社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ツイッター創業者元CEOジャック・ドーシー、ツイッター経営陣を猛批判し、イーロン・マスクを援護射撃/「機能不全だ」ツイートを連投

政治

ジャック・ドーシーが突如、ツイッターの経営陣を批判

イーロン・マスクは、ツイッターの取締役会が4月15日に、彼の買収提案を拒否する動きを強化したのを受けて、取締役会を批判するツイートを連発した。マスクは、彼の申し出を断った取締役たちが無責任だと主張している。

この事態をさらに混乱させているのが、マスクに奇妙な援軍が現れたことだ。昨年11月にツイッターのCEOを退いたばかりのジャック・ドーシーまでもが、ツイッターの取締役会を批判している。

ドーシーは17日、ツイッターの取締役会が「一貫して機能不全だ」とツイートし、ベンチャーキャピタリストのゲイリー・タンの「ひどい取締役会は、10億ドルの価値を消滅させることができる」という発言に同意すると述べた。ドーシーは今でもツイッターの取締役会に籍を置いており、別のツイッターユーザーが「この発言は許可を得ているのか?」と尋ねたところ、「ノー」と返事をした。

マスクは、ツイッターの役員たちの持ち株が少なすぎることを指摘し、「客観的に見て、彼らの経済的利益は、株主と一致しない」と述べた。マスクは、もし彼らが大株主であれば、彼の素晴らしい提案を受け入れるはずだと考えている。

15日に取締役会は、マスクによる買収を防ぐためにポイズンピル策を採用すると発表した。彼らはまた、ホワイトナイト(友好的買収者)探しに乗り出す可能性もある。

マスクとドーシーの2人が、何からの形で結託していることを示す証拠はない。しかし、合計で9000万人のフォローを抱える2人の意図しないキャンペーンが、ツイッターの取締役会に対する世論の転換に重要な役割を果たす可能性はあるだろう。

ドーシーの取締役会への不満は、ツイッターの創業時にさかのぼる。2008年に、取締役会は共同創業者のエヴァン・ウィリアムズに味方し、ドーシーを解雇して、ウィリアムズをCEOに据えた。2010年にも取締役会でクーデターが起こり、ウィリアムズは当時のCOOのディック・コストロに取って代わられた。その5年後の2015年に株価が低迷する中で、コストロは退社し、ドーシーがCEOに復帰した。

ドーシーはここ最近、ソーシャルメディアの「分散化」を強く推進しているが、それが何を意味するのか、正確には分からない。ドーシーは、このアイデアを研究するために、Blueskyと呼ばれるツイッターのプロジェクトに資金を提供している。(forbesjapan)

https://forbesjapan.com/articles/detail/47029

ドーシー氏「取締役会は機能不全だ」

ドーシー「一貫して会社の機能不全が続いている」

「ツイッターの取締役会の歴史を調べてみると、私は、陰謀とクーデターにまみれた初期の、特にツイッターの創設メンバー間の歴史を目撃しているので、興味深いです。いつかハリウッドでスリラー映画化されないかなあ」

ドーシー氏「良い取締役会は良い会社を作らないが、悪い取締役会は毎回会社を殺す」そのとおりだ

ベンチャーキャピタリストのフレッド・デスティンを引用して、「良い取締役会は良い会社を作らないが、悪い取締役会は毎回会社を殺す」という「シリコンバレーのことわざ」を賞賛するユーザーに対して反論している。

“大きな事実だ “とドーシー氏は答えた。

参考記事

【動画あり】イーロン・マスク氏「言論の自由とは、嫌いな人が嫌いなことを言うことを許されることだ」
これまでのツイッター買収の動き 14日、ツイッターに買収提案 アメリカの電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが、ソーシャルメディア大手ツイッターに対し、買収の提案を。 買収...続きを読む
イーロン・マスク氏:メッセージ全文「ツイッターは今のままでは成長しない。生まれ変わる必要がある。ツイッターには並外れた可能性があります。私がそれを解き放つ」
イーロン・マスク氏がTwitter買収を提案 「Twitterは非公開企業に転換する必要がある」 4/14(木) 起業家のイーロン・マスク氏が、Twitterの全株式を買収することを提案してい...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました