社会の話題と反応を発信していくネットメディア

インテル、新疆ウイグル自治区でのサプライヤー発言について中国で謝罪/新疆ウイグル自治区の製品や労働力の使用禁止通告は「同社の立場を表明したものではなく、米国法の順守を表明したものだった」

中国

インテル、新疆ウイグル自治区でのサプライヤー発言について中国で謝罪

米国のマイクロチップメーカーは、新疆ウイグル自治区での強制労働について懸念を表明したとして中国で攻撃された後、謝罪を表明した。

米インテル、中国に謝罪 新疆製品の使用禁止巡り

12月23日、米半導体大手インテルは、部品メーカーに中国・新疆ウイグル自治区の製品や労働力の使用禁止を通告したことについて、中国国民に謝罪した。中国内で反発が強まっていることを受けた措置。

同社は部品メーカーに宛てた12月付の年次書簡で「サプライチェーン内で新疆の労働力を利用したり、新疆から製品やサービスを調達することがない体制を確立するよう義務付けられている」とし「複数の政府」が導入した規制に従った措置だと説明していた。

この書簡は複数の言語で同社のウェブサイトに掲載されたが、中国の国営メディアやソーシャルメディアでインテルへの批判が相次ぎ、同社製品の不買運動を呼び掛ける声も出ていた。

スポンサーリンク


インテルは23日、対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の公式アカウントに中国語の声明を掲載し、問題の書簡について、同社の立場を表明したものではなく、米国法の順守を表明したものだったと説明

「尊敬する中国の顧客、パートナー、国民に迷惑をかけたことを謝罪する。インテルは、信頼の置ける中国の技術パートナーとなり、中国との共同開発を加速することを目指す」と表明した。

中国外務省報道官は会見で、インテルが事実を尊重し、何が正しく何が誤っているかを見分けることを期待すると述べた。

Intel apologises in China over Xinjiang supplier statement
U.S. chip maker Intel apologised in China on Thursday after its letter telling suppliers not to source products or labour from the Xinjiang region triggered a b...続きを読む

参考記事

【動画あり】中国、1300万都市の西安市をロックダウン/共産党当局が厳重な監禁を命じ、門が溶接された
中国・西安がコロナ拡大でロックダウン 「出血熱」も同時流行で警戒 2021/12/23 1 中国内陸部の陝西(せんせい)省西安市で、新型コロナウイルスの感染が急拡大している。9日以降の累計感染...続きを読む
【動画あり】尾身氏「ワクチン接種を。年末年始の帰省は慎重に検討を。忘年会・新年会はできるだけ少人数で」。ファウチ氏「ワクチン接種を。未接種者はクリスマスに家に呼ぶな」/なぜ二人は同じことばかり言うのでしょうか?なぜ二人・・・
二人に共通しているものは何でしょうか? 尾身氏「ワクチン接種を。年末年始はできるだけ少人数で」 尾身会長は会見にて #オミクロン株 への対応について「早期の検査」「年末年始の帰省や旅行は慎重に検討...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:wikipedia)

タイトルとURLをコピーしました