社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【不都合な真◯10】ワクチン接種、未接種で感染に差はない/米国疾病予防管理センター(CDC)が資金提供した研究で、ワクチンを接種した人としていない人の間で、COVID-19の感染に有意な差がないことが判明/ワクチン接種者は依然として大規模な集団発生のリスクがある

コロナ

CDCが資金提供した研究で、ワクチンを接種した人としていない人の間でCOVID-19の感染に有意な差がないことが判明

2021年11月28日

米国疾病予防管理センター(CDC)のCOVID研究チームは、2021年7月から8月にかけて発生したCOVID-19「デルタバリアント」に感染した連邦刑務所内のワクチン接種者と非接種者の感染可能性には、有意な差はないと結論づけた研究結果を発表した。

今回の調査では、190名のうち対象となる95名の参加者のうち、78名が完全接種、17名が非接種で、「完全接種者のRT-PCR陽性期間(中央値:13日)と非接種者のRT-PCR陽性期間(中央値:13日、p=0.50)、培養陽性期間(中央値:5日、5日、p=0.29)には、有意な差は検出されなかった」とのこと。

この結果から、”ハイリスクな環境にいる人や重大な曝露を受けている人に対しては、ワクチン接種の有無にかかわらず、予防策や緩和策を適用すべき “ということが示された。

スポンサーリンク


今回の調査では、ワクチンを接種した人と十分に接種していない人の間で、感染の可能性に統計的に有意な差は見られなかった。したがって、今回の調査結果は、リスクの高い環境にいる人や大きな暴露を受けている人に対しては、ワクチン接種の有無にかかわらず、予防策や軽減策を適用すべきであることを示している。

人が集まる環境、特に矯正施設や拘置所では、推奨される他の予防措置に加えて、感染者が確認された場合、感染を制限するための曝露後検査と検疫が引き続き重要な手段となる。

今回のデータは、ワクチン接種者からの感染の可能性を示す証拠が増えてきたことを意味する。

今回の研究では、ワクチン接種率が高くても、人が集まる場所にウイルスが持ち込まれると、ワクチン接種者は依然として大規模な集団発生のリスクがあることが確認された。(thegatewaypundit.)

CDC Funded Study Shows No Significant Difference in COVID-19 Transmission Between Vaccinated and Unvaccinated
The Centers for Disease Control and Prevention (CDC) COVID response team published a study on medRxiv – a collaborative project jointly run by Cold Spring Harbo...続きを読む

参考記事

【動画あり】バイデンに続き、カマラ・ハリスもオミクロンのためにワクチン接種を促す「ワクチンを打とう。ブースター接種しよう。私が言っていることは本当だ」→「だからオミクロンからは保護されないんだよ」「あなたのスタッフがオミクロンには効果がないと言ってたが」
「ワクチンは無料です。そして、あなたの命を救うでしょう」 ハリス副大統領は、新しいCOVID変異株、オミクロンのためにワクチン接種を促す。「ワクチンは無料です。そして、あなたの命を救うでしょう。」 ...続きを読む
バイデンやらかす「これを機にワクチン接種だ。子供も今がその時だ。オミクロンはワクチン接種しない限りパンデミックが終わらないことを証明した」→「オミクロンの初期感染者はすべてワクチン接種者だった」
バイデン、「もしワクチンを接種していないなら今がチャンスだ」 バイデン大統領、オミクロン変異株について:"もしワクチンを接種していないなら、あるいは子供をワクチン接種に連れて行っていないなら、今がそ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました