社会の話題と反応を発信していくネットメディア

マッカロー博士、ワクチン接種をなかったことにする画期的なアプローチを発表

covid19(コロナ)

画期的な研究でmRNA COVID-19注射の「オフスイッチ」が発見される

ワクチン接種を “元に戻す “方法はこれまで考えられなかった。ワクチンは腕に留まるという当初の主張とは裏腹に、全身に広がるため、安全性に重大な懸念が生じている。

マッカロー博士と彼のチームは、最近のプレプリント研究で、小干渉メッセンジャーRNA(siRNA)とリボヌクレアーゼ標的キメラ(RIBOTACs)を用いた新しいアプローチを発表した。

(@VigilantFox)

マッカロー博士「接種3年後に新たな副作用が現れ始めている。接種者は15年後まで懸念」下院で証言
mRNAワクチン接種者はmRNAワクチン接種者は、5〜15年にわたる健康への懸念を抱える 臨床の現場では、2021年のワクチン接種から3年後に新たな副作用が現れることが確認されている。 mRNAは長...続きを読む

「マッカローは、「私たちは、これらの低分子干渉RNAをすでに実用化しています。「パティシランと呼ばれるものと、インクリシランと呼ばれるものがあります。もう一つはインクリシランです。体内で数日しか持ちません。メッセンジャーRNAと結合して不活性化するのです」

「カプセル化されたmRNAの寿命は長く、有害で致死的なスパイク(S)タンパク質が無制限に産生されるため、潜在的な副作用を軽減する戦略が必要です。McCullough博士が提案した解決策は、残存するワクチンmRNAを標的にして分解することで、制御不能なスパイクタンパク質の産生を防ぎ、毒性を軽減することである。

マッカロー博士「日本人が千年も前から愛用しているものは、致死性のスパイクタンパク質を分解する」
致命的なスパイクタンパク質を96秒で分解する方法(ピーター・マッカロー博士談) 「ワクチンを接種した人は、感染した人よりも多くの致命的なスパイクタンパク質を体内に取り込んだと推測されます。ピーター・...続きを読む

モデナの呼吸器合胞体ウイルスとインフルエンザ用mRNAワクチンが承認された今、「オフスイッチ」の緊急性はさらに高まっている。

メッセンジャーRNAをオフにする方法がなければ、メッセンジャーRNAの注射はすべて、合成されたものであり、人間の分解に耐性のあるものであるため、人々を徐々に病気にしていくと考えられます」とマッカローは警告する。これを体外に排出する方法を見つけなければならない。

“私たちは、どこかの分子技術企業がこれを取り上げ、検討してくれることを願っています。これにはオフスイッチが必要だ」

イベルメクチンの使用により超過死亡が74パーセント減少 査読済みの研究で判明:ペルー
ペルーでは最も集中的なイベルメクチンの使用により超過死亡が74パーセント減少した:新たな研究 査読済みの新しい生態学的研究によると、ペルー政府が新型コロナウイルス感染症のパンデミック中にイベルメクチ...続きを読む

参考記事

またも若者が犠牲!42名一挙に死亡認定、合計668名に/14歳肺水腫、28歳心臓突然死、35歳虚血性心疾患
42名が一挙に死亡認定、合計668名に(藤江成光氏のポストより) 本日(6/21) 厚生労働省公表 予防接種健康被害救済制度 新型コロナワクチン 42名が一斉に死亡認定 合計死亡...続きを読む
【悲報】都知事選の全◯ポスターが全米に知れ渡る/マスク氏がポスターにコメント
イーロン・マスク氏が女性の全◯選挙ポスターにコメント イーロン・マスク氏「大胆な」 「東京都知事選はクレイジーなスタートを切った。自らを「世界一冒険好きなギャル」と呼ぶ桜井美羽氏が、ジョーカー...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました