社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ブースター接種者35人に1人がmRNAワクチンに関連した心臓障害に罹患していたことが判明:査読付き論文

covid19(コロナ)

ブースター接種者35人に1人がワクチンに関連した心臓障害に罹患していたことが明らかになった。

「国民の95%が接種済のニュージーランドで超過死亡が3000%急増」
完全予防接種のニュージーランド、過剰死亡が3000%急増 ニュージーランド政府からの壊滅的なリークにより、ワクチン接種を完全に受けたこの国が過去2年間で超過死亡数が3,000パーセントという驚異的な...続きを読む

ネットの声

スイスで発表された査読付き研究。ブースター注射を受けた35人に1人がワクチンに関連した心臓障害を経験したという驚異的な結果が出た。この接種を受けた35人に1人が心臓に損傷を受けたのである。

これは明らかにショッキングな数字である。

研究者たちは、mRNAブースター・ワクチン接種後のワクチン関連心臓傷害の発生率は、以前考えられていたよりも高いという仮説を立てた。

http://totalnewsjp.com/2023/11/07/covid19-1036/

その理由は、人々の心臓が表面上には症状がないか、症状が軽度すぎて無視されるほどであり、ブースターショットの接種者が単に気づいていなかったためだった。そこで、研究者が行ったのは、単に尋ねるのではなく、心臓トロポニンのレベルを調査することだった。

女性では正常値の上限である8.9ナノグラム/リットル、男性では15.5ナノグラム/リットルを上回っていた。

これらの研究者がトロポニンテストとして知られるものを使用することにした理由は、これが心臓に損傷があったかどうかの非常に良い指標だからです。人が血中にトロポニンTと呼ばれるこのタンパク質をより多く持っている場合、それは最近心臓に損傷を受けたことを意味する。

癌研究の教授は「ターボ癌」に警鐘を鳴らす/こんな癌、見たことがない。診断後にすでにステージ4だ
カナダの医師、新型コロナウイルス感染症による若者の「ターボがん」に警鐘を鳴らす Canadian doctor sounds alarm over ‘turbo cancers’ in youn...続きを読む

参考記事

撤退ドミノ始まる メキシコなど5か国以上が万博撤退の意向/ネット「自民党と維新で責任を取れ」
大阪・関西万博から撤退の意向『約5か国』と判明 メキシコなど、いずれも国内事情が理由か 11/10(金) 大阪・関西万博にパビリオン出展を表明していた国などのうち、5か国程度が、万博から撤退す...続きを読む
岸田政権、今度は医療保険料の増! 少子化対策財源を「医療保険料」に上乗せ
異次元の少子化対策  財源となる「支援金制度」医療保険料に上乗せ案提示 異次元の少子化対策 財源となる「支援金制度」医療保険料に上乗せ案 — TBS NEWS DIG Powered by...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました