社会の話題と反応を発信していくネットメディア

日本維新の会の岬麻紀衆院議員に経歴詐称の疑い/ネットの声「これは一発アウト」「応援していた吉村氏は説明を」

政治

維新・岬氏が経歴詐称と刑事告発

2022/5/6

日本維新の会の岬麻紀衆院議員が、落選した2019年参院選の選挙公報に記載した「亜細亜大非常勤講師」の肩書が虚偽の疑いがあるとして、東京都の男性が6日までに、公選法違反の疑いで名古屋地検に告発状を提出した。

維新・岬氏が経歴詐称と刑事告発 | 共同通信
日本維新の会の岬麻紀衆院議員が、落選した2019年参院選の選挙公報に記載した「亜細亜大非常勤講師」の...

日本維新の会の岬麻紀衆院議員に経歴詐称の疑い 刑事告発で名古屋市の河村市長「情けない」〈dot.〉

5/6(金)

「また、大変な難題を抱えることになったな」とAERA dot.の記者の取材に、表情をゆがめたのは名古屋市の河村たかし市長。というのも、2019年7月の参院選で、河村氏が代表を務める地域政党の減税日本と日本維新の会が公認した岬麻紀氏(現衆院議員)が、そのときの選挙公報に、虚偽の経歴を記した公職選挙法違反の疑いがあるとして、東京都の男性から名古屋地検に刑事告発されたのだ。

告発状の日付は5月1日。内容は、岬氏は19年7月の参院選で愛知選挙区から出馬し、公示後に愛知県選挙管理委員会が配布した選挙公報に、「プロフィール」として「亜細亜大学非常勤講師」との経歴を掲載させたが、同大学で非常勤講師を務めたことはなく、当選を得ようと虚偽の経歴を掲載した、というもの。

岬氏は、19年の参院選では落選したが、昨年10月の衆院選では、日本維新の会の公認で愛知5区から出馬し、比例復活当選した。この時の選挙公報には、非常勤講師の経歴はなかった。

選挙公報は、国政や都道府県知事の選挙の際に、自治体の選管が発行し、有権者に配布されることが公職選挙法によって定められている。候補者の氏名や所属政党、経歴などが掲載されている。

19年の参院選で、愛知県選管が発行した選挙公報の岬氏の「プロフィール欄」には、生年月日や出身地などの後に、会社代表やフリーアナウンサー、亜細亜大学非常勤講師といった経歴が書かれている。このとき、減税日本の愛知県支部長も務めていた。(aera)

ネットの声

疑いではなく詐称?何から何までデタラメ。これが維新。

岬本人は辞任すべきだが維新の責任はどうなるんだろう?

わたしは岬まきさんを全力で応援します!と、文字どおり全力で応援してた吉村さんは説明責任を果たすべきでしょう。

不祥事のオンパレード。何より岬さん本人からのきちんとした説明を求めます。

無茶苦茶やな。本当ひどい。

経歴詐称とか国籍詐称とかは、一発で議席剥奪にしてほしいですね。

中条きよしさん、嘘のない政治をと言っておきながら、こんな政党から出馬するんですか?

参考記事

橋下徹氏が「大阪維新の会」法律顧問契約を3月末で解消/ネットの声「関係はあったってこと?」
橋下徹氏が「大阪維新の会」法律顧問契約を3月末で解消 橋下徹氏が「大阪維新の会」法律顧問契約を3月末で解消 地域政党・大阪維新の会を創設した橋下徹・元大阪市長が、党との法律...続きを読む
【動画あり】ビルゲイツ「コロナは致死率が低く、死亡するのは主に高齢者であり、インフルエンザと同じようなものだ」
ビルゲイツ「COVIDは致死率が低く、インフルエンザのようだ」 今ゲイツのためにキャンセルされたものが、今はオープンに言っています。 "COVIDは致死率が低く、インフルエンザのように高齢者に...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました