社会の話題と反応を発信していくネットメディア

スクープ:【45thトランプ大統領声明】統合参謀本部議長のマーク・ミリーは反逆罪で裁かれるべきだ/ミリーは中国人民解放軍の将軍に秘密裡に、「アメリカが攻撃することがあれば事前に警告する」と伝えていたことが発覚(ワシントンポスト)

中国
スポンサーリンク

要旨

・トランプ政権の終盤に、トランプが中国に戦争をしかけようとしていた(フェイクニュース)。統合参謀本部議長のミリーはこのことが起こる(トランプが戦争をしかける)場合は事前に連絡すると、中共の将軍に電話で漏らしていた。

・このニュース(トランプが戦争をしかける)について、トランプ氏はフェイクニュースと否定。さらに、ミリーは反逆罪(国家機密を漏らそうとしたこと)で裁かれるべきだと声明を出した。

リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」

スポンサーリンク

第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプの声明

SAVE AMERICA ドナルド・J・トランプ大統領
– 2021年9月14日

もし “間抜け “なマーク・ミリー将軍の話が本当であれば彼は大統領に隠れて中国と取引し、中国に「攻撃の通知」をすると伝えていたという点で、国家反逆罪で裁かれることになると思う。

良いニュースは、この話(トランプが中国に戦争をしかけようとしていたこと)が、弱くて無能な将軍と、事実ではなくフィクションを書くために私がインタビューを拒否した2人の著者によって作られたフェイクニュースであるということだ。ミリーに対して、直ちに行動を起こすべきだ。

そして、アフガニスタンでの惨事が二度と起こらないように、多くの軍人がいる中で、より優れた将軍が関与すべきだ。覚えておいてほしいのは、私がISISのカリフを100%破壊したということだ。ミリーはそれができないと言った。

「言っておくが、私は中国を攻撃しようと考えたこともないし、中国もそれを知っている。この記事を捏造した人たちは病んでいて頭がおかしいし、それを掲載した人たちも同様に悪い。実際、私はこの数十年間でアメリカを戦争に巻き込まなかった唯一の大統領である。

スポンサーリンク

ミリー将軍はトランプ米大統領が任期の最後の日に核兵器を使用すると信じていたた

マーク・ミリー将軍は、前米大統領が任期の最後の日に核兵器を使用すると信じていたため、トランプを弱体化させるためのペンタゴン会議を密かに開いていた。

スポンサーリンク

「トランプ氏が攻撃図る恐れ」、米軍制服トップが中国に伝達=米紙

[ワシントン 14日 ロイター] – 米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長が、中国共産党中央軍事委員会連合参謀部の李作成参謀長に対して、当時のトランプ大統領が中国に戦争を仕掛ける恐れがあると2回も非公式ルートで連絡していたことが分かった。米紙ワシントン・ポストが14日伝えた。

ミリー氏が李氏に電話したのは、トランプ氏の敗色が見えつつあった大統領選直前の昨年10月30日と、連邦議会議事堂が襲撃された2日後の今年1月8日。この電話でミリー氏は李氏を安心させるため、米国は冷静で攻撃をするつもりはなく、また攻撃を行う場合はあらかじめ警戒するよう伝えると明言した。

ワシントン・ポストの報道は、ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏とロバート・コスタ氏が200人もの関係者を取材してまとめた来週発売予定の新著「Peril(差し迫った危険という意味)」に基づいている。

トランプ氏は声明で、報道は「でっち上げ」だと批判。内容が事実だとすればミリー氏は反逆罪で訴追されるべきだとした。「言っておくが、中国を攻撃しようなど考えたことさえない」と述べた。

スポンサーリンク


ミリー氏のオフィスはコメントを拒否した。

共和党のマルコ・ルビオ上院議員はバイデン大統領宛ての書簡で、ミリー氏を直ちに更迭するよう要求。「軍高官が米国の軍事活動に関する機密情報をリークすることがもたらす危険については言わなくても分かるはずだ」とし、大統領の外国に対する交渉力を損ねる行為だと指摘した。

ホワイトハウスのジャンピエール報道官はコメントを避け、統合参謀本部と国防総省に聞いてほしいと述べた。

ワシントン・ポストによると、ミリーが李氏に2回目の連絡をする動機になった一因は、ペロシ下院議長との電話だった。ペロシ氏はミリー氏に「すぐに態度が変わる大統領」が核攻撃を開始するのを防ぐための万全の措置を講じてくれと要望し、「彼(トランプ氏)は狂っている。あなたも彼が正常でないと知っているでしょう」と発言ミリー氏は「あなたの言うことに全面的に同意します」と答えたという。(ロイター)

「トランプ氏が攻撃図る恐れ」、米軍制服トップが中国に伝達=米紙
米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長が、中国共産党中央軍事委員会連合参謀部の李作成参謀長に対して、当時のトランプ大統領が中国に戦争を仕掛ける恐れがあると2回も非公式ルートで連絡していたことが分かった。米紙ワシントン・ポストが14日伝えた。
スポンサーリンク

軍トップの将軍がトランプの核兵器使用を阻止するために秘密の行動をとったと本に書かれている

マーク・ミリー将軍は「選挙後、トランプ氏が深刻な精神的衰退に陥ったことを確信していた」と、記者たちは『Peril』に書いている。

統合参謀本部議長のマーク・ミリー将軍は、ドナルド・トランプ前大統領が核兵器を使用するのを防ぐために極秘の行動を取ったと、新しい本が主張しています。

ミリー将軍は、1月6日の国会議事堂での暴動のわずか2日後に、トランプ氏が軍事攻撃を命令する能力を制限するために、自ら行動を起こした。

ワシントン・ポスト紙のウォーターゲート・ジャーナリスト、ボブ・ウッドワードとロバート・コスタは、新刊『Peril』の中で、ミリー将軍は議事堂への攻撃に徹底的に心を痛め、「トランプ氏が選挙後に深刻な精神的衰退に陥ったことを確信した。

スポンサーリンク


トランプ氏は今やすっかり躁状態に陥り、役人に向かって叫び、果てしない選挙の陰謀について独自の別の現実を構築していた」と報告しています。

ウッドワードとコスタは、ミリー元首相がトランプ氏が「暴走するかもしれない」と心配していたとも書いている、とCNNが報じた。

同書によると、ミリー元長官はトップスタッフにこう言ったという。“大統領のトリガーポイントが何かはわからない”

軍のトップリーダーは1月8日、国防総省のオフィスで秘密会議を開き、核兵器の発射を含む軍事行動を開始するためのプロセスを見直したと報じられている。

ミリー元帥は、ペンタゴンの戦争の部屋である国家軍事指令センターの担当者に、自分が関与しない限りいかなる命令にも従うなと言ったという。

Perilによると、ミリー元帥は関係者にこう言ったという。「何を言われようと、手順通りにやれ。お前が何を言われようと、手順を踏む。プロセスを踏む。そして、私はその手順の一部なのだ」

そして、将校の目を見ながら、一人一人に口頭で理解したかどうかの確認を求めた。(independent)

Top military general acted to prevent Trump from using nuclear weapons, book says
General Mark Milley was ‘certain that Trump had gone into a serious mental decline in the aftermath of the election,’ reporters write in Peril
スポンサーリンク

参考記事

【45thトランプ大統領声明】「The Big L**(大きなう◯)」とは、2020年の大統領選挙のことだ/カリフォルニア州のリコール選挙が不◯に行われていない、などと誰が信じるのか?これも一つの選挙詐◯にすぎない
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」:「The Big L**」とは、2020年の大統領選挙のことだ 「The Big L**」とは、2020年の大統領選挙のことだ。フェイクニュースメディアがこの言葉を使うときは、この選挙が私...続きを読む
小泉進次郎氏 河野氏支持を正式表明 理由は「最大派閥が河野太郎はだめだと言っている」「石破氏への支援要請「なぜ否定的にみられるのか。理解できない」/ネットの声「おぼろげながら見えてきた?」「河野氏を支持する、だからこそ河野氏を支持する」
小泉進次郎氏 河野氏支持を正式表明 理由は「最大派閥が河野太郎はだめだと言っている」 小泉進次郎環境相は14日夜、神奈川県横須賀市で記者会見し、自民党総裁選で河野太郎行政改革担当相を支持する方針を明らかにした。小泉氏は河野氏の支持理由につ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました