社会の話題と反応を発信していくネットメディア

COVI◯の茶◯劇は終わらない/茶◯劇とは、大多数の国民にとって健康上の脅威ではないにもかかわらず、政府やメディアがこのウイル◯の存在について恐怖を煽り続け、治験中の・・(zerohedge)

covid19(コロナ)

ギデオン・リッチフィールドは1年半前に予測していた

BY TYLER DURDEN SUNDAY, DEC 05, 2021

私の論文「Waves Of Mutilation: 2020年4月に発表した記事「Waves Of Mutilation: Medical Tyranny And The Cashless Society」では、ロンドンのインペリアル・カレッジが発表したホワイトペーパーを基にした、MITのギデオン・リッチフィールドのコメントを紹介した。「We’re Not Going Back To Normal」と題された記事の中で、彼はCOVI◯の医療専制の下での世界の未来について述べている。

「コロナウイルスを阻止するためには、仕事の仕方、運動の仕方、人付き合いの仕方、買い物の仕方、健康管理の仕方、子供の教育、家族の世話の仕方など、私たちの行動のほとんどすべてを根本的に変える必要がある。

私たちは皆、早く正常な状態に戻りたいと思っている。しかし、ほとんどの人はまだ気づいていないかもしれないが、もうすぐ気づくだろう。数週間後、あるいは数ヶ月後には元通りにはならないということだ。

世界中の誰かがウイルスを持っている限り、それを抑制するための厳格な管理がなければ、流行は繰り返される。

2年後の今もCOVI◯の茶◯劇は続いている

2年後(2週間後ではなく)、COVI◯の茶◯劇は続いている。この茶◯劇とは、このウイルスが大多数の国民にとって健康上の脅威ではないにもかかわらず、政府やメディアがこのウイルスの存在について恐怖を煽り続け、安全性を証明するための長期的な試験を行っていない実験的なワクチ◯を人々に受け入れさせようとしていることを意味する。

99.7%以上の人がCOVI◯による死の危険にさらされることはなく、COVI◯によって入院した人のうち、長期的な健康上の副作用が生じるのはごく一部にすぎないという事実についても述べることができる。

イスラエルやアイルランドのようにワクチ◯接種率の高い国では、感染率が最も高く、完全にワクチンを接種した人が多数死亡しているという事実にも言及できる。また、自然免疫はワクチン接種よりもあらゆる面で優れていることが、多数のワクチン接種国の研究で証明されていることにも言及できます。しかし、権威主義者たちはそれを聞こうとはしない。

自由の砦と言われたニュージーランドやオーストラリアでは、PCR検査で陽性反応が出ただけで、官僚の気まぐれで市民が閉じ込められてしまう私は何ヶ月も前から言ってきたことだが、アメリカ人の将来を考えた場合、オーストラリアのような国を見てみるといい。

オーストラリアの異常👇

スポンサーリンク


オーストリアのように、ワクチ接種率が65%で、感染率が上昇し続けている国を見てみよう。ワクチ◯接種をしていない人が悪いのだと判断し、ワクチ◯接種の証明書がない人には外出禁止令を出した。その後、感染者や死亡者はさらに急増した。

そこで、明らかで論理的な結論(ワクチ◯は効かない、少なくともロックダウンは効かない)を認める代わりに、すべての人にロックダウンを命じたのだ。なぜか?ワクチ◯を受けていない人は問題ないという事実を隠すためだ。

はっきりさせておきたいのは、オーストリアでロックダウンが必要になった最初のスパイクは、約300人の死者を出し、その大部分は高齢者だったということだ。

オーストリアでは、老人ホームの患者がコビドの死亡者の約36%を占めている。はっきり言って、900万人の自由を奪い、300人の死の急増で経済を圧迫しているのだ。

今、完全に予防接種を受けているからといって、明日も完全に予防接種を受けているとみなされるわけではない。これで終わりではない。

今年はワクチ◯が普及したにもかかわらず、2020年よりも2021年の方がCOVI◯の死亡者数が多かった

データによると、ワクチ◯接種は実際の感染率や死亡率を遅らせる効果はほとんどなく、今年はワクチ◯が普及したにもかかわらず、2020年よりも2021年の方がCOVI◯の死亡者数が多かった。

つまり、今年はワクチ◯接種が導入されたのに、昨年よりもCOVI◯の死亡者数が多いのだ。

おかしいと思わないか?

もちろん、このような小さな問題があっても、メディアはワクチンを称賛している。

ワクチ◯が本当に効くのであれば、強制的な接種は必要はないはずだ。

ワクチ◯を接種した人は守られ、接種していない人は個々のリスクを負うことになる。ワクチ◯が効果的で強制接種の必要がないか、効果がないので強制接種は無意味であるか、という論理をCOVI◯・カルトは理解していないようだ。

しかし、繰り返しになるが、論理や科学は問題ではない – コントロールが問題なのだ。それは無限のコントロールのための無限の論理的根拠だ。それは決して終わらない。

いくつかの国は長いCOVI◯の冬に陥ったが、他の多くの国はそうではない。アメリカのほぼすべての保守的な州は義務化に完全に反抗しており、連邦裁判所は憲法を回避しようとするジョー・バイデンの試みを阻止している。アメリカの赤い州(共和党)が持ちこたえれば、他の州にも希望を与えることができる。

では、既成の権力者たちには何が残されているのだろうか?

南アでオミクロンを発見した医師たちは、これをCOVI◯の軽度の変異型であり、公衆に対する重大な脅威ではないとしている。

これは非常に理にかなっている。 

ほとんどのパンデミックのシナリオでは、ウイルスは元のウイルスよりも感染力はやや強いが、致死率ははるかに低いバージョンに進化する傾向がある。

しかし、メディアや政府の科学者たちは、今回のCOVI◯は致死性が低くなるどころか、より強く進化する「かもしれない」とさえ示唆している。

私たちの多くはすでにCOVI◯にかかっていて、簡単に生き延びることができた。つまり、私たちは、将来の感染を阻止するのに、ワクチ◯よりも13~27倍効果的な自然免疫を持っているのだ。

もし、一般の人々がプロパガンダの靄(もや)から一瞬でも頭を出して、自分の位置を取り戻すことが許されるなら、自分たちが大規模なキャンペーンの標的にされていることに気づくかもしれない。

彼らは怒るかもしれない。調査を要求するかもしれない。グローバリストの首を絞めることになるかもしれない。だから、オミクロンが今後数ヶ月間、ヘッドラインに載ることを覚悟してほしい。

グローバリストや日和見主義者たちは、自分たちが望むものを手に入れるまで、あるいは自分たちが完全に排除されるまで、この劇場を続けていくだろう。彼らが終わらない限り、決して終わらないのだ。(zerohedge、超抜粋(全文は12,000字))👇

Omicron: We Warned You The COVID Farce Would Never End | ZeroHedge
ZeroHedge - On a long enough timeline, the survival rate for everyone drops to zero

参考記事

【動画あり】オーストラリア、メルボルンで、反ワクチン・強制接種・パンデミック法案に対する数万人以上の大規模抗議デモ/脅威的な数の市民が現体制に反対している。一部には10万人以上との報道も
今日、メルボルンではCOVID警察国家に対するここ数年で最大規模の抗議活動が行われています。人々はこれ以上は我慢できない 反ワクチン、強制接種、パンデミック法案に対する抗議活動が本日メルボル...続きを読む
【不都合な真◯10】ワクチン接種、未接種で感染に差はない/米国疾病予防管理センター(CDC)が資金提供した研究で、ワクチンを接種した人としていない人の間で、COVID-19の感染に有意な差がないことが判明/ワクチン接種者は依然として大規模な集団発生のリスクがある
CDCが資金提供した研究で、ワクチンを接種した人としていない人の間でCOVID-19の感染に有意な差がないことが判明 2021年11月28日 米国疾病予防管理センター(CDC)のCOVID研究...続きを読む
【不都合な真◯9】「ロックダウン、ワクチン接種義務、ビジネスの制限、マスクの義務化をした国」と「そうしなかった国」の死亡者数のグラフは似ていますか?
イギリスとスウェーデン イギリスでは、ロックダウン、医療機関の予約キャンセル、ビジネスの制限、マスクの義務化、ワクチンを接種していない医師や看護師の解雇...。 スウェーデンでは、そのような規...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました