社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ビル・クリントンの最高顧問「2024年、トランプ大統領はやすやすとホワイトハウスに入る」/共和党に敵なしで予備選はない。対民主党は不正さえなければ確実に勝つ

政治

ディック・モリスが解説する「24年、トランプが朝飯前にホワイトハウスに入る」

2月17日

ビル・クリントン大統領(当時)の最高顧問の一人は、2024年の大統領選は基本的にすべて決まっていると考えている。

ディック・モリスは日曜日に行われたニュースマックスTVの番組「ウェイクアップ・アメリカ」のインタビューで、ドナルド・トランプ前大統領が再びホワイトハウスを勝ち取るだけでなく、2024年の共和党指名候補として誰も挑戦せずにそうなるだろうと予測した。

「彼は出馬するのは確実であり、共和党の指名を受けるのも確実だと思います」とモリスは言った。「出馬は確実だし、共和党の指名も確実だと思う。予備選はないだろう」。

「デサンティスや他の候補者になびいている人もいるが、この選挙に勝てるのはトランプだけだ」

さらに彼は、トランプが他の共和党の挑戦者候補よりも有利なだけでなく、現在の民主党政権を打ち負かすために、いかに彼がユニークな立場にあるかということを説明している。

まず第一にトランプだけが「私はやった」と言える。インフレを抑えるとか、ガソリン価格を抑えるとか、国境を封鎖するとか、そういうことができるか?と言えるのはトランプだけだ。「つまり、彼は、現職と挑戦者のハイブリッドなのです。

第二に、他の候補者にはないヒスパニック票や高学歴の白人票へのアクセスを持ち、それが彼に大きな力を与えている。だから、トランプしか勝てないと思うが、デサンティスが出馬しないことを気にする必要はない」とモリスは付け加えた。

2016年にトランプに助言し、2020年にも助言したモリスは、トランプが再び勝利する方法を示した新著に言及した

私たちは不正投票の可能性を大きく残してしまった。そして、共和党に投票できる献身的な有権者をすべて獲得するために、狂ったように急ぎました。16年よりも1100万人多く獲得した。しかし、民主党はただ座ってカウチポテトを手に入れただけだ」と続けました。

なお、50州すべてが選挙結果を認定し、どの州も広範な不正投票を発見していないことに留意する必要がある。

「彼らは投票箱と紙の投票用紙を持ってドアに向かって行った。ピザの配達員は皆、宅配ビートは注文しに行くと言うだろうし、我々は24年に宅配をするつもりだ。投票用紙を取りに行くのではなく、一軒、一軒、投票用紙を持って行くのです」とモリスは続けた。

Just a moment...

リチャード・サミュエル・モリス:(Richard Samuel Morris、1948年11月28日生まれ)は、アメリカの政治作家、コメンテーターで、以前は世論調査員、政治キャンペーンコンサルタント、総合政治コンサルタントとして働いていた。1978年の出馬以来、アーカンソー州知事時代のビル・クリントンの友人でありアドバイザーであった。

Dick Morris - Wikipedia

参考記事

動画/半旗「月曜まで引っ張ったのは政権中枢に抵抗する人がいた。事の軽重や優先順位がわからない人が岸田政権にいる」(文化人HK)/ネット「やはりこの政権はダメ」
米国やインドに遅れた半旗掲揚、亡くなったのが金曜夕だったので「翌営業日から」(7/12) 7月11日 政府は11日、安倍晋三・元首相の死亡を受け、首相官邸や防衛省などの政府庁舎で弔意を示す半旗を掲揚...続きを読む
安倍総理が、中川昭一氏の葬儀で読んだ弔辞「拉致問題も憲法改正も全力投球でしたね。まだまだ国家のために一緒に闘ってほしかった。私達はあなたを必要としていました」
中川昭一氏の葬儀で安倍元総理が読んだ弔辞を掲載します。 ご承知のように、中川昭一氏は保守中の保守と言われ、安倍元総理や麻生太郎氏から尊敬された人物で、盟友でもありました。 中川昭一氏は、200...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました