社会の話題と反応を発信していくネットメディア

テドロス、サル痘の緊急事態宣言を独断発出/テドロスは緊急宣言に反対した顧問委員会(反対9、賛成6)の決定却下。投票は非公式だ/ネット「じゃなぜ投票させた!」

サル痘

欧米で急拡大のサル痘感染、98.8%が男性 7割超が18~44歳

世界保健機関(WHO)は23日、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。現在の流行は欧米が中心だが、日本でも海外からの観光客の受け入れが増えている。国内で感染者が出ることを想定した備えが重要になる。

英国で1人の感染が報告された5月7日以降、WHOへのサル痘感染者の報告が止まらない。5月26日時点では、サル痘が流行していない23カ国で257人の感染者が確認され、そこからわずか3週間後の6月15日には2103人の感染者となった。

WHOが約1万人の患者を分析したところ、98・8%は男性で、とくに18~44歳の男性が症例の77%を占める。今回の感染者の多くは男性との性的接触のある男性という。

症状としては、発疹や発熱などがあるが、ほとんどの人は軽症だ。だが、濃厚な接触をすれば誰にでも感染する可能性はあり、WHOは「幼児や妊婦には重篤な病気を引き起こす可能性がある」と注意を呼びかける。

WHOテドロス、サル痘の緊急事態宣言発出

WHOのテドロス氏:”世界的なサル痘の発生は、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を意味すると判断した。”

MORE – テドロス事務局長とWHO指導部は、サル痘宣言に反対票を投じた顧問団(反対9名、賛成6名)の決定を却下。

テドロス氏は、この識者の投票はあくまで非公式なものであると付け加えた。最終的な決定を下すのは識者ではなく、彼である。

ネットの声

次の茶番はサルだとよ。

独断で決められるならなぜ投票させたんだ!

パネルの発言を拒否し1人で決めるとしたら、パネルを持つことの意味は何でしょうか。

アメリカはWHOから脱退すべきだ!

この男になぜ世界の保健衛生を任せてるんだ!

こんな独裁政権に付き合ってられん!

今後、委員会から誰を外すかを確認するために投票させたんだろ。

ほとんどが軽症で緊急事態だとよ。

WHOは民主主義ではないということだけはわかった。

参考記事

ハンター・バイデン:有権者の7割は、バイデンが外国との取引で利益を得ていたと考えている/バイデンは「ハンターの海外取引」への関与を否定も、有権者は信用していない
ハンター・バイデン:ほとんどの有権者は、彼の父親が外国との取引で利益を得ていたと考えている ジョー・バイデンは息子ハンターの海外取引への関与を否定しているが、ほとんどの有権者...続きを読む
岸田氏、脱炭素へ担当相新設を表明「脱炭素に向けた前例のない仕組みを用意したい」/ネット「ダメだこりゃ」「欧州とか、もう気づき始めてるのにまだやる気?」
岸田首相、脱炭素へ担当相新設を表明 経団連、原発再稼働・新増設を提言 岸田文雄首相は22日、長野県軽井沢町で開かれていた経団連の夏季フォーラムで講演し、脱炭素化を加速するため担当相の新設を表...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました