社会の話題と反応を発信していくネットメディア

彭帥さん「性的暴行を受けたと訴えたことはなく、ソーシャルメディアへの投稿が誤解を招いた」と述べる/初めて公の場でカメラに向かってコメントも、ネットには懐疑の声

中国
スポンサーリンク

彭帥さん「性的暴行を受けたと訴えたことはない

中国テニス界のスター、彭帥は、性的暴行を受けたと訴えたことはなく、先月初めに行ったソーシャルメディアへの投稿が誤解を招いたと述べた。

彭氏が公の場でカメラの前でこの問題を取り上げたのは、これが初めてのこと。上海で開催されたスキーイベントで話した。彭氏は、自分の微博の投稿について、「人々は多くの誤解をしている」と述べたが、詳しくは説明しなかった。

スポンサーリンク

テニス=彭帥さん、性的暴行否定 「多くの誤解」と海外紙に

2021/12/20

[北京 19日 ロイター] – 女子テニスの元ダブルス世界ランク1位、彭帥さん(中国)は19日、誰かに性的暴行を受けたと非難したことはないとし、先月初めに行ったソーシャルメディアへの投稿は誤解を招いたとの見解を示した。

彭さんは11月、中国の張高麗元副首相から性的暴行を受けたとのメッセージを投稿。以来、約3週間にわたって公の場に姿を見せていなかったことで各方面から身の安全が懸念される事態となっていた。

彭さんはシンガポール紙の聯合早報が投稿した動画で、この問題について初めて公の場でカメラに向かってコメント。「まず最初に、非常に重要なポイントを強調する必要がある。私は誰かに性的暴行を受けたと言ったことも、書いたこともない」と語った。

スポンサーリンク


この動画は彭さんが出席した上海でのクロスカントリースキーのイベントで撮影され、削除された元副首相に関する投稿については「プライベートな問題」とした上で「人々は多くの誤解をしている」と述べたが、詳細な説明はなかった。また、北京の自宅で監視なしで生活していたと話し、元副首相についても触れなかった。

また、彭さんの処遇などからトーナメントの中国開催撤退を表明したWTA(女子テニス協会)のスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)に宛てた先月の手紙は自ら書いたものだとし、中国国営メディアによる英訳も正確なものだったとコメントした。

サイモン代表はこの手紙について、彭さんが実際に書いたものだとは思えず、性的暴行を否定するその内容の信ぴょう性にも懐疑的な姿勢を示していた。

ロイターは彭さんがソーシャルメディアに投稿して以降、連絡が取れていない。(reuters)

Chinese tennis star Peng denies she made accusation of sexual assault
Chinese tennis star Peng Shuai said on Sunday that she had never accused anyone of sexually assaulting her, and that a social media post she had made early last...続きを読む
スポンサーリンク

ネットの声

これを信じろと言うのか?

第三者機関が接触しない限り信じる人はいないだろう。

改めて中国という国、中共は恐ろしい国だと思う。

自分から突然発した言葉を、言ったことはないとは?・・・・やり方が雑でしょ。

世界はもうとっくに気づいてる!もう遅いでしょ。

性的関係を否定って。自分から言い出してことでしょ。これを信じろっていうのでしょうか?

火消しに必死だな・・・もうみんなわかってるから、時すでに遅しだけどね。

スポンサーリンク

参考記事

対中決議案、公明幹部の意向で「非難」削除 今国会採決も見送り/保守論客から批判続出。ネットは非難の声
対中決議案、公明幹部の意向で「非難」削除 今国会採決も見送り 2021/12/19 新疆(しんきょう)ウイグル自治区や香港などでの深刻な人権侵害行為を非難する国会決議案が、公明党の一部幹部の意向を反映し、中国政府への批判のトーンを弱...続きを読む
高市氏「台湾危機に備え日米共同作戦計画を」「中国に対して、平和的な解決を促すためには外交的だけでは不十分。力による一方的な現状変更は不可能だとしっかり認識させることが重要だ」
高市氏「台湾危機に備え日米共同作戦計画を」 李登輝友の会で講演 2021/12/19 自民党の高市早苗政調会長は19日、東京都内で開かれた日本と台湾の交流を図る民間団体「日本李登輝友の会」の会合で講演し、台湾海峡の危機に備えて日米共...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました