社会の話題と反応を発信していくネットメディア

”トランプ神話”の実態は…問われる米中間選挙 側近が語る2024年への戦略/下院では民主党が過半数を失うとの見方/トランプ氏は州知事選でもトランプ氏は見えないところで、トランプ支持者がしっかりと投票に行くように取り組んでいた(J・ミラー氏)

政治

”トランプ神話”の実態は…問われる米中間選挙 側近が語る2024年への戦略

2021/12/31

新型コロナウイルスの感染再拡大やインフレの中、支持率低下に苦しむバイデン政権。2022年11月の中間選挙でも苦戦が予想されている。こうした中、活動を活発化させているトランプ前大統領。側近が明かす中間選挙、さらにその先の2024年大統領選に向けた戦略とは。

2021年12月19日。南部テキサス州ダラスのアリーナに、数千人のトランプ支持者が集まった。トランプ氏による、「ヒストリー・ツアー」と題したトークイベントだ。大歓声で迎えられたトランプ氏は、冒頭からアクセル全開。

「ガソリン価格はさらに上がっている。バイデンは石油の備蓄放出を決めたが、あんなことをしてはいけない」

「ワクチンの義務化はダメだ。強制はできない。ワクチンも治療薬もあるのに、ここまで感染が拡大している。バイデンはもう大統領を辞めるんじゃないか」

バイデン政権のあらゆる政策を批判し、自らの政権の成果をアピールするトランプ氏。20年の大統領選、さらに翌年1月6日の議事堂占拠事件についても、自らの正当性を主張した。

「1月6日に起きたのは、不正選挙に対する抗議行動だ。暴動ではない。群衆の中には多くの扇動者がいた」

「事件が起きた理由として調査すべきは、その原因である不正選挙だ」

スポンサーリンク


「20年のことは絶対に忘れてはいけないし、22年(の中間選挙)には素晴らしい結果を出さないといけない。私はアメリカを再び、再び偉大にするために戻ってくる」

イベントの随所で、24年大統領選への出馬に意欲を見せたトランプ氏。ペンス前副大統領、デサントス・フロリダ州知事など、共和党内で「24年の有力候補」とされる政治家たちも、トランプ氏の動向を見守る状況が続いている。

支持率低下に苦しむバイデン大統領。22年の中間選挙で は与党・民主党の苦戦が予想される

こうした中、22年11月の中間選挙では、バイデン政権と民主党の苦戦が予想されている。

アメリカでは歴代、中間選挙で政権与党に厳しい結果が出ることが多い上に、21年夏のアフガン撤退以降の失速で、バイデン大統領の支持率は歴代最低レベル(43%=ギャラップ社・12月)に沈んでいる。現状、下院では民主党が過半数を失うとの見方が強い。

一方、共和党にとっても、この中間選挙では「トランプ氏との距離感」が課題になる。すでに21年の時点で、トランプ氏は現職ではない候補者20人以上への支持を表明(FiveThirtyEight調べ、22年州知事選候補者も含む)。共和党内で衰えない影響力をアピールする戦略が透けて見える。

トランプ氏側近のジェイソン・ミラー氏は、トランプ氏 と頻繁に連絡を取り、24年に向けた戦略策定に関わる

前に出すぎることへの警戒感も根強いトランプ氏。本人は中間選挙、さらに24年の大統領選に向けて、どのような戦略を描いているのだろうか。元顧問で、現在も毎週のように連絡を取り合うという側近、ジェイソン・ミラー氏(GETTR社CEO)に話を聞いた。

ミラー氏は、22年のトランプ氏は、全米で中間選挙の候補者応援に飛び回るとした上で、「重要なのは、『トランプ』という名前が投票用紙にない中間選挙でも、トランプ支持者がしっかり投票するようにすることだ。それによって、共和党が勝てば、24年に向けて有利になる」と指摘する。

21年11月にトランプ陣営が行った、前回大統領選で敗れた5つの激戦州の世論調査では、いずれもトランプ氏の支持率がバイデン氏を上回る結果が出ている(ポリティコ)。中間選挙でも、こうした激戦州を中心に応援に入り、支持層を固めていくことが予想される。

一方で、バージニア州知事選のように、「トランプ隠し」の戦略を取る候補をどう見ているのか。

スポンサーリンク


ミラー氏は、「戦略は州によって異なる」とした上で、「バージニア州は民主党優位の州で、ヤンキンは、トランプ支持者と無党派層、双方の支持を得る必要があった。ただ、トランプ氏は見えないところで、トランプ支持者がしっかりと投票に行くように取り組んでいた」と明かした。

トランプ氏の24年大統領選への出馬表明について、ミラー氏は「22年末か、23年初めまではしないだろう」と語った。アメリカの選挙法上、早めに出馬を表明すると、中間選挙で候補者の応援が十分にできなくなることが理由だという。

「岩盤支持層」を超えた広範な支持を集めることができるのか。中間選挙は、”トランプ神話”の実態を見極める試金石となる。(日テレNEWS)

”トランプ神話”の実態は…問われる米中間選挙 側近が語る2024年への戦略(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
新型コロナウイルスの感染再拡大やインフレの中、支持率低下に苦しむバイデン政権。2022年11月の中間選挙でも苦戦が予想されている。こうした中、活動を活発化させているトランプ前大統領。側近が明かす中間

ネットの声

トランプ人気は不滅でしょ。

中間選挙は民主党は大敗する。売電は何をやってもだめ。国境、国防、コロナ全滅。

トランプは出馬するに決まってるでしょ。出るかどうかは愚問。勝つかどうかも愚問。

民主党はアメリカを腐らせる。日本の旧民主党と同じで烏合の衆。

2024と言わず、早くトランプさんに帰ってきてほしい。

バイデンが8100万票を取ったとはとても思えない。トランプ氏との人気の差を見れば歴然。

レッツゴーブランドン!

参考記事

【コロナ禍】これで人は本当に「生きている」と言えるのだろうか?コロナ脳の不合理(Total News World)
「一体、我々は何にここまで怯えているのか」 街に出れば行き交う人のほぼ100%マスクをつけ、コンビニのレジはビニールのカーテンが敷かれ、飲食店、病院、図書館、ありとあらゆる場所で透明の衝立て、スーパ...続きを読む
英アン◯リュー王子を訴えているジュフリー氏とエプスタインとの間で結ばれた「極秘の和解契約書」が1月3日に公開される/ジュフリー氏はエプスタインを介して、アン◯リュー王子に性◯為を強制されたとしていた
アンドリュー王子を訴えているバージニア・ジュフリー氏とエプスタインとの間で結ばれた調停資料の公表を命じた。 エプスタインの性被害者バージニア・ジュフリーが2009年にジェフリー・エプスタインと交わし...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました