社会の話題と反応を発信していくネットメディア

井上尚弥が10回KOでタパレス下す、史上2人目の2階級4団体王座統一に成功(動画)

一般

井上尚弥が10回KOでタパレス下す、史上2人目の2階級4団体王座統一に成功

2023年12月26日 20時46分

世界最速でモンスターが新たな伝説となった。WBC&WBO世界スーパーバンタム級王者の井上尚弥(30=大橋)がWBA&IBF世界同級王者マーロン・タパレス(31=フィリピン)を10回1分25秒、KOで下し、史上2人目で最速の5年7カ月で2階級4団体王座統一を成し遂げた。この勝利で日本人最多タイの世界戦21勝目となり、世界ベルトは10個目の獲得となった。

戦いは終盤にもつれ込んだ。迎えた10回だった。右ストレートがタパレスの左こめかみ付近にヒットすると、タパレスは後ろに下がった後でひざをつき、最後まで立ち上がれなかった。

自ら「歴史的な試合」と位置づけていた一戦で世界最強を証明した。アジア人、軽量級初の快挙となる2階級での4団体統一。日本人初の4団体統一した昨年12月から一年後に再びスーパーバンタム級で快挙を成し遂げた。

▼井上 まず対戦を受けてくれたマーロン・タパレス選手、本当に感謝したいと思います。ありがとうございました。約1年ぶりに、階級は違いますが、こうして4本のベルトを集めることができたのも、こうしてみなさんの応援のおかげです。スーパーバンタム級では4つのベルトを集めましたが、今の適性階級はスーパーバンタム級だと思ってますので、来年、再来年とまたこの階級でもっと強い姿を見せられるように精進したいと思います。

非常にタフで気持ちの強い選手でした。自分が戦前予想していた通りの選手でした。またそんな選手に10ラウンドKOで勝つことができて、本当に自分がやってきたことが証明されて、ホッとしています。ポイント的にリードしているなというのは感覚的につかんでいたが、非常にポーカーフェースできいている様子とかを耐えていたので、正直、10ラウンド崩れ落ちた時はビックリしましたけど。

自分もいいパンチを蓄積させていたので、相当ダメージはあったのかなと思います。自分も非常にピリピリしながら試合を進められた。来年5月に噂されている試合というものが実現するかどうかはこれから交渉を詰めていくところですが、みなさんファンが喜ぶような試合、観たいという試合を実現していきたいと思いますので、どんどん声をあげていただけたらと思います。(スポニチ)抜粋

ネットの声

参考記事

93歳のジョージ・ソロスが、ゲイの愛人らしきボディガードと一緒にいるところを目撃される
93歳のジョージ・ソロスがビーチでボディガードと一緒にいるところを目撃され、ネット上で憶測が飛び交う 2023年12月25日 極左の億万長者の投資家ジョージ・ソロスをめぐる論争が再び起こってい...続きを読む
木原氏妻の元夫死亡、検察庁が『独自捜査』へ/警視庁が「事件性なしで」捜査終了も、検察は遺族側の訴え聞く
木原誠二氏妻の元夫死亡で 遺族が検察に再捜査を依頼【WBS】 2023/12/26 木原誠二・自民党幹事長代理の妻の元・夫が2006年に不審死したことについて、遺族が25日、検察庁を訪れ、再捜...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:lemino)

 

タイトルとURLをコピーしました