社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【動画あり】カナダの狂気:オタワでは10日間、クラクションを鳴らすことが違法になるという判決が出る。警察はトラックコンボイとは無関係の「事故を避けるためにクラクションを鳴らした老人」を逮捕した/「恥を知れ」の声が飛ぶ

コロナ

速報:オンタリオ州判事がオタワのダウンタウンでのクラクション防止のための差し止め命令を認める

2022年2月8日

10日間の差止命令により、オタワのダウンタウンに駐車しているトラック運転手がクラクションを鳴らすことができなくなる。

この決定は、オンタリオ州最高裁判所の判事によって下された。

差し止め命令は、月曜日の迅速な判決を下すのに十分な証拠が提示されたものの、より多くの証拠を聞く必要がある。

グローバルニュースによると、オタワの住民を代表する弁護士が、トラック運転手が「大音量で長時間鳴らし続ける」ことで住民に害を与えているとして集団訴訟を起こしている。

この訴訟の関係者3人の代理人を務める弁護士は、この判決は国家的な重要性を持つだろうと発言していた。

本日未明、オタワセンターのヤシール・ナクヴィ議員は、抗議者たちは平和的でなく、不法であり、クラクションで市民を苦しめている人種差別主義者であると訴えた。

“私のコミュニティのメンバーは、肌の色のために嫌がらせを受けている。”と彼は言った。「マスクをしていると怒鳴られ、傷つけるような人種差別的なシンボルをつけられ、拷問のようなクラクションを鳴らされ、暴行を受けたという話もある」と述べた。

オタワのダウンタウンにいるトラック運転手たちは、クラクションを鳴らして応えた。

BREAKING: Ontario judge grants injunction to prevent honking in downtown Ottawa
A ten-day injunction will prevent truckers parked in downtown Ottawa from honking.

オタワでは10日間、クラクションを鳴らすことが違法になるという判決が出た。

トラック運転手たちはこのように対応した。

これがカナダの民主主義

「オタワの最高級警官、クラクションを「鳴らした」老人を逮捕。

警察官のセリフ。”お前みたいなクソには関係ないことだ!”オタワ警察、これが警官のやり方なのか?」

オタワではクラクションを鳴らすことが違法とされ、警察は交通事故を避けるためにクラクションを鳴らした無名の老人を乱暴に逮捕した。国家が脅かされたときの民主主義がここにある。

警察官に、「警官バッジナンバーを教えろ。恥を知れ!」との声の中、老人は警察に連れ去られた。

参考記事

マイク・ポンペオ「ここで自由を失えば、逃げ場はない。ここが地球上の最後の砦だ!」- ロナルド・レーガン大統領
ポンペオ前国務長官 "ここで自由を失えば、逃げ場はない。ここが地球上の最後の砦だ" - ロナルド・レーガン大統領 彼の誕生日である今日、私と一緒に彼の思い出を称えましょう。 ...続きを読む
環境保護の第一人者であるオバマのハワイにある邸宅の防波堤は、本質的に海の自然な流れを妨げ、海岸を消失させる主な原因になっている
楽園にトラブル? ハワイに建設中の数百万ドルの豪邸と、近隣住民がビーチラインを侵食すると懸念する防潮堤を視察するバラク・オバマの不機嫌な表情 工事関係者と話す前大統領の写真は、あまり嬉しそうで...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました