院議員は、全面的なボイコットは「逆効果」であるとし、1980年のモスクワ大会を全面的にボイコットしたジミー・カーター大統領の決定は、ソ連にプロパガンダの勝利をもたらしたため、米国の選手の出場を認めるべきだと述べている。

ロムニー氏は、「権威主義国家では、オリンピックは改革のテコとしてではなく、プロパガンダの道具として使われることが多い」と書いている。(washingtonpost抜粋)

Opinion | Biden administration soon to announce diplomatic boycott of the Beijing Olympics
The compromise measure is unlikely to please human rights activist or the Chinese government.
スポンサーリンク

米、北京五輪使節見送りか 「外交ボイコット」月内判断と報道

2021/11/17

米紙ワシントン・ポスト電子版は16日、バイデン米政権が中国の人権侵害を理由に、来年2月の北京冬季五輪に外交使節団を派遣しない「外交的ボイコット」を近く表明する見通しだと報じた。政府内の勧告が既に出ておりバイデン大統領が今月中にも判断する見込みという。実際に決断すれば米中間の新たな緊張材料となり、日本など関係国にも波紋が広がりそうだ。選手団は通常通り派遣される。

ただ同紙は外交的ボイコットの適用範囲や表現方法など、バイデン政権にはさまざまな選択肢があると指摘した。同盟国には情報提供するが、同調するかどうかの判断は任せるという。

外交的ボイコットの動きは、同紙の著名コラムニスト、ジョシュ・ロギン氏が複数の関係者の話として伝えた。(共同)

米、北京五輪「外交ボイコット」へ 米紙報道 人権弾圧に抗議、選手は参加
米紙ワシントン・ポスト電子版は16日、バイデン米政権が中国の人権侵害を理由に、来年2月の北京冬季五輪に外交使節団を派遣しない「外交的ボイコット」を近く表明する見…
スポンサーリンク

参考記事

バイデン、習氏とのオンライン会談で「台湾に関する『一つの中国』政策に米国が引き続きコミットしていると表明」/中国国営メディアは、バイデン氏が習氏に台湾独立を支持しないと述べたと報じ、ホワイトハウスも発言を認めた/WHのyoutubeはコメントオフ。ダメがいいねの8倍
バイデン氏は、台湾に対する米国の「一つの中国」政策への支持 バイデン氏は、台湾に対する米国の「一つの中国」政策への支持を改めて表明する一方で、習氏に対しては「現状を一方的に変更してはならない」と述べた。 中国の国営メディアは、バイデ...続きを読む
【死に体の民主党、仲間割れが始まる】民主党、地盤の州で惨敗が続き2022年の中間選挙の敗北が確定、責任のなすりつけ合いが始まる/共和党が下院を奪還すれば、ジョー・バイデンの計画は台無しになり、上院も奪われればバイデンは確実に弾劾を受けるだろう。
2022年の中間選挙での敗北をめぐり、民主党員同士が議論を交わす! 11月16日 民主党は2022年の中間選挙が近づき、敗北が確定したことで問題を抱えている! 2020年11月の選挙を覚えていれば、勝つためには不◯を行わなけれ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました