社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ハーバード大教授、中国との関係を隠した罪で有罪評決/「千人計画」に参加し、中国の武漢理工大学から給料として毎月5万ドル(約550万円)の報酬を得ながら、その事実を米当局に隠していた

中国
スポンサーリンク

ハーバード大教授、中国との関係を隠した罪で有罪評決

スポンサーリンク

ハーバード大教授、中国との関係を隠した罪で有罪評決/「千人計画」に参加しながら、その事実を米当局に隠していた

2021.12.22 Wed posted at 18:00 JST

(CNN) 中国が外国から優秀な科学者を招致する「千人計画」に参加しながら、その事実を米当局に隠していた米ハーバード大学の教授に対し、連邦陪審が21日、有罪の評決を下した。

司法省の発表によると、ハーバード大学で化学・化学生物学科長を務めていたチャールズ・リーバー被告(62)は、連邦当局にうそをつき、虚偽の所得税申告書を作成し、外国の銀行口座を申告しなかった罪で有罪となった。

リーバー被告の研究チームは米国立衛生研究所(NIH)と国防総省から1500万ドル(約17億円)あまりの研究費を受け取っていて、外国との利益相反を申告する義務があった。

被告は千人計画に参加し、中国の武漢理工大学(WUT)から給料として毎月5万ドル(約550万円)の報酬と、同大学にナノテクノロジーの研究所を設立する費用として150万ドルを受け取っていたにもかかわらず、その事実を隠していた。

スポンサーリンク


連邦検事は21日の声明で、被告がうそをついていたことは間違いなく、陪審は証拠に基づいて正当な評決を下したと述べた。

国防犯罪捜査局(DCIS)の捜査官も、国防総省は研究者らが外国や個人の利得より米国を優先させると信じているのに対し、被告はその信頼を裏切ったと断じた。量刑言い渡しの日程は決まっていない。

ハーバード大教授、中国との関係を隠した罪で有罪評決
中国が外国から優秀な科学者を招致する「千人計画」に参加しながら、その事実を米当局に隠していた米ハーバード大学の教授に対し、連邦陪審が21日、有罪の評決を下した。
チャールズ・リーバー

1959年生まれ。アメリカ合衆国の化学者。トムソン・ロイターが発表した2000年から2010年における偉大な化学者トップ100において第一位に選出されるなど 、ナノデバイス、ナノワイヤーなどナノテクノロジーにおける世界的権威として知られる。

チャールズ・リーバー - Wikipedia

ネットの声

人間は簡単に金に転ぶんだな。情けない。

アメリカは厳しいからこうなるけど、日本はあまあまだからな。

中国は着実に欧米日の主要なポストの人間に食い込んでいる。きっとまだまだいる。考えると恐ろしい。

スポンサーリンク

参考記事

【動画あり:絶対に笑ってはいけないジョー・バイデン24時】/バイデン、とうとう言葉を作り出す/公の場で何度も「辞書に無い言葉」を話し、全米中の失笑を買う
バイデン、言葉を作り出す EXPEDIALLY! 「expedient(ご都合主義の、功利主義的な)」と「exponentially(指数関数的に)」の混同で、「どんどん増える、どんどん速くなる」という意味です。 文章で使って...続きを読む
「マーク・ザッカーバーグはジョー・バイデンのために大統領執務室を購入したのか?」/ザッカーバーグ氏は激戦州の郡に、資金投資団体を通じ4億ドルを寄付したが、その金は郵便投票促進と民主党が有利になるよう使われた
「マーク・ザッカーバーグはジョー・バイデンのために大統領執務室を購入しましたか?」 マーク・ザッカーバーグは、ジョー・バイデンのために大統領執務室を購入したのか? 先週、The Federalistに掲載されたシーザー・ロドニー選挙...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました