社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ネバダ上院選、共和党ラクソルト陣営が「再集計を求める準備」(dailymail)/票差は6,500。0.6P差(98%)/州法には敗者が再集計を求める権利がある

政治

共和党のアダム・ラクソルトは、ネバダ州の上院議員選挙で「再集計を求める準備をしている」と情報筋が語っている。

ラクソルトはクラーク郡の票数集計に疑問を呈することも考えている、とDailyMail.comの情報筋は述べている。

2022年11月11日

ネバダ州の共和党上院議員候補者アダム・ラクソルト氏は、現職の民主党上院議員キャサリン・コルテス・マスト氏とのレースに、州全体の再集計を求めることを検討していると、DailyMail.comは伝えている。

「今、州全体の再集計を求めるかどうか、内部で議論されている」とその人物は言った。そしてそれは明らかに資金調達を伴うので…彼らは資金調達者を特定する作業を行っている』と述べた。

ラクサルトの選挙キャンペーン内の主な不和は、全米の広範な共和党のシナリオの中で繰り広げられているものと同じだと言われている–上院少数党党首のミッチ・マコーネルなどが率いる体制派と、ドナルド・トランプ前大統領との間だ。

この人物は、トランプ氏推薦のジョー・ロンバード氏が民主党のスティーブ・シソラック知事を惨敗させているネバダ州知事選を、前大統領の方向性が正しいと考える理由として挙げている。

DailyMail.comの情報源は、『マコーネル関係者』がネバダ州で最も人口の多いクラーク郡の票数に疑念を抱かせないようにラクソルトを誘導しようとしていたとも主張している。

ラクソルト氏は以前、2020年の大統領選でトランプ氏が敗れた際、ネバダ州の選挙人数に疑問を呈したことがあった。(dailymail)

(fox)

ネバダ州の上院選は、再集計に入る可能性があるのか?

ネバダ州には自動再集計法はないが、全票集計後に敗者候補が再集計を要求することは可能だ。ネバダ州の選挙スケジュールでは、敗れた候補者は正式な投票日の3日後に再集計を要求しなければならないことになっている。今年は、再集計を要求できる最後の日が11月25日だ。州法では、再集計の要求を始めてから5日以内に開始し、選挙管理者はさらに5日以内に完了させることが義務付けられている。(FoxNews)

参考記事

戦後最大「超過死亡」コロナ以外5万人超/「厚労省未接種問題」指摘した教授「接種回数と超過死亡に極めて強い相関」/ネット「国はなぜ調べない?」「言い訳できん数字」
戦後最大「超過死亡」の謎…ワクチン接種との関係はあるのか?【コロナワクチン接種後死亡を追う】 11/11(金) 新型コロナ感染症のパンデミックをめぐる謎の一つに「超過死亡」がある。超過死亡とは...続きを読む
BLMデモのリーダーが募金活動に関する詐欺で起訴/「BristBLM」というデモの運営に関するクラウドファンディングついて、寄付金が行方不明で警察が調査していた
BLMデモのリーダーは、エドワード・コルストン像の倒壊の募金活動に関する詐欺で起訴された。 エドワード・コルストン像を倒したデモの運営に携わった主催者が、抗議運動に関連する資...続きを読む
「巨乳」トランスジェンダー男性教師の大きな偽乳を教育委員会が許可/「従業員が生きている性別に従って自己表現できるようにすることが重要」/ネットは怒りと呆れ
オンタリオ州教育委員会、"巨乳 "生物学的男性教師がフェティッシュな小道具を身につけて通学することを許可と決定 この👇続報です ケイラ・レミューと名乗る生物学的...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました