社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【地に堕ちたバイデンのアメリカ】バイデン、「アメリカ人は、今すぐウクライナから退避すべきだ」「われわれは世界最大の軍の一つを相手にしている」(NBCインタビュー)

事件

米大統領「今すぐ退避を」 ウクライナ情勢で警告

2022年02月11日

【ワシントン時事】バイデン米大統領10日、NBCテレビのインタビューで、ロシア軍による武力侵攻への懸念が強まっているウクライナに滞在する米国人に対し、「今すぐ国外退避すべきだ」と警告した。

バイデン氏は「われわれは世界最大の軍の一つを相手にしている」と述べ、ロシアの脅威を強調。「すぐに異常な事態となる恐れがある」と指摘した。一方で、米国人の国外退避のために米軍を派遣する意向はないと明言し、「米国とロシアが撃ち合いを始めれば世界大戦になる」と語った。

米国務省は10日、「ロシアの軍事行動の脅威が高まっている」として、ウクライナへの「渡航中止」を1月に続き改めて勧告した。ウクライナ滞在中の米国人に対し、民間機を利用するなどして直ちに国外退避するよう求め、警戒を促している。(時事通信)

米大統領「今すぐ退避を」 ウクライナ情勢で警告:時事ドットコム
【ワシントン時事】バイデン米大統領は10日、NBCテレビのインタビューで、ロシア軍による武力侵攻への懸念が強まっているウクライナに滞在する米国人に対し、「今すぐ国外退避すべきだ」と警告した。

バイデン氏は、プーチンがウクライナに侵攻した場合、アメリカ人に危害を加えないようにプーチンに言っていないと言っています。

バイデン「私は、もし彼が十分に賢く、アメリカ市民に悪影響を与えるようなことはしないだろうと期待しているんだ」

「彼にそう伝えたのか?」

バイデン「Yes」「私が言うまでもなく、彼はそれを知っている」

バイデン「私がアメリカ国民にお願いしたことだ。今すぐ去るべきだ。私たちは世界最大の軍隊の1つを相手にしている。非常に異なった状況であり、物事が急速に狂っていく可能性がある」

参考記事

【45thトランプ大統領】ナンシー・ペロシは、1月6日時点で国会議事堂の警備担当だ。私の勧めを拒否せず、兵士や州兵を送り込んで入れば、1月6日の事件はなかったはずだ!
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 【1月6日の暴動について、トランプが多くの責任を負っていると言うアメリカ人は少なくなった】 「しかし、私が強く勧めたように、ナンシー・ペロシが...続きを読む
NEW!【衰退の一途】CNNは今やアメリカ人の8%しか見ていない/有権者の58%が、トランプ前大統領の「メディアはまさに国民の敵だ」という発言に同意
ネットワークの衰退が続く中、アメリカ人のわずか8%が毎日CNNを視聴しています CNNを毎日見るアメリカ人はわずか8%、ネットワークの衰退は続く 2022年2月9日 ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました