社会の話題と反応を発信していくネットメディア

動画あり【トランプは正しかった9】昨年8月に起きた事件、2人を銃で死亡させた17歳のリッテンハウス被告の裁判で「被害者が最初に銃を抜いた」と供述し正当防衛の可能性/当時バイデンはリッテンハウスは白人至上主義者だと主張し、トランプ大統領は正当防衛だと擁護していた

事件
スポンサーリンク

リッテンハウスの「被害者」が最初に銃を抜いたことを認めたため、検察は崩壊したように見える

8 Nov 2021

ウィスコンシン州ケノーシャのカイル・リッテンハウスの殺人裁判で、検察側の重要証人であるガイジ・グロスクロイツが、逃げるティーンエイジャーを追いかけて自分の武器である拳銃を抜き、それをリッテンハウスに向けた後に撃たれただけだと認めたため、トーマス・ビンガー地方検事補は呆然とした表情を浮かべた。

グロスクロイツは上腕部を撃たれており、リッテンハウスがその晩に撃った3人のうちの1人。

イリノイ州在住のリッテンハウスは、ウィスコンシン州でライフガードとして働いており、ブラック・ライヴズ・マターの暴動の際には、他のボランティアとともにケノーシャの企業を守っていた。

また、彼は建物の落書きを消したり、デモ参加者に医療措置を施したりしていましたが、暴動の際に襲われました。この暴動の中で、リッテンハウスは弁護士が正当防衛だと主張してAR-15ライフルを発砲し、2人を殺害し、グロスクロイツを負傷させた。

スポンサーリンク

民主党はこの出来事を利用して、ケノーシャ暴動の責任をドナルド・トランプ大統領に負わせようとした。

当時バイデンは、17歳のリッテンハウスが「白人至上主義者」であると証拠もなく主張し、この主張はすぐにリッテンハウスの弁護士から名誉毀損訴訟の脅しを受けることになった。

リッテンハウスは、複数の殺人罪に加えて、武器使用の罪や夜間外出禁止令の適用を受けています。

弁護人のコリー・チラフィジは反対尋問で、グロスクロイツが警察に武器を持っていると嘘をついたことを指摘した。

その時のやり取りをRacine Journal Times紙がまとめている。

スポンサーリンク


コリー・チラフィジ弁護士は、8月26日にグロスクロイツ氏が警察に提出した供述を取り上げ、8月25日のある時点でグロックが腰から落ちたと述べた。グロスクロイツはその供述をしたことを覚えていないと言ったが、供述書によってそれを確認した。

コリー・チラフィジ弁護士は、銃が落ちたという供述について「それは嘘ですよね?グロスクロイツは、自分が書いたものは嘘ではないと言う。チラフィジによれば、供述書には「銃を落としたと複数の警官に言った」と書かれている。

“あなたは銃を持ってリッテンハウス氏を追いかけていたんですよね?” とコリー・チラフィジ氏が尋ねる。グロスクロイツは “私は被告を追いかけていなかった “と言っています。

チラフィジ氏は、グロスクロイツ弁護士が(安全性を考慮して)職業を明かさず、その他の発言も正確に行うという「熟慮されたプロセス」を踏んでいたのに、なぜか銃を持っていることに言及しなかったことを持ち出します。

グロスクロイツは、弁護士から銃撃そのものについて警察の質問に答えないようにアドバイスされたという。

弁護人は次に、グロスクロイツに銃撃のビデオから、腕が撃たれた瞬間の静止画を見せた。手に拳銃を持ち、リッテンハウスに向けていた時のものだ。

スポンサーリンク

被害者が先に銃を抜いたと供述

コリー・チラフィジ弁護士「彼が発砲したのは、あなたが銃を彼に向けて前進し、銃(と手を下げて)を彼に向けたからですよね?」

グロスクロイツ(被害者)「その通りです」

スポンサーリンク


そのとき、このやりとりを見ていたリッテンハウスは、ほっとしたように目をこすった。

検察官のビンガー地方検事補は、右手で携帯電話のメッセージを作成しながら、ほとんど落胆したように左手を額に当てているように見えた。

 

弁護側は直ちに指示評決を求めるべきだという意見もあった。つまり、裁判官に正当防衛を理由に、その場でリッテンハウスを無罪にするよう求めるのである。

トランプ大統領は当時、リッテンハウスが正当防衛をしたように見えると発言したが、CNNはそれを人種差別だと非難した。

WATCH: Prosecution Appears to Fall Apart as Rittenhouse 'Victim' Admits He Pulled Gun First
Assistant DA Thomas Binger appeared stunned after a key witness admitted that Rittenhouse only shot him after he drew his gun first.
スポンサーリンク

事件当時の状況と動画

動画は、集団がライフルを持った男を追いかける場面から始まっている。途中、男は転倒。近づこうとする数人に対し、倒れたまま複数回発砲した。その後、男は立ち上がり、両腕を上げ投降するような仕草を見せ、警察車両に向かって歩いた。しかしその場で、警察官に拘束されることはなかったという。

2020年8月26日、ケノーシャから30分ほどの距離にあるイリノイ州レイク郡アンティオクの警察は、銃撃事件に関連して、カイル・リッテンハウス(Kyle Rittenhouse)氏(17)を拘束し、「第1級意図的殺人」の罪で起訴したと発表した。

ウィスコンシン州ケノーシャ 銃撃事件で3人が死傷。17歳少年を逮捕 - mashup NY
警察官による黒人男性銃撃事件に対する抗議活動が続くウィスコンシン州ケノーシャ(Kenosha)で、25日夜、3人がライフルで撃たれ死傷する事件が発生した。 ケノーシャ警察は、銃撃で2人が死亡し、1人が負傷したと発表。負傷
タイトルとURLをコピーしました