社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「マーク・ザッカーバーグはジョー・バイデンのために大統領執務室を購入したのか?」/ザッカーバーグ氏は激戦州の郡に、資金投資団体を通じ4億ドルを寄付したが、その金は郵便投票促進と民主党が有利になるよう使われた

政治
スポンサーリンク

「マーク・ザッカーバーグはジョー・バイデンのために大統領執務室を購入しましたか?」

スポンサーリンク

マーク・ザッカーバーグは、ジョー・バイデンのために大統領執務室を購入したのか?

先週、The Federalistに掲載されたシーザー・ロドニー選挙研究所のウィリアム・ドイル博士の研究は、2020年の大統領選挙に関連するいくつかの驚くべき発見を提示した。

FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグとその妻プリシラ・チャンが、2020年の選挙の運営とインフラを支援する非営利団体に4億1900万ドル近くを寄付していたことが明らかになったのである。

これらの寄付は、具体的にはThe Center for Technology and Civic Life(CTCL)とThe Center for Election Innovation and Research(CEIR)に対して行われた。

そもそもCTCLは、COVID-19を理由に、郵送投票の普及や、対面投票より郵送が有利な期限の延長を積極的に働きかけていた。

その結果、ほとんどの州で投票に関するルールが変更され、9つの州とコロンビア特別区では、有効な登録有権者全員に郵便投票が行われるようになった。

結局、2020年の大統領選挙では、過去最高の6400万人のアメリカ人が郵便で投票した。

郵送投票は、本質的に投票の機密性と完全性を損なう。

連邦法は、選挙当日の投票所付近で、党派や活動家があからさまな政治的表現をしたり、強制や脅迫にふけったり、有権者に誰に投票したかを尋ねたりすることを明確に制限している。

スポンサーリンク

しかし、これらの法律は、郵便投票には適用されない。

CTCLとCEIRはここに大きなチャンスを見出しました。

CTCL/CEIRはウィスコンシン州の活動家に資金を提供した。彼らは自らを婉曲的に「投票ナビゲーター」と呼んでいました。 彼らの仕事は、「有権者の玄関先で、質問に答え、投票用紙の整理を手伝い、不在者投票の署名に立ち会う」ことです。 ウィスコンシン州は、僅差でバイデンに軍配が上がった。

結局、これらすべては民主党に大きな利益をもたらした。

選挙結果に影響を与えるために、全米の激戦州、特定の都市、郡が外科的に狙われたことは十分に明らかである。

また、バイデンが勝利した郡は、トランプの郡に比べ、上記の組織から資金提供を受ける可能性が3倍も高いことも分かった。(americanthinker抜粋)

Did Mark Zuckerberg Buy the Oval Office for Joe Biden?
Last week, a study by Dr. William Doyle, from the Caesar Rodney Election Research Institute, that appeared in The Federalist presented some startling discoverie...続きを読む
スポンサーリンク

8つのスウィングステートに投棄された「ザッカーバックス」(ザッカーバーグが資金提供した金)の90%がバイデンの郡に送られた

クローディア・テニー議員(ニューヨーク州選出)は月曜日、マーク・ザッカーバーグの2020年選挙への関与に関する衝撃的な情報を発表した。

テニーの情報により、FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグが大部分を出資する票集め団体が、2020年の選挙でジョー・バイデンに投票した郡で巨額の資金を費やしたことが明らかになりました。

テニーの報告書によると、マーク・ザッカーバーグが資金提供する「Center for Tech and Civic Life」は、ジョー・バイデンに投票した民主党の郡で1億3000万ドルの巨額を使い、トランプ大統領に投票した共和党の郡ではわずか1400万ドルしか使わなかったという。(rsbnetwork抜粋)

Report: 90% of ‘Zuckerbucks’ dumped in eight swing states went to Biden counties
Rep. Claudia Tenney, R-N.Y., co-chairwoman of the House Election Integrity Caucus, released shocking information on Monday regarding Mark Zuckerberg’s involveme...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり:絶対に笑ってはいけないジョー・バイデン24時】/バイデン、とうとう言葉を作り出す/公の場で何度も「辞書に無い言葉」を話し、全米中の失笑を買う
バイデン、言葉を作り出す EXPEDIALLY! 「expedient(ご都合主義の、功利主義的な)」と「exponentially(指数関数的に)」の混同で、「どんどん増える、どんどん速くなる」という意味です。 文章で使って...続きを読む
45thトランプ大統領:「無知なジョー・バイデンは自分が作り出した危機を何一つ把握できない」(記事を引用し言及)
「無知なジョー・バイデンは自分が作り出した危機を何一つ把握できない」。 自分が引き起こした危機を全く理解できない無知なジョー・バイデン 12月8日 2021 バイデン政権ほど多くの局面で不意を突かれた政権があっただろうか。 ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました