社会の話題と反応を発信していくネットメディア

自称女のトランス男が女子大バレーを支配。なんとコートに5人も/独裁トルドーのカナダ(動画)

ポリコレ

トランスジェンダーの「男」が女子バレーボール試合を席巻(RebelNewsOnline)

先週の水曜日、リーベル・ニュースは、センテニアル・コルツがトロントでセネカ・スティングと女子バレーボール・コンテストを開催するという情報を得た。

しかし、選手全員が生物学的に女性だったわけではない…。 セネカは3人、センテニアルは2人だった。

見ているのが辛くなることもあった。特にボールのスパイクに関しては。実際、バレーボール関係者によると、状況は非常に悲惨で、生物学的女子が出場するのはもはや安全ではないという。 キャンセル文化という惨劇を考慮し、匿名を希望する情報源は次のように述べている

最近、オンタリオ大学体育協会(OCAA)の女子バレーボール選手が、トランスジェンダーの男性(「トランスウーマン」)によって頭部を負傷する事故が2件発生した。センテニアル・カレッジ対ラ・シテ・カレッジの試合中、ビロリアは強い力でボールにアタックし、ラ・シテのバレーボール選手の頭を打った。

ジョン・レノンの息子が左派ポリコレを非難「愚かで邪悪なバカ」
「Dumb Evil Idiots」:ジョン・レノンの息子がDEIとウォーク・レフトを非難 "『制度的人種差別』と戦っていると主張する人々は、実際には制度的な人種差別を創り出している" 202...続きを読む

2つ目の怪我は2024年1月22日、トランスジェンダーのフランツ・ラルガダスによる脳震盪だった。セネカ・カレッジ対ラ・シテ・カレッジの試合中、ラルガダスは強い力でボールを攻撃し、ラ・シテの選手の頭を打った。2022-23シーズン、フランツはセネカ・カレッジの男子バレーボールチームのロスターに登録され、今年は女子バレーボールチームのロスターに登録された。

どちらの場合も、選手はコート外で交代を余儀なくされた。バレーボールで怪我をすることはあるが、男性のバレーボールの攻撃力は、生物学的な女性の攻撃力よりもはるかに強力である。 現在、OCAAには6人のトランスジェンダーがいる。

そのうち5人は、性別を確認するホルモン療法を受けていないか、外科的な性腺摘出手術を受けていない。OCAAには現在、トランスジェンダー女性の入隊資格に関する方針はなく、そのウェブサイトにも公表されていません」。

確かに、OCAAは男性が女性であっても、女性が男性であっても構わないらしい。卑劣な稚拙さ…。 センテニアル・カレッジの職員が、明らかにこのグロテスクな、男性が女性を敵に回すような茶番劇を隠蔽しようとしていたという事実も、ほとんど腐ったものだった。

女性スイマー「1日に何度も男性◯のついた男の前で着替えを強制させられた」(動画)
少女たちは声を上げ始める Never let radical gender ideology activists pretend that they're the good guys. pic....続きを読む

リーベル・ニュースの社員は嫌がらせを受け続け、私たちのカメラは妨害され、あるときは警備員から、スタンドで “騒ぎ “を起こしているから帰れと言われた。 もちろん、でっち上げのでたらめだった。おそらくこの警備員たちは、RCMPとのギグを目指しているのだろう。

セネカが3対1で勝利した。その結果はさほど驚くことではない。なぜなら、セネカには3人の男性選手がいたのに対し、センテニアルには2人しかいなかったからだ。つまり、センテニアルは文字通り「人数が足りなかった」のだ。

試合後、私たちはラルガダスとビロリア、そして他の偽女子選手たちにスクラムを組んでみた:アラ・テラン、ジェス・ガルシア、ジャケ・ロンキーロだ。 彼女たちはみな口を閉ざしたし、実物の女性チームメイトも口を閉ざした(「トランスフォビア」と非難されたくないからね……)。

そして、無神経な質問をした罪で、警備員から「すぐに会場を出なければ不法侵入になる」と脅された。 繰り返すが、ラグビーや水泳と同じように、女性のふりをした男たちが女性スポーツを破壊しているのだ。税金で雇われた速記者たちは、トランスハッピーなジャスティン・トルドーの機嫌を損ねることなど夢にも思わないから、MSMはこのくだらないニュースを取り上げないのだ。

しかし、この性別を曲げた詐欺師たちが女性スポーツの根幹を揺るがし続けている今、フェミニストたちはどこにいるのだろうか?それとも、現代のフェミニストたちは、多様性、公平性、包括性の名の下に、女性差別を容認しているのだろうか?

チームのキャプテンを務めるトランス男が26得点の大活躍、チームの勝利に貢献:米高校女子バスケ
相手チームにトランス男がいると知った女子バスケットチームはゲームをボイコット カリフォルニア州にあるイスラム教の高校の女子バスケットボールチームは、先週、対戦チームに女子であることを "自認 "する...続きを読む

大学女子バレーのコートは男だらけだった

大学の女子バレーボールの試合を見に行ったら『男だらけ』が勃発した!女性のふりをした5人の男性がコートにいたのだ。なぜ? これ以上悪いことはないと思っていたら…。

マスク氏「多様性、公平性、包摂性」はいい言葉に聞こえるが、実際は差別用語だ
マスク氏:「多様性」、「公平性」、「包摂性」は差別用語だ 「ジョージ・オーウェルの本から飛び出してきそうな名前には、常に注意が必要だ。それは決して良い兆候ではない。なぜなら、D:ダイバーシティ(多様...続きを読む

ネットの声

この記者のような男性たちがもっと声を上げるべきだ。女性はトランスジェンダーのコミュニティから卑劣なレッテルを貼られることを恐れて、そうしないことが多い。それが私たちの義務です。これまでも、そしてこれからも。

女子がボイコットするしかない。もうそれしかない。

このふざけた社会にうんざりしている人は他にいるだろうか?

もううんざりだ。トルドーのカナダにもバイデンのアメリカにも。

女性たちがこの見せかけに参加することを拒否すれば、このような事態は終わるだろう

トランスリーグを作るべきだ。

どうしてこの馬鹿馬鹿しい事態を当然のように受け入れるのか。本当に意味不明だ。

この男は、私が見た中で唯一、本物の気骨のある記者だ。 文字通りすべてにおいて素晴らしい仕事だ。

生物学的男リア・トーマス、2024五輪に女として出場するため世界水連を提訴「夢を叶えたい」
生物学的男性のリア・トーマスは、2024年のオリンピックに女性として出場するために法的措置を取っている。 この男はどうかしている。トーマスはカナダの法律事務所を雇い、スイスのスポーツ仲裁裁判...続きを読む

参考記事

69歳のトランス男が、14歳の少女にペ◯ス画像を送りつけ逮捕:英
小◯性愛者のおとり捜査で逮捕された女装変態、児童ポルノ組織に関与していたにもかかわらず以前は刑務所入りを免れていた 14歳の少女を装った捜査官の囮捜査に引っかかり逮捕される UK: A tra...続きを読む
バイデン民主党のNYは不法移民天国/警官が移民に集団暴行受けるも容疑者は即釈放(動画)
タイムズスクエア付近で警官が移民に集団暴行を受けるも、容疑者は保釈金なしで釈放される 2024 年 1 月 30 日 タイムズスクエア付近で暴徒化した移民がNY市警警官を殴打、数日後に保釈され...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました