社会の話題と反応を発信していくネットメディア

すべてはウ◯だった/マスクはコロナ感染防止に全く役に立たなかった:英公立大が研究発表

covid19(コロナ)

マスクはコロナ感染防止に全く役立たなかった

5月27日

イギリスのイーストアングリア大学は、武漢コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン変異株に対する感染リスクを減少させるために、フェイスマスクが全く効果がないことを示す研究を発表した。

この研究によると、最新の中国の感染症は、マスクを着用している人同士でも広がることができるため、布やプラスチックのマスクでは感染拡大を防ぐのに十分ではないようだ。

研究者たちは、イギリスの国家統計局(ONS)のデータを収集・利用し、マスクを着用した人と着用しなかった人の感染率を推定した。調査の対象期間は、2021年11月から2022年5月までの、いわゆるパンデミックの最盛期だ。

医療情報提供で世界的的権威のNPO『コクラン』が「マスクにウイルス予防効果はない」とのレビュー発表/『外科用であれN95マスクであれマスク着用に効果はない』
マスクの有効性に関する新しいコクランレビュー(エビデンスに基づく医療のゴールドスタンダード)の結論。 Dr.イーライ・デビッド「新しいレポートによると、マスクには呼吸器系ウイルスの予防効果はゼロです...続きを読む

ONSの調査には、人々のマスク着用やその他の生活習慣、仕事のパターンや旅行に関する詳細が含まれています。全体として、マスクが病気の予防になると示唆する証拠は微塵も発見されなかった。

「これは全く驚くべきことではありません。なぜなら、実験室での証拠は、オミクロン変異株が以前の変異株よりも上気道の細胞に感染しやすく、より伝染しやすいことを示唆しているからです。」と、研究の共同著者であるジュリー・ブレイナード博士はコメントしている

1957年、シカゴ大学のジュリアス・A・ロスは「伝染病の制御における儀式と魔法」というタイトルの論文を書いた。この論文では、浮遊性疾患を取り巻く不合理な恐怖と偏執狂について論じている。

「こうした不確実性により、合理的に推測された確率よりも利便性や管理の容易さに頼ることが多い儀式的な手続きが行われるようになる」とロス氏は書いているnaturalnews

すべてはウ◯だった:米国立衛生研究所前所長「ソーシャルディスタンス」の証拠はなかったと認める
すべてはウ◯だった:米国立衛生研究所(NIH)前所長がCOVIDパンデミック時の「社会的距離」の証拠はなかったと認める COVID-19のパンデミックの間、"ソーシャルディスタンス "という言葉を聞...続きを読む

ネットの声

数年前にコクラン・レビューで行われた研究を再現したものである。

もちろん私たちの多くはそのことを知っていた。マスクを信じていた人々は暴君であるメディアや嘘つきの政治家、官僚、コントロールフリークに洗脳されたまったく無知な人々だった。

草を刈ったり、木材にやすりをかけたりするのであれば、マスクの用途としては完璧だろう!ジャブもウイルスを止められなかった。🤣

これを知らなかった人がいるんだろうか?

あのニューヨークタイムズも、社説でマスクは効果がなかったと謝罪していた。

http://totalnewsjp.com/2023/02/25/musk-232/

知っていた。コロナ脳とバカがつけるものだと思っていた。

それを教えてくれる大学の『研究』が本当に必要だ。初日から馬鹿げたアイデアだった!

参考記事

厚労省、従来型ワクチンをガン無視。98%以上が審査会の対象外に/ネットは激怒
厚労省、従来型ワクチンをガン無視。98%が審査会の対象外に 従来株用の新型コロナワクチンの副反応は、もう打たないからという理由で、審査会で扱わない(ガン無視)という鬼◯の所業が行われています。これが...続きを読む
免疫学の専門家、ドロレス・ケーヒル教授「たとえ1回の接種でも、3年から5年以内に・・・」
免疫学の専門家、ドロレス・ケーヒル教授「たとえ1回の接種でも、3年から5年以内に4◯する」 May 1, 2024 世界的に有名な免疫学の専門家であるドロレス・ケーヒル教授は、新型コロナウイル...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました