社会の話題と反応を発信していくネットメディア

民主党市長政権下のサンフランシスコのスーパーマーケット、「桁外れの犯罪」のため万引きを抑止するためのバリアーを設置/改札口のように一人ずつしか出入りできず

一般
スポンサーリンク

メディア「サンフランシスコクロニクル」

このセイフウェイはどんどん変になっている。2020 Market St.にあるセーフウェイでは、万引きが増加していることを受けて、新しいセキュリティ対策が施されている。

民主党の州は犯罪の巣窟に

スポンサーリンク

S.F. セーフウェイ、小売店での窃盗問題が議論される中、万引きを抑止するためのバリアーを設置

12月5日

サンフランシスコのカストロ地区近くにある食料品店の入り口に新しく設置されたセキュリティゲートを通りながら、ある買い物客が「このセーフウェイはどんどん変になっていくな」とつぶやいた。

マーケット・ストリートにあるセーフウェイの店舗の横の入り口は閉鎖され、食料品の山でふさがれているため、警備員が監視できる1つのドアから顧客を強制的に出入りさせることができるようになっている。

2020 Market St.にあるセーフウェイに追加された自動ゲートは、顧客が簡単に店に入ることができるが、後ろですぐにスイングして閉まるので、泥棒しそうな人が盗品を満載したショッピングカートを持って颯爽と出て行くのを防ぐことができる

スポンサーリンク


しかし、土曜日の朝にマーケット・ストリートの店舗を訪れたところ、ほとんどの買い物客はこの変更を気にしておらず、多くの人がほとんど意識していませんでした。何人かの人は、むしろセキュリティの変更によってショッピング体験が向上したと付け加えた。

「誰が入ってきて誰が出ていくのか、より整理された感じがする」と彼女は言い、店を出た後にもう一度ゲートを見ようと店の中を覗き込んだ。“安全な感じがします。”

フランクリン・ヘンも、ゲートができたことで店内が「より整理された」感じがすると言いながらも、セキュリティがあるからといって、自分の体験が大きく変わるわけではないと言います。「安全だとは思います。特に危険だと感じたことはありません」と述べている。

https://www.msn.com/en-us/money/companies/s-f-safeway-adds-barriers-to-deter-shoplifing-amid-retail-theft-debate/ar-AARtwoF?ocid=msedgntp#image=AARtumg|4

スポンサーリンク

民主党政権下のサンフランシスコにあるセーフウェイは、「桁外れの犯罪」のために営業時間の短縮を余儀なくされている。

スポンサーリンク

セーフウェイ(wikipedia)

カリフォルニア州プレザントン(アラメダ郡)を本拠とする、以前はアメリカ合衆国で第2位のスーパーマーケット・チェーンであった。2015年1月以来、プライベート・エクイティ・ファンドのサーベラス・キャピタル・マネジメントに売却されて、アルバートソン(Albertsons、本社:アイダホ州ボイジー)の子会社になって、最近に店舗数は266店に縮小している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/セイフウェイ

タイトルとURLをコピーしました