社会の話題と反応を発信していくネットメディア

なんと5000人に1人!元FDAワクチン担当副局長、接種による心筋炎の高率発生を認める

covid19(コロナ)

元FDAワクチン担当副局長、コロナワクチンによる心筋炎の高率発生を認める

元FDAワクチン担当副局長フィリップ・クラウス博士、コロナワクチンによる心筋炎の高率発生を認める – 5000人に1人! コビッド注射を受けた人は、注射を受けた人よりも免疫力が高かったことも認める さらに「陰謀説」が真実であることが証明される

マーブル医師「あれだけ打つなと言ったのに、どうして誰も聞かなかったんだ!親類は3人とも癌だ」
ベン・マーブル医師「あれだけ打つなと言ったのに誰も聞かなかった。」 「私はベン・マーブル医師である。私は全員に『COVID-19ワクチン』の毒の一撃を一回も打つなと言ったが、多くの人は聞かなかった。...続きを読む

クラウス博士:心筋炎は様々な研究で主に若い男性に発生しました。年齢としては16歳から17歳です。しかし、男性の発生率は女性よりも高く、年齢が上がるにつれて増加していました。最も若い年齢層ほどではありませんが、かなり高い頻度で発生しました。

ですので、思春期の問題だとは必ずしも言えないと思います。というのも、年を重ねた人々にも影響があったからです。ただ、心筋炎は最も頻繁に見られたのは若い男性で、その発生率は非常に高かったです。初期の研究では、ワクチン接種5,000回あたり1例程度と見積もられていました。

大規模な調査でワクチンと突然死の急増が関連していることが判明:ドイツの大学での研究
ゴミノートのために言っておきますが、これは相関関係がある言っており因果関係とは言っていません。 衝撃的な研究がコロナワクチン接種と突然死の急増を直接結びつける 2024年6月29日 著名な研...続きを読む

なぜそうなったのか、まだ理解できていませんが、幸いにも、ほとんどのケースは軽度でした。しかし、中には軽度ではないケースもありましたし、診断を受けた若い男性の多くは、その後スポーツを避け、継続的な医療フォローアップを受けることになります。

ですので、まだその原因は分かっていませんが、最も多く見られたのは2回目のワクチン接種後です。幸いにも、子供が若ければ若いほど頻度が低いようであり、3回目およびそれ以降のワクチン接種でも頻度が大幅に減少することが分かりました。

Q: クラウス博士、自然免疫は本当に存在するのでしょうか?

クラウス博士: もちろんです。

「国民の95%が接種済のニュージーランドで超過死亡が3000%急増」
完全予防接種のニュージーランド、過剰死亡が3000%急増 ニュージーランド政府からの壊滅的なリークにより、ワクチン接種を完全に受けたこの国が過去2年間で超過死亡数が3,000パーセントという驚異的な...続きを読む

Q: コロナウイルスに曝露された場合でも自然免疫は存在するのですか?

クラウス博士: はい。以前にCOVID-19に感染した人々は、その後の感染率が低下することが多くの優れた研究で示されています。事実、以前にCOVID-19に感染したことによる保護は、2回のワクチン接種による保護よりも強力でした。COVID-19に感染して、さらにワクチン接種を受けた場合、さらに高い保護効果が得られます。ですので、以前にCOVID-19に感染したことで、保護的な免疫が誘発されることは間違いありません。これは陰謀論ではありません。

Q: クラウス博士。ブースターを受けましたか?

クラウス博士: 受けていません。

接種者は今、未接種者を責め始める「なぜ言ってくれなかった!」/ネット「散々言ったが耳を貸さなかったのは君だ」
ワクチン接種を受けた人たちは、自分たちの健康問題の原因を未接種者のせいにして激怒している。「なぜ警告してくれなかったのか?」 2024年6月26日 ワクチン接種を受けた人々がmRNAワクチンの...続きを読む

参考記事

トップ脳外科医、バイデンは間違いなくパーキンソン病認知症。あと半年で歩行に支障が出る
トップ脳神経外科医:「バイデン氏は間違いなくパーキンソン病認知症を患っている」 2024年7月3日 一流の脳神経外科医は、バイデン大統領は重度のパーキンソン病性認知症の明らかな兆候を示している...続きを読む
衝撃的な研究結果!/ワクチン接種者は未接種者に比べ平均余命が37%減少する:トリノ大学
新型コロナウイルスワクチン接種者の間で全死因死亡者数が急増 2024年7月1日 新たな大規模な研究により、新型コロナウイルスのmRNAワクチン接種を受けた人々の間で、あらゆる原因による死亡が急...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました