社会の話題と反応を発信していくネットメディア

45thトランプ大統領:「1/6のフェイク・ニュースの偽りのシナリオの多くを暴露したリボルバー・ニュースにおめでとうと言おう。おかげで米国人は7500万人以上の人を中傷しようとする「1月6日特別調査委員会」の企てを誰も信じなくなった

事件
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」

「1月6日についてのフェイク・ニュースの偽りのシナリオの多くを暴露した、ダレン・ビーティーとリボルバー・ニュースにおめでとうと言おう。

ダレンの仕事と他の人たちのおかげで、アメリカ人は7500万人(以上!)のアメリカ人を中傷しようとするアンセレクト委員会(1月6日の特別調査委員会)の企てを信じなくなった。”Fedsurrection “という新しい言葉がトレンドになったほどだ。

スポンサーリンク

1月6日の国会暴動 / Revolver News

2022年1月5日

1月6日、政権のメディアと共和党の多くでさえ、すぐにキャピトル暴動を「武装暴動」、民主主義への攻撃、真珠湾攻撃や南北戦争以来共和国にとって最悪の日であると宣言した。

リボルバーは何カ月も前から、アメリカの他の何百もの報道機関が腐敗しすぎているか、臆病すぎて自分ではできないような調査をしてきた。テープを見、起訴状を読み、報道を分析し、物語に風穴を開けてきたのだ。

最も注目すべきは、リボルバーの報道が、1/6に連邦政府の要素そのものが予見し、積極的に扇動した証拠に焦点を当て、1/6に関する国家全体の物語を変えたことである。この暗黒の事実が、政権中枢のメディアからヒステリックな非難を浴びせることになった。

政権は1月6日の偽りのシナリオを利用して、トランプ支持者、そして政権に批判的な人物をあえて国内テロリストとしてレッテル貼りしようとしている。
スポンサーリンク

1/6事件の嫌疑不十分な共謀者は、連邦政府の予見に関する不穏な問題を提起する

私たちが発見したのは、選択的不起訴という驚くべきケースだ。些細な行為に重大な容疑がかけられ、もっとひどい行為に及んだ上級のメンバーはまったく起訴されないというものだ。

連邦政府による “オース・キーパーズ “のスチュワート・ローズの保護は、国会 “暴動 “の全部の嘘を打ち破った。

民兵組織「オース・キーパーズ」の創設者でありリーダーであるスチュワート・ローズである。ローズの経歴や、起訴されたオースキーパーズの告発文書にローズが何度も登場することから、リボルバーは、ローズが選択的不起訴の最も驚くべき例であることを明らかにした。

連邦政府はスチュワート・ローズ氏を守っている。その理由を知りたい。もし、1月6日に関連した最大の厄介者である民兵組織の創設者兼リーダー自身が連邦捜査官あるいは情報提供者であることが判明すれば、1月6日の公式シナリオは破壊され、アメリカ史上最大のスキャンダルの1つとなるであろう。

スポンサーリンク

スチュワート・ローズを無視した1月6日委員会の決定は、彼らの調査全体の仮面を剥いだに等しい

この画期的な記事は、政治化された偽りの1月6日委員会の中で、スチュワート・ローズに関する広範な報道を継続するものである。委員会がスチュワート・ローズに対して意図的かつ故意に関心を示さないことを指摘し、ベニー・トンプソン委員長の過去の問題点を明らかにするものである。

この記事が出版されて以来、おそらくこの記事による圧力によって、委員会はローズ氏に対する召喚状を発行している。この記事で提示された疑問は、これまでと同様、不利で差し迫ったものであることに変わりはない。

議会民主党とメディアは、トランプとその側近が1月6日を計画したという見せかけの告発を続けたいのだ。しかし、この調査をあまりに押し進めると、トランプとその友人の側には何も悪意がないことが露呈する危険がある。

スポンサーリンク


そして、もしFBIがブラウン氏を国会議事堂の敷地に立つという些細な違反で起訴する気があるなら、オースキーパーズの創設者でリーダーのスチュワート・ローズを起訴しない彼らの言い訳は何だろうか?彼はいくつかの写真で、自ら制限区域内に立っているように見えるのだが…。

司法省は、スチュワート・ローズが午後1時38分に始まる一連の暗号化された信号メッセージを通じて、1/6にリアルタイムで暴力を使用するという帰属計画を実質的に組織し、活性化したと主張している。

スチュワートローズが*現在*刑◯所にいない唯一の理由は、司◯省による保護の意図的な決定によるものだ。
スポンサーリンク

レイ・エップスとは何者なのか?

レイ・エップスは、1月6日の証拠映像の山の中で、「議事堂に入る」という作戦を明確に呼びかけた唯一の人物である。この爆弾発言は、エップスがこの奇妙なミッションのために他人を勧誘し、1月6日に彼の意図を追認している広範なビデオ映像を示している。エップスが議事堂の最初の侵入地点で他の人の耳にささやくのが見える。最初の決定的な侵入をする2秒前に。

1月6日の数千人の抗議者全員と、その運命の日から公開された数千時間の映像の中で、レイ・エップスはおそらく、事前に計画された攻撃を計画した人物であることが判明した。

1月5日と1月6日の両方で、エップスは複数の場所で、米国議会議事堂を破る彼の次の計画を何度も発表しました。それから彼は何百人もの他の人を彼に参加させるために何百人も募集しようと何時間も費やした。それに加えて、エップスは主要人物を率いて、国会議事堂の最初の違反の主要な側面を管理していた

1月5日にエップスは繰り返し「国会議事堂に入れ」という呼びかけを繰り返した。

エップスは、内部の他の人々を羊飼いにするという彼の表明された使命を遂行した。エップスが午後12時50分に国会議事堂のバリケードに入っている時、トランプはまだラリースピーチが20分も残っていた。

リボルバーがローズに関する衝撃的なレポートを発表した翌日、FBIは公開されている「指名手配」データベースからエップスの名前と顔を消したことに注目しています。現在、FBIはエップスという人物を知らないと主張している。
スポンサーリンク

エップスは現在も起訴されず、未捜査のままだ

不思議なことに、1月6日委員会は、エップスが最初の議事堂侵入の主要な実行者であるように見えるにもかかわらず、FBIと同様にこの人物にほとんど関心を示していない。

トランプ集会の参加者が到着する前に、議事堂付近のフェンスを計画的に撤去した多彩な人物たちに出会うことができる。

決定的な瞬間に群衆に「前進」し「議事堂を埋め尽くす」よう促した人物に出会える。また、フェンスを切った人物は、前日、司法省の外で爆発物と銃器を満載したバンに乗っていたため、警察当局に逮捕された人物だ。

不思議なのは、このレポートに登場するすべての人物が、エップスやスチュワート・ローズのように、未起訴であることです。実に不思議なことだ。(revolvernews抜粋)

The Essential Revolver News January 6 Reading List - Revolver
Keep informed with Revolver News investigative reporting on Jan 6. It's the perfect antidote to saccharine Regime propaganda.
スポンサーリンク

参考記事

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

参考記事

トランプ前大統領の永久追放から1周年となる日、TwitterユーザーはBigTechプラットフォームにオレンジ色の絵文字を溢れさせた🍊
トランプ前大統領の永久追放から1周年となる日、TwitterユーザーはBigTechプラットフォームにオレンジ色の絵文字を溢れさせた。 トランプ大統領の凍結から1年、ツイッターにオレンジの絵文字が殺到 "オレンジ......トランプ...続きを読む
NHK大阪「BS1スペ」で謝罪 「字幕一部に不確かな内容」 五輪反対デモで金銭授受/ネットの声「本当にデモ参加でお金をもらっていたのであれば、真実を追ってほしい」「証言が虚偽であれば、重大な「捏造・虚偽放送」で、会長の辞任は必須」
NHK大阪「BS1スペ」で謝罪 「字幕一部に不確かな内容」 五輪反対デモで金銭授受 1/9(日) NHK大阪は9日、大阪の同局で会見を開き、昨年12月26日に放送されたBS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」後編の字幕の一部に...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました