社会の話題と反応を発信していくネットメディア

女性専用スパに、トランスが「入れないのは人権侵害だ」と提訴→店「ペニスがついているので入店不可と反論」→人権委員会「店側の人権侵害!」→ペニス持ちの入店可に:米

ポリコレ

韓国の女性専用スパがトランス男からの人権侵害だと訴えられ、「生物学的女性」限定をやめざるを得なくなる

韓国の女性専用スパが、トランスの男から人権侵害の訴えを起こされ、そのポリシーから「生物学的女性」への言及をすべて削除することを余儀なくされた。トランスは女性だけのスペースは差別だと主張した。

シアトルの裁判所は、女性専用のヌードスパに、男性の入店を禁止する「憲法上の権利」がないとの判決を下した。この判決は、トランスジェンダーの利用者からの苦情により、ワシントン州人権委員会(WSHRC)により下された。

2020年5月、トランスジェンダーである男性が、性自認を理由とした差別を訴える訴状をWSHRCに提出した。

ヘイブン・ウィルヴィッチは2020年1月にオリンパススパの会員権を求めていたが、「性別適合」手術を受けておらず、ペニスが完全に残っていることを理由に拒否されていた。

訴状でウィルビッチは、”手術を受けていないトランスジェンダー女性は、他の客やスタッフを不快にさせる可能性があるので歓迎しない “とスタッフに言われ、スパの施設を利用するための申請が却下されたと主張。

リンウッドとタコマに店舗を構えるオリンパススパは、韓国式の健康増進施設で、一部のエリアで裸になる必要があり、そのため、女性客に限定してきた。

スパ側は、オリンパスが「家族経営の女性向け韓国伝統健康スパ」であると説明し、特定の施術ではヌードが必要であると指摘した。

2週間後、ワシントン州人権委員会はスパがワシントン州の差別禁止法に違反しているとの判決を下し、女性専用の方針は「整形を受けていないトランスジェンダーへのサービスを拒否している」と述べた。

ネットの声

西洋の堕落は伝染性がある。

女性の権利についてはどうなるのか。

生物学的な女性と生物学的な男性がいる。生物学的な女性の権利はどこにあるのか?

控訴してほしい。 彼は虐待者であり、この人たちを嬉々として傷つけているのだから。

彼らは世の中の良いものをすべて台無しにしているのだ。

自由とは、”No “と言う権利のはずだ。

国家が支援する宗教に、みなさんようこそ。憲法修正第1条が私たちを守ってくれると思ったのですが、ここに来てしまいました。

もうすぐ閉店してしまうだろう…悲しい

参考記事

 

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました