社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ顧問がFBIに「悪い知らせ」を打ち明ける。彼らが所持していた「機密文書」はすでに機密解除されていた

政治

これはFBIにとって恥ずべきことである。

トランプ顧問がFBIに「悪い知らせ」を打ち明ける。彼らが所持していた「機密文書」はすでに機密解除されていた

2022年8月12日

元国家安全保障担当のカシュ・パテルが、FBIに「悪い知らせ」を打ち明けた。マー・ア・ラゴから押収した「機密文書」は、すでに機密解除されていたのだ。

「国家安全保障と刑事事件とは区別される」とパテルはフォックス・ニュースのインタビューで語った。”今回は、公的な報告や司法長官の行動から、国家安全保障の調査に従って行われているようです。” “それは、刑事部門から、私が以前働いていた国家安全保障部門に入ることになります。”

“そして、今、公開されつつある領収書は、物事の曖昧な説明を示しています。” “政府は、おそらく、この物の一部は機密であると言って来るでしょうが、ドナルド・トランプが、大統領として、複数回に渡り、徹底的に機密解除の命令を出した

” パテルさんは、こう言っています。”ですから、これは我々が注視すべき区別であり、政府、司法省は何が起こったのか我々に説明する義務があります。”

「ああ、だから通常のプロセスで、私は副官だったんだ、複数回あるけど、国家情報副長官を務めていたと思う」とパテルは答えた。「下級職の通常の指揮系統で機密解除をする必要があれば、手続き上、厳密なプロセスを踏まなければならないでしょう。しかし、米国大統領は、今も昔も、分類と機密解除の究極の一方的な権限を持っているのです。大統領が機密指定を解除すると言えば、それで終わりです。そしてそれは機密解除されるのです」。

「政権末期の12月と1月に、本来なら公開されるべき文書をすべて機密解除したのです。今、GSA(政府サービス管理局)は、誤っていくつかの箱を梱包し、マー・ア・ラゴに移動させたと発表しました”

「それは大統領の責任ではなく、国立公文書館が資料を整理することだ」と彼は付け加えた。「意図的に告発することは出来ません。例えそれが機密であったとしてもです。しかし、ヒラリー・クリントンの事件の様に、この様な大掛かりな命令は、意図的である可能性は極めて低く、大統領が自分で梱包して持ち出した訳ではないので、その責任を果たすことは出来ないでしょう。”

“政府は、自分たちがやったことで、ミスをしたと言っている “と彼は付け加えた。「そして、それで本当に終わりにすべきだったのです。せいぜい「これだけ必要だから、残りは後で」と言われるような、友好的な召喚状であるべきだったのです。つまり、オバマ大統領とクリントン大統領は、今でも自宅に機密資料を保有していますが、ナショナル・アーカイブによると今日まで公開していないのです。”(beckernews)抜粋

Trump Adviser Breaks the 'Bad News' to the FBI: The 'Classified Docs' in Their Possession Were Already Declassified
Former national security official Kash Patel broke the ‘bad news’ to the FBI: The ‘classified’ documents it seized from Mar-A-Lago were already declassified. Wa...続きを読む

参考記事

13歳少年が接種後死亡/両親「ワクチンしか考えられない」病院「因果関係否定できず」→厚労省『評価不能』/ネット「厚労省はこれもデマと?」「某大臣何か言ったら?」
8月26日追記 C ワクチン接種数時間後に急死 「息子は浴槽に沈んでいた…」国の結論はまたも“評価不能” 8/25(木) 新型コロナワクチンを接種したその日に息を引き取った13歳の少年。...続きを読む
ポソビック氏が令状入手:ガーランドはトランプ大統領が任命から退任までの、任期4年の間の文字通りあらゆる記録の押収を要求、罪になるようなものを「探そうと」していた
HUMAN EVENTS独占公開:マー・ア・ラ ジャック・ポソビック氏が令状と財産受領書をスクープ。それによれば、ガーランド司法長官は、トランプ大統領が任命されてから退任するまでの、任期4年の間に見...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました