社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】リンウッド弁護士魂の震える演説!「アメリカ独立1776を思い出せ」「中共よ、我々はこの国を決して乗っ取らせはしない!」/ジョージア州集会

政治
スポンサーリンク

リンウッド弁護士、ジョージア州のトランプ式の集会で「1月の決選投票のボイコットせよ」

上院の状況はジョージアの決戦投票で決まる

・今回の選挙で、上院は100議席中35議席が改選した。その結果、全議席で議席数は共和党50、民主党48となっており、残りの2議席は来年1月5日に行われるジョージア州の決選投票で決まる。

・民主党が2議席をとれば50:50となる。同数の場合、もし、バイデン政権になればカマラハリス副大統領が1票をいれることができ、上院は実質民主党が制する。

・民主党が2敗(共和党が1議席でも取る)すれば、ねじれ現象が起きて政権の運営に大きな支障が出る。

スポンサーリンク

それなのになぜ、パウエル弁護士とリンウッド弁護士が共和党に投票するなと言ったのか

シドニー・パウエル弁護士とリン・ウッド弁護士は、トランプ大統領の法務チームに正式に参加していない。

共和党の指導者たちは、投票率に左右される1月5日の流出に先立って神経質になる可能性が高い。

レフラーとパデュー(共和党上院候補)はトランプの先導に従い、州の共和党指導者を呼びかけたが、ウッドは彼らにさらに進んで特別な立法会議を要求することを望んでいる。

しかし、リンウッド弁護士は共和党員に、彼らが彼の先導に従い、特別会期を要求した場合にのみ、パーデューとレフラーに投票するように言った。(washingtonexaminer)抜粋

これだけ不正が見つかっているのに、共和党のケンプ州知事とラフェンスペルガー州務長官は不正票を取り除こうとせず選挙結果を承認し、ジョージア州議会は特別会期を開かずにいるジョージア州共和党を激しく非難している

「二度騙されてはいけない」とウッドは言った。「ここはジョージアだ。私たちは馬鹿ではない」

彼は積極的にジョージア共和党員にトランプに優しいニュースマックスとOANNを除くすべてのメディアを無視するように言った。

また、水曜日の集会には、英雄の歓迎を受けた元トランプ弁護士のシドニー・パウエルがいました。ある時点で、群衆は「ありがとう」の詠唱を破りました。

ウッドはまた、水曜日の集会で不吉なコメントをし、「ジョー・バイデンは私たちの時計の大統領執務室に足を踏み入れないだろう」と誓った。(washingtonexaminer)抜粋

https://www.washingtonexaminer.com/politics/sidney-powell-and-lin-wood-host-trump-style-rally-in-georgia-urging-boycott-of-january-runoffs
スポンサーリンク

ジョージアの決戦投票で投票しないよう呼びかけるリンウッド弁護士

「ケリー・レフラーがあなたの投票を望んでいるなら。デイビッド・パデューがあなたの投票を望んでいるなら、彼らはそれを獲得しなければなりません。彼らはあなたの投票を獲得していません。彼らにそれを与えないでください。」

リン・ウッドは、プロセスを修正するための要求が満たされない限り、次の決選投票に投票しないようにトランプ支持のジョージア市民に言います。

「私たちはメッセージを送る。アメリカ1776(アメリカが独立した年)。今日ウィルズパークから北京までずっとそのメッセージを送る。決して我々の国を乗っ取らせなしない」

最初のクラーケンはジョージアで放つと言ってきたパウエル弁護士。記事はこちら👇

ジョージア知事と州務長官を激しく批判するリンウッド弁護士。記事はこちら👇

タイトルとURLをコピーしました