社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデンによるアメリカのリーダーシップの壊滅的崩壊:バイデンはトランプ大統領が築いた、素晴らしい成果の多くを覆しアメリカファーストから、アメリカラストへ導く/エネルギー政策、COVID、軍事プレゼンス、インフレ、国境、とトランプの功績をすべてぶち壊した

政治
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏「トランプ大統領声明:バイデンによるアメリカのリーダーシップの壊滅的崩壊」

スポンサーリンク

バイデンによるアメリカのリーダーシップの壊滅的な崩壊

12月9日

アメリカ・ファーストからアメリカ・ラストになると、現実の世界でも結果が出ることがわかった。

ジョー・バイデン大統領がドナルド・トランプ大統領の国家安全保障や外交政策へのアプローチを否定したことで、海外でのアメリカの利益と国内での安全保障に壊滅的な損害が生じた。

トランプ氏の主な目標は、我々の利益を優先することであり、それによってアメリカの力を活用して、より大きな世界的な安定性、確実性、相対的な平和を実現することだった。

バイデンは多国間主義とグローバリズムを優先し、トランプ時代の成果を覆し、混沌、不安定、不確実性、紛争を増大させている。

トランプ大統領の批評家たちは、彼のアメリカ・ファースト政策が同盟関係を損ない、敵に報いているとよく訴えていた。しかし、トランプ大統領は、かつてのロナルド・レーガン大統領のように、力による平和を実現したのだ。

バイデンはアメリカの力を弱めてしまい、その結果、同盟国からは信頼されず、敵からは恐れられなくなってしまった。アメリカの弱さは常に狼を招き、狼は戻ってきたのだ。

スポンサーリンク

ちょうど1年前のことを思い出してみよう。

トランプ大統領の功績

・トランプ政権は、イスラエルへの揺るぎない支援を行い、中東で歴史的な和平合意を達成した。この和平合意は、経済面などでの協力関係を育み、永続的な平和をもたらしている。
・トランプ政権は、南シナ海や環太平洋地域における中国の経済的侵略、人権侵害、地政学的冒険を阻止することに成功した。
・また、ロシアの拡張主義を抑制し、ノルドストリーム2パイプラインの進行を遅らせることに成功した。
北朝鮮の核開発を抑制するための生産的な外交を展開している。
・壊滅的な共同包括行動計画(JCPOA)から離脱し、広範な制裁権限を用いてイランの核プログラムを制限している。
・また、アフガニスタンからの管理された条件付きの撤退計画を交渉し、継続的な情報収集能力を確保した。
NATOの同盟国との関係を再構築し、同盟の約束を守った。
・また、中国、カナダ、メキシコ、韓国、日本などとの間で、より公平で互恵的な貿易取引の交渉に成功した。
・オバマ・バイデン政権で空洞化した軍隊の近代化と再建にも着手した。
移民問題も、より安全な国境線と常識的な外交協定によってほぼ解決していた。
スポンサーリンク

バイデン政権は、トランプ大統領の素晴らしい成果の多くを覆そうとしています。

表面的には、バイデン政権の破壊的な道は意味をなさない。しかし、彼らにとって、それは合理的な政策ではない。それは、アメリカの力、富、資源、軍事的・外交的優位性、経済的競争力、リーダーシップ、国境、そしてそう、アメリカ独自の例外性など、アメリカのすべてを再分配することなのだ。

この11ヶ月間で、アメリカは途方もない量のパワー、信頼性、威信を手放した。もちろん、バイデンの恥ずべきアフガニスタン撤退が原因のひとつであることは間違いない。しかし、バイデンの迎合主義、謝罪、多国間でのグローバリストのアジェンダが真のダメージを与えている。

その結果は、危険であると同時に予測可能なものだ。アメリカの敵は、私たちや私たちの利益を脅かすようになる。

中国は、COVID-19への対応、台湾や香港への脅威、太平洋やその他の地域での攻撃的な行動、広範な人権侵害について、依然として責任を負っていない。

スポンサーリンク

バイデンは南の国境に危機をもたらし、犯罪者や人身売買業者、カルテルを繁栄させた。

アフガニスタンでのバイデンの敗北は、人道的な災害を生み出した。彼が残した権力の空白は、タリバン、ISIS、アルカイダ、中国、ロシア、パキスタン、イランによって埋められています。私たちの国は、テロ攻撃に対してより脆弱になっている。

イランは、JCPOAを復活させようとするバイデンの子犬のような熱心さを利用して、核兵器の保有に向けて進んでいる。

ロシアはウクライナとの国境に10万人の軍隊を駐留させ、中国との政治・軍事・経済の協力関係を強化し、欧州の同盟国に対してエネルギーの強奪を自由に行えるようになっている。

バイデン政権は国内のエネルギー生産を意図的に停止させ、燃料価格を高騰させ、大統領はOPECや敵対する外国のエネルギー生産国の政権に生産量の増加を懇願することになったが、その懇願は耳に届かなかった。軍隊は、圧迫されたワクチンの義務化と、横行したウェイキズムによって弱体化している。

バイデン氏のリーダーシップの崩壊は、アメリカのリーダーシップの崩壊であり、その結果は私たち全員が負うことになるだろう。

Biden's catastrophic collapse of American leadership
It turns out that going from America First to America Last has real world consequences.
スポンサーリンク

参考記事

動画あり【ネット騒然:ファクターXはあった】日本の感染者、死亡者数が欧米より極端に少ないことに関係する「ファクターX」の一部を理研が解明/ネット「これはすごい」「陰謀論ではなかった」「逆に、ワクチ◯打った人はこの因子が上書きされてしまう?」
理研は、「日本人に多い特定の免疫タイプが要因の一部だと解明した」という内容のプレスリリースを発表 「日本の感染者、死亡者数は欧米より極端に少ない理由」はこれまで謎とされていた。BCGなのか、元々日本人(アジア人)が持つ免疫なのか、単なるマ...続きを読む
【HUGE!WI州選挙公聴会】 リズ・ハリントン氏「ウィスコンシン州は選挙のアクセス権を雑貨ーバーグの民主党工◯員に与えていた!」/公聴会で数々の不◯が判明。雑貨ーバーグが資金提供した組織が関与の可能性
HUGE ウィスコンシン州の選挙公聴会で、100年以上前から登録されている119,283人の「アクティブな有権者」が判明! (ビデオ) 2021年12月8日 水曜日の午後2時から始まったウィスコンシン州キャンペーン・選挙委員会の公...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました