社会の話題と反応を発信していくネットメディア

フロリダ州医師会、18-39歳の男性に接種による心臓関連死が84%増加することを発見。若い男性に接種の自粛を勧める/デンマークとスウェーデンは、若年層の接種中止

covid19(コロナ)

速報:フロリダ州医師会、18-39歳の男性に接種による心臓関連死が84%増加することを発見

 若い男性に接種の自粛を勧める

2022年10月7日

フロリダ州の外科医が金曜日に衝撃的な報告書を発表した。ジョセフ・ラダポ博士によると接種後28日以内に18-39歳の男性で心臓関連の死亡率が84%増加したとのことです。これは大変な数字だ。

Ladapo博士は、18歳から39歳までの若い男性に接種を控えるよう勧告した。

これは衝撃的な研究です。

デンマークとスウェーデンは最近、若年層へのワクチンの接種を中止した。

本日、州外科医長ジョセフ・A・ラダポ博士は、新たなガイダンスを発表した。フロリダ州保健局(Department of Health)は、もともと安全性を評価するために開発された手法である自己管理ケースシリーズによる分析を行った。

この解析では、接種後28日以内に、18~39歳の男性で心臓関連の死亡の相対的発生率が84%増加することがわかった。免疫力が高いため,この年齢層の男性におけるこの異常に高い心臓関連死のリスクは,接種の利益を上回ると思われる。

そのため、州軍医長は18歳から39歳の男性接種を行わないよう勧告している。

https://www.thegatewaypundit.com/2022/10/breaking-big-fl-surgeon-general-finds-84-increase-cardiac-related-death-males-18-39-following-mrna-vaccine-recommends-young-males-refrain-receiving-covid-vaccine/

フロリダ州外科医長ジョセフ・A・ラダポ博士

本日、私たちは、一般市民が注意すべき💉に関する分析結果を発表しました。この分析では、18~39歳の男性において、心臓関連の死亡リスクが増加することが示されました。フロリダは真実を知って黙ってはいません。

参考記事

【動画あり】ファウチ、イベルメクチンはコロナに有害と発言し炎上。有効性はCDCが認めている/ファウチの資産2年で7億円増/ネット「まだ儲けたいの?」
ファウチ「イベルメクチンなど役に立たない」 コルベアが「イベルメクチンは何か役に立ったか」と尋ねた。 ファウチは「いいえ」と即答した。 「人間は服用するが、この目的では服用しないのか?」...続きを読む
太陽光パネル、寿命で2億枚が大量廃棄も(日経)/アメリカでは、リサイクルできない太陽光パネルが埋立廃棄。鉛、カドミウムの有毒物質で地下水汚染/ネット「小池!!」
太陽光パネル、2億枚の「終活」 寿命20年で大量廃棄も 太陽光パネルの「終活」を始めるときが来ている。この10年で国内の太陽光発電は急拡大し、設置済みのパネルは推定2億枚に上る。パネルの寿命...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました