社会の話題と反応を発信していくネットメディア

接種死亡と認定された26才の女性は「昨年の3月」、一般接種前に亡くなっていた/ネット「なぜこんなに時間が過ぎてから認める?」「遅すぎる!」「一般接種前?!」

covid19(コロナ)

接種後死亡 初の20代救済認定

2022/12/12 厚生労働省は、ワクチンの接種後の死亡事例について、因果関係を否定できないとして新たに20~90代の男女5人の死亡一時金請求を認めた。20代の認定は初めて。予防接種健康被害救済制度で同ワクチン死亡事例が救済認定されたのは計15人となった。

厚労省によると、認定したのは接種時26歳でくも膜下出血などの女性。死亡原因の疾病に関連する基礎疾患や既往症はなかった。(産経新聞

ワクチン接種による死亡として救済認定された26才女性、死亡日は「去年の3月23日」(藤江氏のツイート)

ネットの声

なぜこんなに時間が過ぎてから認める? 私には、理解出来ないです。

これもはや隠蔽では?

福岡県八女市の看護師さんで、出勤準備中に突然亡くなられたようで、テーブルの上に手作りのお弁当が置かれていた…という記事を見た記憶が。

看護士の娘を持つ身として、震えが止まらない事件。どんなに親子で喧嘩しても絶対に接種を阻止しなければ!

未来ある若者の命を奪うファイザー💉もモデルナ💉も一旦中止して検証が必要です。

遅すぎる。なんで1年もかかるのか!

一般接種を止めるべきだった!国民はモルモットか!

ひどい話だ。一旦中止して調べるべきだった。

これは完全に人災だ。

参考記事

防衛増税反対の自民議員会合「内閣不信任案に値」/和田議員「増税阻止!」ヒゲの隊長「防衛国債!」西田議員「財務省に振り回されるな!」三原議員「増税ありきだ!」片山議員「拙速だ!」城内議員「増税の選択肢ない!」/ネット「閣内不一致どころか党内不一致」
防衛増税に反対する自民議員が会合 「内閣不信任案に値する」との声 12/13(火)  「内閣不信任案に値する」「財務省の陰謀だ」――。岸田文雄首相が防衛費増額の安定財源として増税の検討を表明し...続きを読む
Big!アリゾナ州判事、カリ・レイク陣営の申請受理!/アリゾナ州知事選判事が、重大な決定を下す。マリコパ郡に対するカリ・レイク訴訟の日程を決定/裁判は来週開始予定
アリゾナ州知事選への異議申し立てを監督している判事が、重大な決定を下した。 12月13日 ピーター・トンプソン判事は、共和党候補のカリ・レイク氏、州長官兼次期知事のケイティ・ホッブス氏、マリコ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました