社会の話題と反応を発信していくネットメディア

米政治コンサルタント、ディックモリス氏「これがトランプがまだ勝つことができる方法だ!」/ウエスタンジャージャーナル誌

ディックモリス氏の記事。再集計さえすればトランプが勝つという内容。
最高裁はその決定を出す可能性は大である。

スポンサーリンク

ディックモリス:これがトランプがまだ勝つことができる方法です

1.選挙は終わっていない。勝者の宣言はメディアではなく州議会だ

2.アリゾナ、ジョージア、などの州での再集計をすればバイデン票は激減する

3.現在のトランプの選挙人は214人。

4.アラスカを勝利するのでさらに3人増え、217人になる。

5.ノースカロライナは(不正に関わらず)トランプが勝つので、232人。

6.アリゾナは残り10万票で、差は1.8万で逆転可能

7.ジョージアの票差は8400。勝つ可能性があり、そうでないとしても再集計すれば勝つ可能性は大。これで選挙人数は、259。

8.ウィスコンシンは再点検されているので、269人になる。

9.ペンシルバニアは、アリート最高裁判事が11/3以前と以後の票を分けるよう指示が出た。再集計すれば勝つ。これで289人。

選挙が始まる前の10月に、遅くについた票を数えるかどうかで、最高裁の判断が4:4で割れた。しかし、バレット判事が任命されたため、5:4になるだろう。

さらに、州議会が再集計を要求する可能性大。

1.候補者を勝者と宣言できるのは、選挙人団またはさまざまな州議会だけです。この決定をネットワークの投票総数と予測に基づいて行い、バイデンを「大統領選挙」と呼ぶことは無責任です。

2.アリゾナ、ジョージア、および他の州での再集計は、トランプに大きく影響する可能性があります。起こりそうなエラーや無効な投票のほとんどは、郵送された投票用紙で行われました。(マシンの投票は改ざんするのが難しいです)。バイデンは郵送投票と不在者投票の3分の2以上を獲得したため、廃棄された郵便投票のほとんどがバイデンの合計から差し引かれる可能性があります。

3.現在、トランプは214人の選挙人を得ている(270は勝利レベルです)

4.トランプが一週間中2:1でリードし、現在半分以上がカウントされているアラスカで、トランプに3票を得て217人の選挙人になる。

5.トランプは同様にノースカロライナ(15票)で一週間リードしており、75,000の彼のマージンは減少していません。彼は間違いなくノースカロライナで勝つでだろう。アラスカのように、メディアはトランプがバイデンの勝利の幻想を促進することを要求しません。ノースカロライナはトランプの投票で232の選挙人になるでしょう。

6.アリゾナの投票数は、バイデンとトランプの差が金曜日の30,000から土曜日の18,500に減少し、残り約10万を数えていることを示しています。

アリゾナ(11票)が完全にカウントされた後、ポイント2で特定されたトランプ支持バイアスに従って再カウントされます。彼がアリゾナに勝った場合、彼は243票を獲得します。

7.ジョージア州(16票)では、バイデンはわずか8,400票でリードしており、マージンは低下しています。アリゾナのように、トランプはまだカウントに勝つかもしれません、そうでなければ、再カウントで勝つ可能性が非常に高いでしょう。ジョージア州では、トランプは259票を獲得します

8.ウィスコンシン(10票)は、バイデンが21,000票を獲得したと集計されていますが、再カンバスが行われています。ポイント2に列挙された事実を考えると、トランプがウィスコンシンを運ぶ可能性は非常に高いです。ウィスコンシンでの再集計プロセスは、独自に公正で透明性があり、国のモデルであるため、トランプは州をひっくり返す可能性があります。もしそうなら、彼は269票を獲得するでしょう。

9.次に、ペンシルベニア州とその20票を下回ります。最高裁判所は、投票が11月6日金曜日より前に到着し、11月3日の選挙日の前に消印が押された場合、暫定的に投票のカウントを許可し、遅い投票を分離するよう命じました。ペンシルベニア州の連邦長官が助言したように、サミュエル・アリート裁判官が州が遅い投票を分離していないことを知らされたとき、アリトは金曜日にそれを命じました。

バイデンは現在、ペンシルベニア州で37,000票を獲得しています。遅れて到着する投票の数は、おそらくこの総数をはるかに超えています(州はこの情報を公開していません)。アリオト裁判官と裁判所の過半数は、遅れた投票用紙を破棄し、トランプに州を引き渡す可能性があります。

さらに、上記の理由により、再キャンバスはトランプに決定的な利点を与える可能性があります。彼がペンシルベニアに勝った場合、彼は289票と勝利を得るでしょう。

ペンシルベニアで再集計はありますか?現在の法律では、マージンが0.5%未満の場合は1つが必要であり、ペンシルベニア州ではわずかに大きくなる可能性があります。

再集計をトリガーする方法は2つあります。1つは、最高裁判所が投票カウンターの後に1つを命令する可能性があるため、アリトが投票を分離する命令に著しく違反したため、再発行する必要がありました。

そして覚えておいてください、4人の裁判官は遅い投票を完全に許可するかどうかを再考したかったのですが、裁判所は10月に4-4で行き詰まりました。エイミー・コニー・バレット判事 が入り混じった今、特に大統領職がバランスを崩している場合は、別の見方をするかもしれません。

第二に、米国憲法の第2条第1項には、次のように書かれています。

「各州は、州議会が指示する方法で、州が議会で資格を得ることができる上院議員および代表者の総数に等しい数の選挙人を任命するものとする。」

共和党の手にしっかりと握られているペンシルベニア州議会(両院)は、選挙人を任命する前に再集計を要求することを選択するかもしれません。そうするためのケースを構築するために、それは州の有権者が彼らの投票がいかにひどく誤って扱われたかを理解するのを助けるために詐欺の主張に公聴会を開くかもしれません。

すでに、ペンシルベニア州上院議員と州議会議長は、開票プロセスを「監査」する意向を発表する記者会見を開催しました。(the western journal)

 

ディックモリス

生まれ リチャード・サミュエル・モリス
1946年11月28日(73歳)米国ニューヨーク州ニューヨーク市政治団体 共和党(1992年以前; 2011年–現在)民主主義(1992年– 2011年)配偶者 アイリーン・マクガン教育 コロンビア大学(BA)
以前は世論調査員、政治キャンペーンコンサルタント、および一般政治コンサルタントとして働いていたアメリカの政治作家および評論家

モリスは2010年のマサチューセッツ州知事選挙での共和党のクリスティーミホスのキャンペーンの戦略家であり、2012年にはミットロムニーを支持し、圧勝を達成すると予測した。ブロガーのアンドリュー・サリバンは、「驚くほど間違った政治的、社会的、文化的予測」に対して与えられたモリスにちなんで毎年恒例の賞を指名しました。[14]彼は過去に政治解説のためにフォックスニュースに出演し、特にオライリーファクターとハニティに出演したことがある。2012年の選挙後、モリスは3か月間フォックスニュースに出演せず、ネットワークは最終的に彼の契約を更新しないことを選択しました

Dick Morris - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました