社会の話題と反応を発信していくネットメディア

サキの後任ジャン・ピエールが報道官として悲惨なデビューをした後、国防総省のジョン・カービーがホワイトハウスを支援するために引き抜かれる。今後広報としても登壇

政治

ジャンピエールの報道官デビューの後、ホワイトハウスを助けるために国防総省のスポークスマン、ジョン・カービーが引き抜かれた。

2022年5月21日17:15に公開

ペンタゴンのジョン・カービー報道官は、ジェン・プサキ報道官の後任としてカリーヌ・ジャン=ピエール報道官が今週デビューした後、ホワイトハウスに呼び寄せられ、コミュニケーションを支援することになった。

バイデン政権は、報道機関へのリークを受け、金曜日の夜に発表した。カービー氏は元少将で、以前はオバマ大統領の国務省と国防総省の報道官を務めていた。

カービー氏はジャン・ピエール氏の後任ではないが(少なくとも今は)、バイデン政権の声明は、彼が時折ホワイトハウスの演壇に登場することを明らかにしている。

バイデンの声明

「ジョン・カービー氏は、この役職にふさわしい人物であり、彼の経歴、知識、経験をホワイトハウスにもたらすことを期待している。国務省での次官補および報道官としての仕事から、ペンタゴンでの仕事、最近では広報担当次官補および報道官として、ジョンは米国の外交・防衛政策の複雑さを理解しており、重要な国家安全保障問題に関して政権を適切に代表してくれるだろう」と述べた。

カービー氏は、米国の政策を説明するための省庁間の取り組みを調整し、ホワイトハウスの演壇を含め、関連事項に関して政権幹部の発言力を発揮することになる。この役職はNSCに置かれ、国家安全保障アドバイザーの直属となる。

カービーは1986年9月に米海軍に入隊し、28年以上軍服を着用し、2015年に少将の階級で退役しました。1985年に南フロリダ大学を卒業し、トロイ州立大学で国際関係学の理学修士号、海軍大学校で国家安全保障・戦略研究の修士号を取得している。

Pentagon Spox John Kirby Brought Over to Help White House After Karine Jean-Pierre's Disastrous Debut as Press Secretary
Pentagon spokesman John Kirby has been brought over to the White House to help with communications after the disastrous debut this week of Karine Jean-Pierre ta...続きを読む

参考記事

ジャンピエール報道官「私は黒人で、同性愛者で、移民の女性だ。この3つ全てでこの役職に就くのは初めてだ」/ネット「なぜそれを言うの?能力で選ばれたんだろ?」
ジャンピエール米大統領報道官、初の記者会見 2022年5月17日 7:04 ジャンピエール米大統領報道官が16日、ホワイトハウスで就任後初の定例記者会見を開いた。ジャンピエール氏は「私は黒人で、同...続きを読む
これは奇妙だ。グローバリスト集団が半年前にサル痘発生を予言/2022年5月15日サル痘大発生→翌年5月10日 4.8億人感染(thegatewaypundit)
これは奇妙だ。グローバリスト集団NTIが2021年11月の報告書でサル痘発生の可能性を予言 2022年5月21日 これは変だ。確率はどうなんだ? 2021年11月、NTI.orgはミュン...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました