社会の話題と反応を発信していくネットメディア

犯罪歴のために保釈を却下された男が裁判官を襲う(動画)

事件

犯罪者が裁判官に向かってダイブ

ラスベガスの男、デローン・レッデンが、犯罪歴のために保釈を却下されたクラーク郡地方裁判所のメアリー・ケイ・ホルタス判事を襲撃。

これは荒唐無稽だ。ホルサス判事がレッドデンに実刑判決を下す準備をしていたところ、レッドデンは彼女に突進し、殴りかかった。

この事件でホルサス判事は無傷だったが、連邦保安官が病院に送られた。レッドデンは、身体的傷害を伴う加重暴行罪の判決を受けていた。なんとも皮肉な話だ。

裁判官「自分の犯罪履歴を見てみますか?9つの軽犯罪に3つの重罪。DVもありますね」
レッドデン「チャンスを与えられるべきだ」
裁判官「判決は、」
レッドデン「ウォーーーッツ」

判決は後日に持ち越され、同じ裁判官から言い渡される。

エプスタインは政治家に私を売った。大人のおもちゃを使った。女の子同士のセックスを行わせた:2つ目のエプスタインファイル
 未成年の被害者がエプスタインによって"著名な米政治家 "に売られた。エプスタインは"脅迫の材料にしていた" 2024年1月4日 木曜日、エプスタインの文書の2つ目のキャッシュが公開された。 ...続きを読む

マイケル・ジャクソンがエプスタインの家を訪問したことがエプスタイン文書で明らかに
マイケル・ジャクソンがパームビーチのエプスタインの家を訪問したことが開封文書で明らかに 2024年1月3日 ロレッタ・プレスカ判事は、ジェフリー・エプスタインの著名な関係者の一部を明らかにする...続きを読む

ネットの声

少し拡大したものがこちら

保釈を望む人間なら、もっとマシな行動を取ると思うのだが……。つまり、これは別のレベルの愚かさなんだ。

なんてこった。加重暴行と実質的危害で起訴されたのに、手錠も足かせもなしで法廷にいるのか?そんなことが可能なのか?

裁判官たちは、残念ながら、私たちが選んだ役人たちによって許された無法のために、脅かされ、暴行され、誘拐され、殺され続けるだろう。裁判官がアメリカ市民として声を上げる時ではないだろうか?

こいつは移民か?

参考記事

「まるで戦場」BBCの報道、日本のマスゴミの稚拙さを改めて認識させる:能登半島地震(動画)
BBC記者、輪島市に入る 煙がまだくすぶる朝市通りの火災現場から 2024年1月4日 石川県能登地方でマグニチュード7.6の地震が発生した1日の夕方、震央に近い輪島市の観光名所「朝市通り」周辺...続きを読む
岸田氏、支離滅裂。早くも前言を翻す/昨夜「台湾含めて他国の支援は一律受けない」→今日「米軍の支援を受ける」
岸田氏、他国の支援についての言動が支離滅裂 岸田氏の台湾支援に端を発した発言が支離滅裂です。これまでの経緯は👇の記事に書いていますが、虚偽は『日経と共同』ではなく『岸田氏』だった。 台...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました