社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ビル・ゲイツ、乳製品に代わる「う◯虫ミルク」を発売

再エネ

ビル・ゲイツ、乳製品に代わる「うじ虫ミルク」を発売

7月8日

ビル・ゲイツ氏が資金提供している「マゴットミルク」は、文字通りウジ虫から作られたミルク代替品であり、彼の目指す「持続可能な未来」の一環として推進されている。

ゲイツ氏は、牛乳や他の動物性乳製品の環境負荷を減らすために、この新しいタンパク質源を提案している。しかし、私はこの「マゴットミルク」が果たして本当に持続可能で健康的な選択肢なのか疑問を持たざるを得ない。

ビル・ゲイツ「CO2削減に牛のゲップを止める治療をするか、牛を使わずに牛肉を作るかどちらかだ」
ビル・ゲイツ「世界のCO2を減らすため、牛がゲップやオナラを治療するか、牛を使わずに牛肉を作るかの二つに一つだ」 ビル・ゲイツ「世界の排出量の6%は、極度にげっぷやおならをする牛によるものだ。牛がそ...続きを読む

この製品は、昆虫の飼育と加工を通じて製造されており、ゲイツ氏の大規模な資金援助によって支えられている。彼の主張によれば、ウジ虫は高いタンパク質含有量を持ち、飼育に必要な資源も少なく、環境への負荷も少ないため、食糧問題の解決策として有望だ。

しかし明らかになったのは、こうした「持続可能な」食糧源の普及には多くの問題が潜んでいるということだ。

ビル・ゲイツが推進するフェイクミールは、心血管疾患や心不全のリスクがあることが判明:11万人のデータ
偽の「肉」製品が心不全による死亡と関連していることが研究で判明 2024年6月13日 新たな研究により、ビル・ゲイツの研究室で培養された「牛肉」などの偽の「肉」製品が、心血管疾患や心不全による...続きを読む

まず、食品としての安全性や栄養価に関する懸念が挙げられる。さらに、このプロジェクトは、従来の農業や畜産業を廃止しようとする動きの一環であり、食文化や経済に与える影響も無視できない。

これらの新しい食品技術が大企業の利益に繋がる一方で、消費者の健康や伝統的な農業を脅かす可能性があることを指摘せざるを得ない。

この記事を通じて、私たちが直面している食糧問題の解決策として、単に技術革新に頼るのではなく、より持続可能で倫理的な方法を模索する必要があることを強調したい。naturalnews

イーロン・マスク氏、FBIはいつになったらビル・ゲイツらエプスタインの顧客を起訴するのか?
イーロン・マスク氏「世界はエプスタインのすべての顧客を知る資格がある」 イーロン・マスク氏「いつになったら、エプスタインの(ビル・ゲイツやリード・ホフマンも思い浮ぶ)顧客リストに関して、起訴が始まる...続きを読む

参考記事

ウイルスは最終的に自然に減少したはずだったが、政府と製薬会社がそうではないと国民に信じ込ませた
「COVID-19は最終的には自然に減少したはずだったが、政府とワクチンメーカーがそれを利用し、国民にそう信じ込ませなかった」 7月8日 パンデミックの間、世界はマスク、ワクチン、封鎖、その他...続きを読む
トランプ大統領「晋三は日本を愛し、大切にする人だった。彼がいかに偉大な人物だったかは歴史が教えてくれる」
政治コラムニスト、保守的組織ターニングポイントUSAの最高クリエイティブ責任者、ベニー・ジョンソン氏(フォロワー73万人) クレージーだ! 政治活動家、テレビコメンテーター、プレゼンター、...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました