社会の話題と反応を発信していくネットメディア

つべ、「バイデンの動画から250万件の「嫌い」を削除していたことがデータで判明

政治
スポンサーリンク

バイデン・ホワイトハウスの動画から250万件の「Dislikes」を削除していたことがデータで判明

2021年4月2日、ジョー・バイデン大統領のホワイトハウス公式チャンネルの動画から約250万件の「嫌」を削除したという。先日、「嫌い」の数を隠す新しいページデザインをテストしていることを発表しました。

動画では、ユーザーが動画に「いいね!」または「嫌い!」のいずれかの評価を付けることができます。少なくとも2年前から、スパムと思われる「いいね!」や「嫌い」を削除するポリシーを設けています。

広報担当者は、Epoch Times紙にメールで「不正な評価を排除するためのポリシーとシステムを導入しています」と語っていますが、どのような基準で判断しているのかについては、質問に対しても詳細を明らかにしていません。

スポンサーリンク

消えるのは「嫌い」の部分だけ

ホワイトハウスの動画では、こうした介入が継続的に行われていますが、消えているのは「嫌い」の部分だけのようです。

81m.org」というウェブサイトに掲載されたデータによると、このチャンネルは300以上の動画を投稿しており、370万近くの「嫌い!」を集め、そのうち250万近くが削除されています。このサイトの作者は、1月26日にエンゲージメントの追跡を開始し、すべてのデータとその収集方法を公開していますが、メールでの質問には身元についてはコメントしていません。

動画1本につき平均8,000件近くの「嫌い」を削除しています。いいね!」は1件も削除されていないことがデータで示されています。

スポンサーリンク

介入した後も「嫌い」が遥かに多い

介入後も、動画は平均して「いいね!」よりも「嫌い」の方が6倍近く多いことがデータで示されています。介入がなければ、「いいね!」の数に対して「嫌い」の数が17以上になっていました。

81m.orgというサイトでは、フォロワーの多い他のいくつかのYouTubeチャンネルについても同様の分析を行った結果を掲載しています。81m.orgのサイトでは、フォロワー数の多い他のいくつかのチャンネルについても同様の分析結果が掲載されていますが、これほど大きな「いいね!」の削除はありませんでした。

つべは先日、「嫌い」ボタンを表示したまま、「嫌い」の数を表示しないデザインのテストを発表しました。

“これは、一部のユーザーを対象としたテストであり、目に見える数がウェルビーイングに影響を与えるのではないかというクリエイターからのフィードバックに対応したものです」と広報担当者はメールで述べています。

YouTube Deleted 2.5 Million ‘Dislikes’ From Biden White House Videos, Data Indicates
YouTube has deleted about 2.5 million ‘dislikes’ from videos on the official White House channel of President Joe ...
スポンサーリンク

削除の推移/削除された嫌いなもののほとんどは、おそらく実際の人間による本当の嫌い

「https://81m.org」によって収集されたデータによると、つべは公式ホワイトハウスチャンネルでリリースされたビデオごとに(平均して)8,000近くの嫌いなものを削除している

削除された嫌いなもののほとんどは、おそらく実際の人間による本当の嫌いです。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました