社会の話題と反応を発信していくネットメディア

NEW!サル痘、テドロス23日「緊急事態」宣言検討/ファウチはサル痘が流行する前から研究所に資金援助/バイデンは既に製薬会社にワクチン発注/ネット「なるほど」

サル痘

WHO、サル痘が健康上の緊急事態にあたるかどうか判断へ

ロンドン 14日 ロイター] – 世界保健機関(WHO)は来週木曜日に緊急委員会を開き、サル痘の流行が国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態に該当するかどうかを評価する。

これは国連機関が出す警告の最高レベルであり、現在はCOVID-19の大流行とポリオにのみ適用されている。

WHOによると、今年に入ってから、通常ウイルスが蔓延している国を含む39カ国で1,600件の猿痘の確認例と1,500件の疑い例があり、72人が死亡しています。

サル痘はアフリカの一部で流行しているが、ここ数カ月はアフリカ諸国と世界の他の地域の両方で感染者が増えている。このウイルスは、インフルエンザのような症状や皮膚病変を引き起こし、密接な接触によって広がります。

WHOによると、このウイルスは3〜6%の確率で死に至ると考えられていますが、アフリカ以外の地域ではまだ死亡例は報告されていません。今年はコンゴ民主共和国での死者が大半を占めています。(reuters)

バイデン政権がサル痘ワクチンをまた大量発注

2022年6月11日

バイデン政権は8日、米国内で数十人のサル痘患者が出たとの報告を受け、サル痘を予防するワクチン50万回分を発注したと発表した。

AP通信によれば、保健当局は、この病気の蔓延に対処するための措置がとられたことを市民に示すためにワクチンを注文したという。ワクチン「ジンネオス」は、バイオテクノロジー企業のバイエルン・ノルディック社が製造している。

「我々は、対応するために必要なワクチンと治療法を持っている」と、政府の緊急治療とワクチンの供給を監督する米国保健当局のドーン・オコネルは発言した。

2003年以来、バイエルン・ノルディック社は米国政府と協力して、約3000万回分の天然痘ワクチンの開発と配布を支援してきた。同社は5月にも、欧州の不特定の国がサル痘のワクチンを入手すると発表したと、フォーチュン誌は報じている。(dailywire)

ファウチ最近、1,000万ドルのサル痘助成金。

サル痘が世界的に流行する少し前から、ファウチ氏の所属する国立衛生研究所はサル痘の治療法を特定するための研究に資金援助を行っていた。

ファウチの所属する国立アレルギー感染症研究所(NIAID)は、以前にも武漢ウイルス研究所でのコウモリコロナウイルス研究への資金提供で批判を浴びたことがあり、多くの公衆衛生専門家や情報当局がCOVID-19の発生源と見ている。

NIAIDはまた、サル痘の治療法の可能性を探る研究にも資金を提供しており、このウイルス病が世界的に流行し始める少し前だった。NIAIDの助成金の不思議なタイミングは、ファイザーやジョンソン・アンド・ジョンソンなどの製薬大手がCOVID-19の大流行で記録的な利益を上げているさなかにあることだ。

参考記事

イーロン・マスク氏「国の片側半分(左派)に偏っているプラットフォーム(青い鳥)は、排他的で公正とは言えない」
「FBI、私はパイプ爆弾で脅かされています。これを調べていただけますか?」 過激派左翼が私を国内テロリストの過激派として非難した後、私は現在、約12件の殺害予告を受け取っています。ツ...続きを読む
トランプ大統領「元司法長官ビル・バーは、不正を追及する勇気も気迫もなかった。根性なし!」/バーが映画「2000Mules(工作員)」は間違っていると述べたことに
リズ・ハリントン氏「ビル・バーは完全に腐敗している(Truth Social)」 ビル・バーは2000Mulesについて意図的に誤った情報を流している。 あなたは、5つの投函箱(夜中!)に行かなけ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました