社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ大統領は行動を起こす必要がある/Epochtimes

政治
スポンサーリンク

社説:この危機的な時期に、トランプ大統領は行動を起こす必要があります

2020年の大統領選挙はこれまでとは異なり、大統領選挙、共和国、そして未来を守るために前例のない措置が必要です。

不正投票の程度と規模は前例のないものでした。スイングステートでは、ドナルドトランプ大統領が選挙の夜に大きなリードを持っていました。その後、夜遅くにカウントが停止され、選挙監視員が案内されました。そして、統計的に不可能な巨大な投票ダンプが発生し、JoeBidenがリードしました。

バイデンが結果を逆転させなければならなかった州でのみ発生し、以前の選挙では発生しなかったこのパターンは、選挙を盗むための努力を示しています。

スポンサーリンク

ミシガン州ではドミニオンの不正が確認された

この取り組みには、Dominion VotingSystemsによる投票の操作が含まれている可能性があります。ミシガン州のマシンとソフトウェアの法廷監査によると、「ドミニオン投票システムは、意図的かつ意図的に固有のエラーを使用して設計されており、システム上の不正を作成し、選挙結果に影響を与えます。」

さらに、さまざまな形態の投票の収穫と選挙の不規則性が、1000の宣誓供述書で証明されています。

私たちの選挙を弱体化させるのに役立つ外国の影響についての報告があります—確認が必要です—。

トランプ大統領は、私たちの選挙制度を「協調的な暴行と包囲」の下にあると述べています。

結果として、私たちの政府形態は危険にさらされています。2020年に行われたような不正な手段で選挙に勝つことができれば、次の選挙も同じように勝つことが期待できます。アメリカ人は選挙権を失います。

選挙を盗むための協調的な努力があった場合、それらの行動は破壊に相当します。

さらに、合衆国が事実上一党支配を持っている場合、法改正は私たちのシステムを根本的に変えるかもしれません。

民主党は選挙人団を終わらせることについて話し、主に民主党の大都市が大統領を選出することを保証した。民主党が任命した裁判官が過半数を占めるようにするために、最高裁判所をまとめる。

しかし、私たちの共和国に対するこれらの脅威は深刻ですが、危機に瀕しているものの核心には到達していません。

スポンサーリンク

バイデン対トランプではない、自由と共産主義、善と悪の間の戦い

根本的に、現在の危険はバイデンとトランプのどちらが勝つかということではありません。民主党や共和党についてではありません。

米国は、私たちの国を破壊し、実際に人類のすべての良いものを破壊したいという邪悪な力に直面しています。

この選挙は、自由と共産主義の間、善と悪の間の戦いのクライマックスです。

トランプは、大統領としてこれらの権限を使用して、共和国の将来を保護し、不正選挙を通じて人々の権利を奪うために共謀した人々を逮捕する必要があります。反乱法により、トランプは軍隊を使用して、争われている州の主要な選挙証拠を押収し、投票の透明で正確な会計を提供することができます。(theepochtimes.com)

Editorial: At This Critical Time, President Trump Should Take Action
The 2020 presidential election is unlike any that came before and requires unprecedented measures to protect it, our ...
スポンサーリンク

手段は3つ

手段1大統領令

トランプ大統領は今回の選挙に備えて、2年前(2018.9.18)に大統領令に署名した大統領令を発動する。

手段2戒厳令

戒厳(かいげん)令(wikipedia)
戦時や自然災害、暴動等の緊急事態において兵力をもって国内外の一地域あるいは全国を警備する場合に、国民の権利を保障した憲法・法律の一部の効力を停止し、行政権・司法権の一部ないし全部を軍部の指揮下に移行することをいう。軍事法規のひとつであり、戒厳について規定した法令を戒厳令(英語:martial law)という。

本来はテロなどによる治安悪化や過激な暴動を中止させるために発令が行われる。非常事態宣言との定義の違いは、戒厳とは国の立法・司法・行政の一部又は全部を軍に移管させることである

手段3FISA

外国情報監視法、通称FISA(The Foreign Intelligence Surveillance Act of 1978)により事態を収める。

この法律は、スパイ活動やテロリズムを行う疑いのあるアメリカの国民とアメリカの永住権を持つ外国人による「外国の情報活動」に対する物理的な捜索および電子機器を使用した監視による情報の収集の手続きについて定めた法律で、情報収集活動を実施するためには外国情報活動監視裁判所(英語版)からの令状が必要であるが、その際具体的なテロ容疑者を特定する必要がない。裁判は非公開、陪審員もおらず、メディアにも非公開。

記事はこちら👇

トランプ大統領が勝つための「最後の3つの選択肢」/トランプ大統領は合法的に勝てる
トランプ大統領は合法的に勝てる 12月3日、トランプ大統領が出した声明には3つ意味があるとの記事をエントリーしました。 今回、上記記事の中にある3つ目の選択肢「非常措置をとる場合」についてエントリーします。 非常措…続きを読む
スポンサーリンク

時期は12/18までか1/6のいずれか

12/8説は選挙後45日後にラトクリフ国家情報長官が大統領に出す、レポートを持って発動するという考え

シドニー・パウエル弁護士は、「11月3日の選挙で外国からの干渉があったとされているため、2018年に発行されたドナルド・トランプ大統領の外国からの干渉に関する大統領命令を発動する」と述べた。記事はこちら👇

また、マイケルフリン氏も

「私たちは選挙における外国の干渉の決定的な証拠を持っています…DNI(国家情報長官:ラトクリフ)が今週の金曜日(12月18日)のレポートを、インテリジェンスコミュニティが明確でフィルタリングされていない評価を提供すれば、彼らと POTOS(President Of The United States)トランプ大統領が2018年に署名したEO(大統領命令 (Executive order))をトリガーする必要があることがわかるだろう」と述べている。記事はこちら👇

マイケルフリン氏「すでに外国が干渉した決定的な証拠がある。12月18日のラトクリフ国家情報長官の報告で大統領令が発動される」
フリン氏「外国が干渉した決定的な証拠がある」 ・マイケルフリン氏 ・外国が選挙に介入した決定的な証拠がある。 ・ラトクリフ国家情報長官が今週の金曜日にレポートを出す。 ・そのレポートがフィルタリングされずストレートな…続きを読む

1/6説は大統領が正式に上下院で決定される日に、ペンス副大統領が激戦州の選挙結果を拒否して下院投票に持ち込むという考え方

憲法学者のライクリン氏は、「1月6日にペンス副大統領と共和党上院が、「合法的に選挙人を無効にし下院投票に持ち込む計画」を既に進めている」と述べた。記事はこちら👇

【速報】憲法学者ライクリン氏、「1月6日にペンス副大統領と共和党上院が、「合法的に選挙人を無効にし下院投票に持ち込む計画」を既に進めている」
ペンス、共和党上院はAZ、GA、MI、PA、NVの民主党大統領選挙人を無効にすることができる ドナルド・トランプ大統領は、2020年の大統領選挙に関連する論争やコンテストが続いている州から予想外の数の選挙人団の票を受け取ると予想されるため…続きを読む
タイトルとURLをコピーしました