社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トップ脳外科医、バイデンは間違いなくパーキンソン病認知症。あと半年で歩行に支障が出る

政治

トップ脳神経外科医:「バイデン氏は間違いなくパーキンソン病認知症を患っている」

2024年7月3日

一流の脳神経外科医は、バイデン大統領は重度のパーキンソン病性認知症の明らかな兆候を示していると主張した。

医療専門家は、ジャーナリストのアレックス・ベレンソンに宛てた電子メールでバイデン氏の診断結果を確認し 、バイデン氏は表情の欠如や「歩行の不安定さ」などの典型的な症状を示していると述べた。

ベレンソン氏は以前の記事で 「ジョー・バイデン氏は明らかに加齢に伴う神経疾患、おそらくパーキンソン病かアルツハイマー病を患っている」ためトランプ氏に投票すると宣言してい たが、それに対して同神経外科医は次のように書いている。

彼は間違いなくパーキンソン病を患っており、パーキンソン病性認知症も進行している。兆候は明白である。

バイデン、大惨事!スタッフがマイクを奪おうとするも・・(動画)
ジョー・バイデンは7月4日のバーベキューで暴走し、マイクを掴んで交通渋滞云々と長々と語り始める 2024年7月4日 ジョー・バイデン氏は木曜日、一日中隠れていたが、ホワイトハウスで開かれた独立...続きを読む

足を引きずる歩行顔の表情や腕を振る動作の欠如。彼が腕を振る時はぎこちなく見えるが、おそらく歩く時に腕を振るよう指導されているためだ。これは自然に行う動作だが、パーキンソン病では失われる。

声の弱さ薬の効果が出たり出なかったりするONとOFFの期間があること安静時の震えはバイデンの場合目立たないが、これは多くのパーキンソン病の症例でも同様だ。

脳外科医はさらに、バイデン氏の医師らは「間違いなくこれを知っている」と主張し、「これはルーズベルトの秘密よりも悪い」と付け加えた。

医師は、バイデン氏の現在の状態から判断して、今後6カ月以内に歩行に支障が出て「最終的には何らかの補助器具が必要になる」可能性があると診断した。「彼の歩き方と無表情な顔は、非常に典型的なものです」と神経外科医は付け加えた。thepeoplesvoice

バイデン「黒人大統領と一緒に仕事をした初の黒人女性」であることを誇りに思うと語る。
バイデン氏は「どこにも行かない」と言い、交通渋滞についてとりとめもなく話し始め、混乱して立ち去った Biden says he's "not going anywhere," then star...続きを読む

ネットの声

認知症の症状は、政治活動に支障をきたすレベルに達しており、責任ある決断を下すべき。

病気の進行によって、判断力や記憶力が低下し、重要な政策決定に悪影響を与える可能性があります。健康を優先して退任すべきだろう。これ以上やれば民主党は虐待の党と言われる。

健康問題が明らかになることで、国民の信頼を失うリスクが高まり、選挙戦の継続は難しい。早急に撤退すべき。

もうみんなわかっていたこと。それを隠していた民主党とメディアの罪は重い。

専門医でなくともわかるわ。さっさと辞めろ。民主党も解体しろ。

参考記事

がん死亡率上昇とワクチン接種の関連を示唆する研究結果(The Epoch Times)​
がん死亡率上昇とCOVID-19ワクチン接種の関連を示唆する研究結果 7月5日 複数の研究で、COVID-19ワクチンは新たながんの発生リスクや既存のがんの悪化と関連があるとされている。202...続きを読む
ワクチン接種1時間後「突然肺から大量出血」で死亡 医者は「見たことがない」NHKはコロナ死と捏造報道
母親はコロナワクチン接種後に亡くなった…国を提訴した遺族が語るNHKの「酷すぎる報道」と「二次被害」 7月5日 4月17日、国がリスクを知らせず接種を促進したのは違法で、後遺症を患った後の対応...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました