社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ大統領の盟友がアリゾナ州の3つの郡で2020年選挙の認定取り消しの動き/アリゾナ州議員マーク・フィンケムが決議文を提出

政治

リズハリントン氏」

少なくとも74万枚の投票用紙が保管の要件に違◯した 

アリゾナ州の選挙人を取り戻すための決議、マークフィンケムが証拠の山をリストアップしている

早期投票用投票用紙の80%にアリゾナ州法違◯の欠陥がある。

選挙は憲◯に従って実施されていない

投票用紙の封筒が “プレオープン “されている

独立した投◯監視員のいない場所で、投票用紙を移動して数える。

連邦法に違◯して選挙記録が削除され、選挙管理システムのセキュリティログが「意図的に遠隔操作で上書きされた明確な証拠」が存在する。

その住所に住まなくなった有権者からの23,344通の郵便投票券

マリコパ郡から転出した2,382人の有権者

州外に転出した有権者2,081名

対応するファイルがない早期投票255,326票

“よって決議する…合法的な有権者は、選挙管理者と州議会議員が、アリゾナ州議会が犯罪行為として分類した行為によって希釈または堕落することなく、投じられた人々の合法的な投票が尊重されるよう義務を果たすことを期待する。”

トランプ大統領の盟友がアリゾナ州の3つの郡で2020年選挙の認定取り消しの動き

2022年2月7日

共和党でトランプの盟友であるアリゾナ州議員マーク・フィンケムは月曜日、マリコパ郡、ピマ郡、ユマ郡の選挙が “救いようのないほど損なわれた “という “明確かつ説得力のある “証拠に基づいて、これらの郡の選挙を「脇に置いておく」よう求める決議案を提出した。

ピマ郡とパイナル郡の一部を選挙区とするフィンケムは、ドナルド・トランプ前大統領が支持するアリゾナ州長官候補で、選挙当局や裁判所がそうした主張を全面的に否定しているにもかかわらず、アリゾナ州を含む州で不正が広く行われているとの主張を後押ししてきた。

スポンサーリンク


フェニックスがあるマリコパ郡は、共和党率いるアリゾナ州上院が委託した監査で、バイデンの勝利を肯定したものの、”緊急の問題 “を調査するよう州司法長官に照会する事態となり、物議を醸した場所である。

それでもフィンチェム氏は、決議案についての声明の中で、「我々は、プロパガンダを押し付けるメディアが宣伝する『根拠のない主張』というシナリオを否定し、今は国民に具体的な救済を提供する業務に取り掛かっている」と主張した。

アリゾナ州上院のウェンディ・ロジャース議員(共和党)は、フィンチェム氏の決議案の共同提案者であると述べ、同氏の「素晴らしいリーダーシップ」と称賛した。

Trump ally moves to decertify 2020 election in three Arizona counties
Another bid to recall electors in a state won by President Joe Biden in 2020 appears to be going nowhere fast.

参考記事

高市早苗氏「台湾の友情に感謝します」/台湾、福島など5県産食品輸入解禁へ 8日に発表/ネットの声「蔡英文総統が5暴走老人を無視した」「日台の友情は厚い」
高市早苗氏「台湾の友情に感謝します」 台湾、福島など5県産食品輸入解禁へ 8日に発表 2022/2/7 台湾当局は2011年3月の東京電力福島第1原発事故以降...続きを読む
マイク・ポンペオ「ここで自由を失えば、逃げ場はない。ここが地球上の最後の砦だ!」- ロナルド・レーガン大統領
ポンペオ前国務長官 "ここで自由を失えば、逃げ場はない。ここが地球上の最後の砦だ" - ロナルド・レーガン大統領 彼の誕生日である今日、私と一緒に彼の思い出を称えましょう。 ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました