社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【45thトランプ大統領声明】「ニューヨーク・タイムズ」と「ワシントン・ポスト」は、虚偽のロシア疑惑報道で受賞したピューリッツァー賞を辞退せよ!/ロシア疑惑は証拠が何もない 疑惑であるばかりか、民主党とヒラリーの弁護士が起訴された!

事件
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」

新着! ドナルド・J・トランプ大統領のピューリッツァー賞への手紙

スポンサーリンク

第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明

SAVE AMERICA ドナルド・J・トランプ大統領
– 2021年10月3日

ピューリッツァー賞受賞者への手紙

Re: 2018年ピューリッツァー賞(国内報道部門)の取り消し要求についてクリメント氏へ。

私はピューリッツァー賞委員会に対し、『ニューヨーク・タイムズ』紙と『ワシントン・ポスト』紙のスタッフに授与された2018年のピューリッツァー賞(全国報道部門)を直ちに取り消すことを要求する。

この賞は、クレムリンとトランプ・キャンペーンの間に存在しないつながりがあるという虚偽の報道に基づいていた。広く知られているように、この報道は、証拠が全くないにもかかわらず、私のキャンペーンがロシアと共謀したとする誤った物語を紡ぎ出そうとした、政治的動機に基づく茶番劇に過ぎなかった。

スポンサーリンク


理事会はこの賞を発表した際、受賞者を「2016年の大統領選挙におけるロシアの干渉と、そのトランプ陣営、次期大統領の政権移行チーム、そして最終的な政権とのつながりについて、各国の理解を飛躍的に深めた、深い情報源と執拗なまでに報じた公益性の高い報道」と称賛した。

具体的には、今では否定されているロシア共謀説を中心とした一連の記事が受賞の対象となった。記事の見出し自体が非常にセンセーショナルで、根拠のない匿名の情報源に大きく依存していた。例えば、これらの記事に含まれる情報の多くは、「関係者」、「現役および元関係者」、「一部の米高官」など、曖昧な定義の人物によるものでした。その結果、一般の人々は、彼らの信憑性、政治的偏見の可能性、知識の出所などを独自に評価する手段を失ってしまったのだ。

これらの機関は、2年間にわたり、次から次へとロシアに関する記事を熱心に取り上げ、信憑性のある証拠が何もないにもかかわらず、私の選挙運動がロシア政府と共謀していたと国民に信じ込ませようとした。これらの報道と同時に、多くの保守系の報道機関やコメンテーターが、これらの報道の正当性に疑問を呈し、そのストーリーに含まれる明らかな論理的誤りを指摘し、それらを裏付ける証拠が明らかに欠如していることを指摘した。

スポンサーリンク


その後、これらの疑惑は虚偽であることが確認され、私はこれらの容疑を晴らした。最近では、元サイバーセキュリティ弁護士でヒラリー・クリントン陣営の弁護士であったマイケル・サスマン氏をジョン・ダーラム氏が起訴したことで、共謀罪にこだわるメディアの姿勢が否定された

起訴状では、サスマン氏が、私の組織とロシアに拠点を置くアルファ銀行との間の秘密の通信を示すと称する「証拠」を提示した際に、FBIに虚偽の供述をしたと指摘しています。当時、サスマン氏はFBIに対し、この情報は特定の個人や団体に頼まれて提供したものではなく、自分の意思で提供したものだと断言していた。

しかし、起訴状によると、サスマン氏は他の民主党員と協力し、クリントン陣営に請求していたことが明らかになっている

重要なのは、起訴状には「FBIの調査により、問題となったメールサーバーはトランプ・オーガナイゼーションが所有・運営していたものではなく、トランプ・ホテルや他の何百ものクライアントの広告を送信するマス・マーケティング・メール会社が管理していたことが明らかになった」と書かれており、アルファ・バンクとの関連性の誤りを補強していることだ。

スポンサーリンク


1世紀以上にわたり、ピューリッツァー賞は、ジャーナリズムの分野における重要な業績として広く認められてきた。ピューリッツァー賞は、画期的なジャーナリズム活動を行った受賞者に与えられるべき名誉であると多くの人が考えていた。

このような敬意には、報道そのものが本質的に信頼できるものであり、十分な情報源があり、信用できるものであるという、非常に重要な意味合いが含まれている。この強力な前提があるからこそ、これらの作品がそこに含まれる情報の真実性について継続的に精査されることには大きな負担が伴う。

今回のように、ピューリッツァー賞を受賞した作品が、粗悪で疑わしい、明らかに虚偽の報道に基づいていることが明らかになった場合、ピューリッツァー賞委員会はそれに応じた対応をしなければならない。

スポンサーリンク


最終的に私が望むのは、2018年のピューリッツァー賞国家報道部門の受賞者である「The New York Times」と「The Washington Post」が、最近の暴露を踏まえて、この賞を自発的に放棄することだ。

しかし、彼らがそうしない場合は、受賞者の賞を剥奪し、ピューリッツァー賞のウェブサイトに残っている虚偽の記述を撤回するなど、状況を是正するために必要な措置を取ってくれることを期待している。

受賞者にこのような高い基準での説明責任を果たさせなければ、ピューリッツァー賞の名を冠するものの品位が完全に損なわれることになる。
敬具
ドナルド・J・トランプ

スポンサーリンク

トランプ陣営とロシアの介入に関する報道で、ニューヨークタイムズとワシントンポストが、2018ピュリッツァー賞受賞(2018年の記事)

ワシントンポストが2018年ピュリッツァー賞(調査報道部門)と全国報道部門を受賞

ニューヨークタイムズは3つのピューリッツァー賞を受賞

スポンサーリンク

参考記事

【HUGE!:ヒラリー詰みか!?】ダーラム特別捜査官、ヒラリー・クリントンにメス/2016のヒラリーの選挙対策本部のサスマン弁護士を起訴。その捜査を踏まえ、さらにクリントンと民主党全国委員会の法律事務所に新たな召喚状を発行した
要点 ・2016年大統領選の時期ロシア疑惑=ヒラリー疑惑 2016年ヒラリー陣営の弁護士サスマン容疑者は、トランプ陣営がロシアの銀行を通じてロシア当局との間で秘密の通信を行っているという話をFBIに持ち込んだのだが、それが事実無根で...続きを読む
【ロシア疑惑】民主党ヒラリー選対に雇われていた弁護士の提供した情報は虚偽と認定/トランプ氏のロシア疑惑は「民主党陣営の捏造」疑惑を示すような新展開へ
「ロシア疑惑」は捏造だった 「トランプはシロ。逆に民主党とヒラリー側が捏造を仕掛けていた疑惑」 【まとめ】 ・トランプ氏のロシア疑惑、民主党陣営の捏造だったことを示すような新展開。 ・大陪審、FBIにロシア疑惑を報告したサスマン弁護士...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました