社会の話題と反応を発信していくネットメディア

森友文書改竄訴訟 佐川氏への賠償請求を棄却 大阪地裁/赤木さん妻の請求棄却 佐川氏に賠償認めず/佐川氏が遺族に対し「謝罪や説明をする法的義務はない」

政治

赤木さん妻の請求棄却 佐川氏に賠償認めず―森友文書改ざん・大阪地裁

2022年11月25日

学校法人森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、近畿財務局職員赤木俊夫さん=当時(54)=が自殺したのは同省理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官の改ざん指示が原因だとして、妻雅子さん(51)が1650万円の損害賠償を佐川氏に求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であった。

中尾彰裁判長は「公務員の個人責任を認める法的根拠は見いだしがたい」として請求を棄却した。(時事通信)

佐川氏に改ざん謝罪の義務ない、と大阪地裁

2022/11/25

財務省の決裁文書改ざんを巡る訴訟で、請求を棄却した大阪地裁判決は、佐川宣寿元国税庁長官が自殺した職員の遺族に対し「謝罪や説明をする法的義務はない」と判断した。

佐川氏に改ざん謝罪の義務ない、と大阪地裁 | 共同通信

森友文書改竄訴訟 佐川氏への賠償請求を棄却 大阪地裁

2022/11/25

学校法人「森友学園」をめぐる財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題で自殺した近畿財務局の元職員、赤木俊夫さん=当時(54)=の妻、雅子さん(51)が、佐川宣寿(のぶひさ)元国税庁長官に1650万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であり、中尾彰裁判長は請求を棄却した。

当初の被告は国と佐川氏だったが、国は赤木さんが改竄の経緯をつづった文書(通称・赤木ファイル)を開示した後、約1億円の賠償請求を受け入れる「認諾」の手続きをとって訴訟を終わらせた。このため残す争点は、佐川氏個人の賠償責任が認められるかどうかだった。(産経新聞)

参考記事

メガソーラー事業者に林地開発許可…県担当者「判断は適正」:静岡・函南町/東京ドーム13個分の山間地に10万枚の太陽光パネルの設置を予定/ネット「静岡県・・」
メガソーラー事業者に林地開発許可…県担当者「判断は適正」  「不十分な河川調査はやり直し求めている」 静岡・函南町 2022-11-07 静岡県函南町で計画されるメガソーラー事業について...続きを読む
ワクチン接種後の状況調査へ -厚労省、重篤な有害事象・副反応/ネット「調査するなら一旦中止だろ?」「まさに治験中」「ワク推進派は脅しに屈せず頑張って打てよな」
BA.4-5対応ワクチン接種後の健康状況調査へ - 厚労省が事務連絡、重篤な有害事象・副反応疑いも 11/14(月) 厚生労働省健康局予防接種担当参事官室は、都道府県などに出した事務連絡(10日付)...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました